月別アーカイブ: 2016年1月

今夜も美食 !! 川口の 「魚隆」

昨日は、赤羽のまるます家で贅沢をしたので、
今日は、地元・川口で質素な(?)夕食を。
今夜は久しぶりに 「和食の魚隆」。
ツイッターで今日のオススメ料理を見れるのが
ありがたい。 今夜は 「目ひかり空揚げ」 は
絶対に外せない。
20160131_uoryu01
深海魚の目ひかりは、普段はあまりお目に掛かれ
ない。 この目ひかり、空揚げにするととても美味い。
頭から骨まで食べることができ、身はホクホクだ。
マスターの塩加減がまたちょうど良い !!
20160131_uoryu02
今夜の2品目は、鯛のカブト煮。
甘辛く煮た鯛の頭が美味しい。
鯛カブトは脳天部とホホ周りが最高に美味い。
特に、この煮汁がめっぽう美味い !!
煮汁をご飯に掛けて食べたい心境だ。
20160131_uoryu03
今夜の仕上げは、鶏ももステーキ。
魚隆の鶏ももステーキは、表面はカリッとして
肉はホッコリでボリュームも十分にある。
このままで、ご飯がすすむ感じだ (笑)。

本当は鯛刺身が食べたかったんだけど…..、
時間が遅くて売り切れでした 。。。(悲)
鯛刺身は、また次の機会にしよう。
どうもごちそうさまでした。


赤羽の聖地・まるます家

20160130_marumasu01
呑ん兵衛の聖地 「赤羽」 。
赤羽の赤提灯の老舗 「まるまる家」 。
ここ 「まるます家」 では、朝9時から酒が呑める。
元々は、近隣の工場で働く夜勤明けの人たちの
ために始まった朝から呑める赤提灯。

だから、まるます家には独自のルールがある。
酔っ払いは入店禁止&お酒はひとり3本まで。
午前9時から開店しているので、閉店は午後9時と
早い。 開店から1時間も経つ頃にはカウンターは
ほぼ満席に近い状態。

夕方になると、店の前には行列ができる。
並んででも 「まるます家」 で呑みたい客が
後を絶たない。 土・日の午後は言うに及ばずの
大行列だ。

さて、今日の 「まるます家」 。
まずは、ジャン酎で乾杯 !! あ~ぁ、美味い !!
取りあえず、マグロぬた、シメ鯖を注文する。
20160130_marumasu02
20160130_marumasu03
ぬたが美味い !! 酢みその加減がちょうど良い。
自家製のシメ鯖は、その厚切りさに驚かされる。
サバの鮮度が非常に良くて脂も乗ってる。
酢加減も締め過ぎず、サバの旨味がたっぷり !!
さすが、まるます家だ !! 美味い !!

メニューを見ると 「スッポン鍋」 がある。
寒い夜、これは頼まずにはいられない。
20160130_marumasu04
20160130_marumasu05
味は若干薄めだが、スッポンの風味は十分。
ダシを含んだキャベツとネギが美味しい。
スープを残せば雑炊ができると言われたが、
このスープがめちゃくちゃ美味い !!
スープだけでも酒の肴になる(笑)。

飲み物を熱燗に代えて、揚げ物を注文。
まるます家名物の 「なまずの唐揚げ」、
そして、里いもの唐揚げ、たまねぎフライ。
20160130_marumasu06
20160130_marumasu07
20160130_marumasu08
まるます家の揚げ物はいつ食べても美味い。
ここのなまずの唐揚げは大のお気に入り。
外はカリッとして、中はフワフワ。 なまず最高 !!
里いもの唐揚げもおすすめ。

今日は思ったより待ち時間も少なく、
運良く一番奥のテーブル席に座ることができた。
やっぱり、まるます家は楽しい !!
唯一、並んででも呑みたい赤提灯。
酒呑みのパラダイスだ !!

今日も美味しかった~。
どうもごちそうさまでした。
20160130_marumasu09
20160130_marumasu10


ここでも、手記を書いて金儲け

20160129_stap001
神戸の連続児童殺傷事件犯・酒鬼薔薇聖斗(自称)と
言い、理化学研究所の元女性研究員・小保方晴子と言
い、何か事件を起こして、生活に困ると出版社の誘い
に乗って手記を書く。

社会的な批判はさておき、話題性もあるので出版社
側もある程度の発行部数を約束する。 当然だが本が
売れれば、手記を書いた者の懐には印税が入る。

手記に書かれた内容が本当なのか、虚偽なのかは
関係ない。 ただ単に本が売れれば良いだけのこと。
「本(手記)の単価 × 印税率 × 販売部数」 によって、
作者は高額な利益(印税)を得、出版社も利益を得る
ことができる仕組みだ。
20160129_stap002
ところで、この 「小保方晴子」 と言う女がまだ日本に
いるとは知らなかった….、と言うか意外だった。
人類初の万能細胞と言われた 「想像物」 を発見する
ほどの高い知能の持ち主で、語学も堪能と聞いた。

理化学研究所の見解とは異に、彼女自身が
「万能細胞を作ることができると」 と断言して
いるのだから、その技術と知識を海外の研究所へ
持ち込んでいるものとばかり思っていた(笑)。
なぜまだ日本に留まっているのだろうか ??

