月別アーカイブ: 2016年2月

どぶろく

20160227_doburoku01
やきとり・きよしで美味しい 「どぶろく」に出会った。
にごり酒ではない本物の 「どぶろく」 だ。 福岡県
久留米にある山口酒造場の「どぶろく」 がそれだ。
ラベルデザインもレトロ調でなかなか良い感じ。

「どぶろく」 は、日本酒の原形とも言われる。
無濾過なので、もろみがそのまま入っている。
対して 「にごり酒」 は、どぶろくを荒く濾過
しているので透明度も高くて飲み口も滑らかだ。

この山口酒造場の本物の 「どぶろく」 は、
もろみの甘味と共に適度な酸味もあり、乳酸菌
飲料のようにも感じられてとても美味い。

清酒に比べてどぶろくは、粘性が高いので、
グビグビと飲むわけにはいかない。
やはりチビチビとやるのが良い。
それにしても、この 「どぶろく」 は美味い !!
20160227_doburoku02


居酒屋の新規開拓

20160220_sadaya01
久しぶりの飲み屋の新規開拓だ。 出張先などの見知らぬ
土地での新規開拓は駄目元覚悟の勢いで適当に突入して
しまうのだが、地元での新規開拓となると意外と慎重に
なってしまう。
20160220_sadaya02
目当てを付けていた店が満席で「外れ1位」を探した
中に「!!!」 とくる店があった。 店の外観は昭和の
香り漂う懐かしい感じの当に 「赤ちょうちん」 。

意外とお客さんが多いのに驚いた(笑)。 早速、
カウンターに腰を下ろし、今夜のオーダーを考える。
20160220_sadaya03
瓶ビールとレバーかつ、焼き鳥、イワシ刺身。
レモンサワーに切り替えて野菜の天ぷら、ホッケ焼きと
モツ煮込みをオーダーする。 どれも安くて本当に美味い。

レモンサワーがとても気に入った。 使っている焼酎の
品質も悪くない上に焼酎の濃度も納得の濃さだ(笑)。
これで300円なら絶対にお得 !!
20160220_sadaya04
20160220_sadaya05
これぞまさに昭和の赤ちょうちんだ。
店のマスターも女将さんも良い感じ。
今夜の新規開拓は大成功 !!
これは…..しばらく通うことになりそうだ。
20160220_sadaya06
20160220_sadaya07


バレンタインデー

20160214_vallentain01
今日はバレンタインデーです。
ここ数年は 。。。。、
GODIVAのミントチョコが大のお気に入りです。
そして、普通のワインよりも発泡の方が大好き !!
では、チョコレートとスパークリングワインで乾杯 !!
20160214_vallentain02
20160214_vallentain03
20160214_vallentain04


越乃寒梅

20160213_kanbai01
米どころ・新潟の酒と言えば 「越乃寒梅」。
最近は日本酒と言うと、純米だの吟醸だの大吟醸だの、
そして挙句の果てには …..純米大吟醸まで?

本当に美味い日本酒は 「普通酒」 だと言われる。
逆に、普通酒が美味い日本酒の銘柄は、純米でも吟醸
でも美味しいとか。 あとは各自のお好みで(笑)。

以前、新潟の親戚から聞いた話だが、地元で皆が
飲む越乃寒梅は、ほとんどが 「普通酒」 らしい。
これは普通酒の方が 「安い」 からではなく、
普通酒の方が 「美味しい」 からだと言う。

米どころ・酒どころの民は普通酒を好む。
純米酒やら吟醸酒などの高級酒の類は、
都会向けの酒で 「外貨」 獲得のために
作っているらしい ??(大笑)
20160213_kanbai02


美味 !! 南魚沼産こしひかり

20160212_koshihikari01
越後湯沢でのスキーの帰りに、南魚沼産のこしひかりを
買う。 帰りの荷物は重くなるが送料不要なのでお得感
が大きい。 また、東京では買えない(販売されていない)
「米」 を買うことができるのも魅力だ。。

「魚沼産こしひかり」 はどこにでもあるのだが、
「南魚沼産」 は意外と少ない。 また、東京では偽物も
結構と多いらしい。

ここ越後湯沢で買う 「南魚沼産こしひかり」 は
本当に美味い。 そして案外安いのかも ??


テレフォンカード式公衆電話

20160212_telephone01
その昔、携帯電話が普及する以前、出張時の新幹線の
中でよく利用した「テレフォンカード式公衆電話」。

ボーイング747(ジャンボジェット)の2Fにも一時は
装備されていた。 携帯電話の普及と共に街角だけでなく
新幹線や航空機からも姿を消した…..、と思っていた。

ところが上越新幹線にまだ残っていた。 これには驚いた !!
電源も入っているし電話として使用可能なようなのだ。
しかし….、テレフォンカードが無い !!
この状況に時代の変遷を感じる (笑)。

ところでこのカード式電話機って、今の20歳以下の
若い人にはいったい何に見えるのでしょうか ?? (笑)


越後湯沢で平日スキー

20160212_yuzawa01
20160212_yuzawa02
平日の空いたゲレンデはとてもご機嫌だ !!
客は少ないのでリフト待ちはないが、一部のリフトは
止められている。 まぁこれは仕方ないと諦める 。。。

