月別アーカイブ: 2016年7月

河上修&板垣光弘 Live in negura

20160731_negura01
今日の negura は贅沢ライブ。
ベーシスの河上修とピアニストの板垣光弘。
そこにボーカルのSTAY “G” が加わる。
こんな豪華ライブありえへん∞世界や。
20160731_negura02
河上さんと板垣さんのペア演奏って、
何年振りだろうか。。。

河上さん、あまり泣かせないでよ。
もう、無条件に素晴らしい !!!
Jazz Live 最高 !!
20160731_negura03


自家製・揚げ枝豆

20160721_edamame01
先日の 「揚げ枝豆スナック」 を受けて、
自家製 「揚げ枝豆」 に挑戦してみた。

近所の100円LAWSONで冷凍の枝豆を
調達。 自然解凍の後に、フライパンで
揚げ焼き。 枝豆が程よく色付いたら、
塩を振って完成。

これが意外と美味い。
ちょっと焦げた感じはあるけど….、
それがまた美味い(笑)。
20160721_edamame02
20160721_edamame03


夏はむぎ茶が美味い !!

20160720_mugitya01
夏の麦茶は、やかんで沸かすのが一番美味い。
昔はどこの家庭でも、夏になると毎日、麦茶を
沸かしていた。

最近は、ペットボトルの麦茶が主流なり、
いまの子供達は 「粒の麦茶」 を知らないのでは
ないだろうか。 麦茶の粒を知らないのではなく、
家庭で作った美味しい麦茶の味を知らないだろう
ことが可哀相に思う。

緑茶も烏龍茶もそうだが麦茶も含めて、
本物は 「色が薄い」。 色は薄いが、香りや
旨味や甘味は断然に強い !!

最近、ペットボトルの麦茶を美味しく感じられ
なくて困る。 だって、キャップを開けた瞬間に
麦の香りがしますか ??? あれは、「麦茶風飲料」
と言うのが正しいように思う。 烏龍茶も同様に。

唯一、頑張っているのは緑茶。 緑茶に関しては、
ペットボトルでも美味しい品は結構あります。
でも、やっぱり夏は麦茶に限る !!
20160720_mugitya02


美味 !! 揚げ枝豆

20160715_ageedamame01
「揚げ枝豆」 というスナック菓子を発見した。
以前から捜し求めていたのだが、なかなか
見つからず半ば諦めていた。

ある日、ネット上でその 「揚げ枝豆」 を発見 !!
半信半疑で注文すると、想像以上の味に驚い
た。 送料が高いのがネックだが、大人買い
すれば送料負担は多少軽減できる。

普通の枝豆を素揚げして、塩で味付けした
だけ。 シンプルだから素朴で美味い。

カルビーじゃないが……、
♪やめられないとまらない♪
揚げ枝豆~♪♪(笑)


和食の「魚隆」

20160709_uoryu01
今夜は、和食の店 「魚隆」 で夕食。
まずは、サーモンのカルパチョ。
見ての通り….、美味い !!
20160709_uoryu02
次に、わかめの酢の物。 この土佐酢が
めっぽう美味い !! この土佐酢なら何杯でも
飲める(笑)。 ご飯に掛けても美味しいと思う。
20160709_uoryu03
コマイもこんがり焼けて中はふっくら。
揚げ出し豆腐も最高 !! こんがり揚がった
豆腐に出汁の味が合うねぇ~。
20160709_uoryu04
そして、最後はおにぎり。
コンビニで売ってるような工場生産のにぎって
いない 「おにぎりもどき」 は嫌いだ。 仕方なく
食べることはあるが、これまで一度も美味しいと
思ったことがない。 「おにぎり」 は、やっぱり人の
手でにぎらなきゃだめだ。
だから、魚隆のおにぎりは最高に美味い !!
20160709_uoryu05


プロのお好み焼き

20160703_okonomiyaki02
お好み焼きを焼くには技術が必要。
その一つは、材料の選択と調合。
もう一つは、焼き方(焼く技術)。

大阪の町場(下町)のお好み焼き店では、
お店の人が焼くのが当たり前。
ステーキハウスに似たような感じで、
横長いカウンターの鉄板で焼く。

折角の美味しい材料も、焼き方を
間違えると残念な結果になる。

先日の不味いお好み焼きを食べて以来、
「美味しいお好み焼き」が食べたくて、
もう我慢できない。

今日の我が家の冷蔵庫にはキャベツが
ある。 卵もある。 小麦粉や鰹節や天カス、
山芋やしょうがなどの基本材料(?)は
常備されているので問題ない(笑)。

今夜のお好み焼きは「豚玉焼き」。
お好み焼きは、鉄板で焼くのが当たり前。
フライパンやホットプレートでは、上手く
焼き上がらない。
20160703_okonomiyaki01
今日も美味しくできました !!
いっただきまーす !!

やっぱり我が家のお好み焼きは美味い !!
プロの味 !! プロの技が冴えてます !! (笑顔)


高尾登山 ???

20160703_takaozan01
高尾山には多くの登山ルートがある。
ケーブルカーやリフトもその中の一つ(笑)。
高齢の方や小さな子供連れ、さらには、
気候的問題での「熱中症対策」とか ??
20160703_takaozan02
高尾山のケーブルカーは国内最大の
傾斜角度を有するらしい。 登りは、
最大傾斜を体験する意味でもこの
ケーブルカーを利用する。
下りは、初めての観光リフト。
20160703_takaozan03
20160703_takaozan04
スキーリフトとは違って、リフトを止めない
工夫がされている反面、セーフティバーが
なかったり、意外&意外なリフトです(笑)。

下山後は、高尾山口駅に隣接する
「極楽湯」でひと風呂。 あ~ぁ、極楽じゃ。
あ~、ビールが美味い !!
20160703_takaozan05


高尾山

20160703_takao01
十数年ぶりに「高尾山」へ。
晴れ時々曇りの恵まれた天候。
木陰に入ると気持ちいいが、
陽のあたる場所は当に猛暑だ。

高尾山には多くの登山ルートがあり、
各々の体力や都合に合わせて、
高尾山を楽しむことができる。
20160703_takao02
登山道途中にある見晴台から、
遠く東側にある東京都心部を
見渡すことができる。

手前の緑と向う側の人工的な建物に
人と自然の対比を感じる 。。。
20160703_takao03


ホタルの夕べ

20160702_hotaru01
ホタル鑑賞会のため八王子へ行った。
暗闇で光る自然のホタルを見るのは
かれこれ数十年ぶりになるかも 。。。。
子供の頃の遠い記憶を辿ることになる。

今夜見るのは「ヘイケボタル」。
小さなからだでせわしなく瞬くらしい。

暗闇の中で最初に1匹、
「あっ、光った !!」
「エッどこ !?」
「あっ、いたいた !!」

そして時間の経過とともに、
あっちでも、こっでも
たくさんのホタルが飛び交いだす。

暗がりの中、見えるのは
ホタルの光だけ。
足元に広がる草むらで、
ホタルが自由気ままに飛び交う。

大変貴重な体験の一夜でした。
本当に良いものを見せて戴きました。
どうもありがとうございます。

(追記)
ホタル生息環境の関係から
ホタル鑑賞会ではカメラ撮影が禁止で、
実際のホタルの光をお伝えできないのが
非常に残念です。 それにしても、
東京にもまだあるんですね。
ホタルの棲む流域が。。。。。