アメリカの研究所からのオファーはどうなった ??
そうか、バカンティ教授は退任したんだっけ ?? (笑)

いまは手記などを書いてる場合じゃないでしょう ??
人類に貢献できる万能細胞を、お得意のレシピで
ちょちょいと作ってくださいな~ (笑)。

まぁ、弁護士費用も大変なんでしょうね 。。。。
だから、酒鬼薔薇聖斗(自称)と同じように、
手記を書いて金儲けか 。。。
20160129_stap003
P.S.
日本の公的研究機関は無理としても、国内の製薬企業や
企業系研究所、さらには海外の研究機関や企業などは、
何故 “誰も” この女史の研究成果に目を向けないのか ??

手記を出版しようが、会見を開こうが、世界中の誰もが
相手にしないと言う 「この現実」 がすべてを物語って
いるように思うのは私だけだろうか ??

理研内部での諸問題はあったにせよ、未だに
「STAP細胞はある」 と女史が言っていることが
私にはもう滑稽でならない。

「夢見た夢子がいまだ夢の中」 と言うことなのだろう。
いまや悲哀すら感じる 。。。。 (残念) & (大笑)
20160129_stap004


LINEの偽装サイトにご注意 !!

20160128_line01
最近、こう言うLINEメッセージが流行っている。
送信元の 「高橋佳子」 は都度変わるようです。
○○○○○○にはあなたのLINEネームが入ります。
当然、「高橋佳子」 などは知らない人です。

この http://doiop.com/lineid-sato は
偽装サイトです。 ちなみに、この偽装サイトで
「友だち追加」 をすると、詐欺メッセージや
スパムメッセージがたくさん届くそうです。
皆さん、ご注意ください。

ところで、「佐藤」 って誰やねん ??
こんな子供騙しに引っかかる奴って
ほんまにおるんか ?? (笑)
まぁ、すべては自己責任ですから、
皆様ご注意ください (笑)。


今年も 「万来軒」 をよろしく !!

20160127_banrai01
20160127_banrai02
今夜は久しぶりの中華料理 「万来軒」 だ。
なす焼き、トマトとほうれん草の炒め煮、
ギョーザ、そしてレモンサワー !!
後で、目玉焼きと日本酒の熱燗を追加。

今日のなす焼きはトロトロで非常に美味い !!
トマトのほうれん草はサッパリしてGOOD !!
ギョーザはいつも通り 「酢+胡椒」 で食べる。
ここ万来軒のギョーザは全てが手作りなので、
皮はもっちりして具だくさん。 とにかく美味い !!
20160127_banrai03
20160127_banrai04
20160127_banrai05
仕上げは、醤油ラーメンにバターをトッピング。
万来軒のラーメン(醤油味)スープ、見た目は濃い
ようだが実際はサッパリしていてとても優しい味。
寒い冬はコクが欲しくなるので、バターをトッピング
して 「醤油バターラーメン」 にする。

「醤油バターラーメン」 はメニューにはないのだが、
お願いすると対応してくれるからありがたい。
20160127_banrai06
寒い冬、万来軒の醤油バターラーメンで
身も心もホカホカで温かい。
あ~ぁ、美味しかった。
ごちそうさまでした !!


埼玉の違法駐車実態報告

20160126_ihan01
やはり埼玉だ。
埼玉は無法地帯。
危険な外人も多いが、馬鹿な日本人も多い。
道路交通法などはあって無きが如しと言える。
20160126_ihan02
20160126_ihan03
JR京浜東北線・蕨駅前の横断歩道上にトラックを駐車
しても誰も文句を言わない。 さらに、駅前交番の警察
官も見て見ぬ振りで注意すらしない。 多分、埼玉県警
の警察官は、無法者が怖いのだろう 。。。 要するに
埼玉県では警察官は悪い者の味方と言うこと。

このバカな車、完全に駐停車違反でしょう !!
堂々と、横断歩道上に車を止めて何かを待っている。
「川口 110 さ ・ 1 13」 の頭の悪い運転手 !!
横断歩道上は駐車も停車も禁止じゃ、ボケ !!