季節の割には、まぁまぁの良い天気。
今日は存分に滑ることができる \(^o^)/
ゲレンデ最奥のコースはほぼ貸切り状態。
20160212_yuzawa03
20160212_yuzawa04
午前中だけでリフト×10本。
昼食を挟んで午後はリフト×15本。
内転筋が痛くて足元が安定しない。
今日のところはここら辺で帰るとするか 。。。
20160212_yuzawa05
越後湯沢でのスキーの仕上げは、
やっぱり湯沢庵の立ち食いそば。
今日の仕上げは「大判きつねそば」。
やっぱり、いつ食べても美味い !!
20160212_yuzawa06


negura

20160211_negura01
最近オープンしたばかりの音楽喫茶&バー「negura」。
この辺り(蕨駅周辺)にはない、静かで落ち着いた
「大人の隠れ家」 と言った感じの店。 会員制のような
排他的雰囲気が大人感を増幅させている。
20160211_negura02
開店は店側の都合による不定期で、店のTwitterを
フォローしないとわからない(笑)。 マスターの
お任せでバーボンのロックをお願いすると…..、
Blanton’s が提供された。

う~ん、良い香りだ !!
スムーズで飲みやすいバーボン。
美味しいバーボンを味わいながら、
心地よいリズムと共に時は過ぎてゆく。
20160211_negura03


やっぱり酢豚は黒酢に限る !!

20160210_subuta01
萬来軒で念願の酢豚を注文した。 やはり想像した通り
黒酢を使っている。 揚げた豚肉も柔らかくて美味いが、
なにより野菜が甘くて美味い。

ピーマン、玉葱、ネギ、たけのこ、人参、そして、
椎茸。すべての野菜が柔らかくそして甘く感じる。
絡めている甘酢の加減がちょうど良い。 今日は、
酢豚だけで十分に満足できるほど酢豚が美味い。
20160210_subuta02
まずはレモンサワー。 酢豚、ギョーザ、野菜天ぷら、
追加のレモンサワー、仕上げの焼きそばと目玉焼き。

う~ん、美味い !!
やっぱり酢豚は、黒酢に限る !!
やっぱり酢豚は、萬来軒に限る !!
今夜もごちそうさまでした。
20160210_subuta03


今週も赤羽・まるます家

20160206_marumasu01
今週 (土曜日) も赤羽に来た。
呑み助の聖地・赤羽の 「まるます家」。
土曜だと言うのに、タイミング良く待たずに入店。
カウンターに座り、サッポロビール (赤星)を注文。
「鯉とうなぎのまるます家」 は、鯉が美味い。

鯉こく (味噌汁)、しめ鯖、なまずの唐揚げ。
「肴」 がすべて 「魚」 になってしまった(笑)。
20160206_marumasu02
20160206_marumasu03
熱燗と共に注文した珍味の 「ホヤの塩辛」。
これが美味い !! ホヤ好きにはたまらない味。

まるます家と言えば 「うなぎ」 。 蒲焼きも
食べたいけど、1,800円はやっぱり高い。
「熱燗5本」 か 「蒲焼き」 かと問われれば……、
やっぱり熱燗だ (笑)。
20160206_marumasu04


湊親方に遭遇 !!

20160203_kiyoshi01
いつものように 「やきとり きよし」 へ立ち寄った。
店の一番奥に、なにやら気になる顔が並んで
いるように見える。

マスターに言われて気が付いた。
湊部屋の湊親方だ !! 女将さんも隣にいる !!
下戸の親方を、一升瓶越しに見るのも
何だか不思議な感じ。。。

お酒を飲まない親方はよく食べる(笑)。
鳥豆冨をお代わりしてるよ !!
1杯目は焼きおにぎりを入れて。
2杯目はお餅を2個入れて。

飲めない親方、レモンハイの割物に興味津々。
えッ !! レモンハイの外 (そと) だけを飲むの ??
湊親方……、やっぱり天然です (笑)。

その隣で女将さんは赤ワインをグビグビ !!
さすが、湊部屋の酒豪です !! (笑)
明日は、きよし西口店へ行くそうです。

そう言えば、いまが一年の中でいちばん
ゆっくりできる時期ですからね 。。。。
では、どうぞごゆっくり (笑)。
20160203_kiyoshi02
やきとり・きよしの新作。
カシラの塩・胡椒・山葵味。
胡椒のパンチと山葵の風味が最高 !!


音楽喫茶&バー 「negura」

20160202_negura01
蕨駅東口から徒歩6分。
ライブもできる “Jazz Bar” が登場。
音楽喫茶&バーとなっていますが、
お店の雰囲気は完全に Jazz Bar です。

ライブへの対応も万全でピアノ、ベース、
ドラムなど機材は装備済み。
30人~35人くらい入れるのでは。

基本は深夜営業です。
カウンター席がおすすめ。
20160202_negura02
音楽喫茶&バーNegura
埼玉県川口市芝新町8-17奥田ビル地下右
https://twitter.com/b1negura