それにしても、埼玉県の運転マナーは本当に悪い。
まぁ、頭が悪いからしょうがないのか 。。。。
東京都とは比べようもないし、大阪よりも悪い。

交通違反通報サイトってどこかにあったような 。。。
日時付きの無加工画像提示で通報できるとか 。。。。??
20160126_ihan04


PREMIUM MALT’S

20160125_premal01
20160125_premal02
サントリー・プレミアムモルツのシールを集めて
応募した 「ビア・テイスティング <フルセット> 」
が、やっと届いた。

プレモルの小瓶が2本とオリジナルワイングラスが
2脚セットされている。 サントリービールさんには
大変失礼かも知れないが、セットの中のプレモル
その物よりも、このワイングラスが欲しかった !!

このグラスでワインを飲んだら美味しいだろうなぁ~。
さぁ、週末が楽しみでならない !!
サントリーさん、どうもありがとうございます !!
20160125_premal03


初場所 湊部屋 千秋楽祝賀会

20160124_sumo01
大相撲・初場所 (国技館) 千秋楽が無事に終了した。
土俵は、10年ぶりの 「日本生まれの関取」 の優勝に
沸いた。 旭天鵬が日本に帰化した後に優勝したため、
「日本人力士の優勝」 とは言わないらしいが、変な
ところを意識するとこ辺りが、日本相撲協会らしいと
言えばらしい ….. (笑)。

要するに日本相撲協会は、旭天鵬を日本人とは見て
いないと言うことだ。 日本に帰化した(元)関取
とでも言うのだろう。
20160124_sumo02
ところで、親しくさせて戴いている 「湊部屋」 だが、
今場所はとても厳しい内容だった。 部屋頭である
逸ノ城関が大きく負け越してどうも雰囲気が暗い。

行司の木村元基さんがインフルエンザに罹患し、
後に湊親方もインフルエンザに罹患してしまった。
関取、幕内行司、そして親方と不運が続き、
今場所は本当にツキがなかったとしか言いようがない。

インフルエンザ中の湊親方は千秋楽祝賀会にも
出席できず、部屋で静養することになった。

祝賀会は例によって、カラオケ大会やくじ引き大会
など若い衆たちが大いに盛り上げた。 お正月と言う
こともあり、来場者は前回より多めだった。

また、千秋楽祝賀会の席上で、新たに湊部屋に入門する
未来の関取が紹介された。 楽しみがまた増えたようだ。
湊部屋、来場所もみんな頑張れ !!
20160124_sumo03
20160124_sumo04
ちなみに、今場所の星取りは以下の通り。

東前頭3 逸ノ城関 2勝13敗
東三段目43 湊将 3勝4敗
東三段目54 朱鷺ノ若 4勝3敗 ☆勝ち越し
東三段目92 濱湊 5勝2敗 ☆勝ち越し
東序二段10 湊竜 6勝1敗 ☆勝ち越し
西序二段27 榛湊 3勝4敗
東序二段81 3勝4敗
西序ノ口11 福湊 2勝5敗

20160124_sumo05


肉巻きりんご鍋

20160124_ringo02
たまたま録画していたテレビの情報系番組の中で
「青森・肉巻きりんごの鍋」 と言うのがあった。
以前、「りんごの豚肉巻き焼き」 と言う料理を
作ったことがあったので、だいたいの想像はできた。
りんごを煮てトロトロにするのがポイントらしい。

早速、「肉巻きりんご鍋」 を適当にアレンジして
自分流で作ってみた。 材料は簡単で、豚バラ薄切り、
りんご、ネギ、白菜、豆腐。 ダシは豚肉から出るので
水だけで煮る。 ネギは焼いてから鍋に入れると良い。

りんごが柔らかくなったら出来上がり。
ポン酢で食べると非常に美味い !!

まだまだ寒い日が続くので、寒い日には
こう言う温かい鍋が安くて簡単でお勧め。
20160124_ringo01


薩摩・黒豚巻きおにぎり

20160123_kurobuta01
いまごろになってですが 。。。 (笑)、鹿児島の
お土産 「薩摩 黒豚巻きおにぎり」 のご報告です。
味付けご飯 (おにぎり) を黒豚で巻いた物。
電子レンジで1分間チンするだけ !!
20160123_kurobuta02
20160123_kurobuta03
見た目よりもボリュームがあり、食べ応え十分。
ご飯にも黒豚のエキスが混ぜ合わさっていて、
とっても美味しい !!

家呑みの仕上げに最適ですなぁ~ (^o^)/
ありがとうございます。 どうもご馳走様でした !!
またよろしくお願いしま~す !! m(_ _)m
20160123_kurobuta04


SMAP騒動

年明け早々から、人気アイドルグループ 「SMAP」 の
独立・解散に関する問題が連日報じられている。

別にSMAPが嫌いと言う訳ではないが、取り立てて
ファンと言う訳ではないので、別に分散独立して活動
しようが、グループを解散しようが、自分の生活には
何ら影響を与えることはない。

これはいつものことだが、一連の報道を受けての
「にわかSMAPファン」も増えたことだろう (笑)。

ここ数週間のテレビや新聞などの報道を考えると、
SMAPに関する宣伝効果は相当なものだと思う。
特にここ最近あまりパッとしない 「木村」 にスポット
を当てたような報道が目立つのも少し気になるところ。

マルチな才能に長けた 「中居」 や 「草なぎ」 などは、
所属事務所を変えても十分にタレント活動を続ける
ことができるように思うのは素人考えなのだろうか ??

とりあえず、SMAPは元の鞘に収まることになった。
しかし今回の一件、実はジャニーズ事務所による壮大な
「プロモーション」 ってことはないのかな ?? (爆笑)


スキーツアーバス

20160119_ski01
軽井沢で、多くの若者達を載せたスキーツアーバスが
大事故を起こした。 乗客39人の内13人が亡くなる
(事故直後は12人) と言うとても痛ましい結果に。

自分自身も年に何度かスキーツアーバスを利用する
ことがあり、全くの他人事とは言えない。 ただ自分の
場合は、極端に安価な企画ツアーや零細企業が主催する
企画ツアーは利用しない。 ツアーの主催は大手旅行会社
またはその関連会社、若しくは大手運輸会社 (航空、
鉄道、陸送) またはその関連会社と決めている。

そして、危険度の高まる長距離バスやドライバーへの
負担の大きい深夜出発便でのバスツアーは絶対に利用
しないことに決めている。

鉄道や航空機での旅行と比べ、バス旅行での事故率は
あまりにも高い。 自分の命に対するリスクヘッジは
可能な限り自分で講じておく必要がある。

今回の事故を契機に、当該バス運行会社のような
「違法常習企業」 の社名を公開すると同時に、
ツアー企画会社側に対して 「バス運行会社名」 を
明示することを義務化すれば良いと考える。
そうすることによって、違法行為を常態化している
バス運行会社は自然淘汰されるのではないだろうか。

JRバスや、はとバスなどの大手が絶対に事故を起こ
さないと言う訳ではない。 ただ、違法行為を常態化す
会社などよりも、その可能性は格段に低いと言える。
さらに、万が一回避不可能な事故が発生したとしても、
その後の対応はある程度の信頼が持てる。

実感として、現状の 「格安スキーツアー」 の価格
設定はあまりに 「異常価格」 だと思う (安すぎる)。
1日・1人当たり、2,000円~3,000円程度を追加 (増額)
すれば、大手の旅行会社が主催する同様のツアーに参加
することができる。

さて、命を取るか、安さ (お金) を取るか……??
最終的な判断は、自己判断でしかない。
20160119_ski02


南魚沼産コシヒカリ

20160117_koshihikari01
20160117_koshihikari02
越後湯沢のスキー帰りに 「南魚沼産コシヒカリ」 を
試し買い。 通常の精米の約2倍の価格に驚きつつも
興味津々。

もしかしてこれが、初めての「本場のコシヒカリ」 ??
…. などと考えてながら米を研ぎ炊飯器へセットする。

ご飯が炊きあがって、炊飯器の蓋を開けた瞬間、
これまで見たことのない光景が目の前に現れた。
炊飯器の中の米が光ってる !! ひと目見ただけで
「美味い !! 」 と分かる。
やはり「南魚沼産コシヒカリ」 は違う !!

食べてみてまた驚いた !!
いつもの炊飯器でいつものように
炊いたのに、米の味が全く違う。
これだけ美味しいのなら、価格が2倍なのも納得。

さすが、本場の南魚沼産コシヒカリ。
あっぱれ、南魚沼産コシヒカリ 。。。
文句なく美味い !!
20160117_koshihikari03


ホルモン焼き

20160116_yoshino01
20160116_yoshino02
川口にある、ホルモン焼き 「佳乃坊」。
以前から気になっていて、ずっと行きたいと思っていた。
「肉には自信あり」 の雰囲気が店の内外に漂っている。

取り急ぎ 「9種盛りセット」 を注文して様子を見る。
セットの内容は、ベーコン・タン塩・豚バラ・カルビ・
焼きシャブ・極上カルビ・特上ハラミ・リブロース・
上ロースと豪華絢爛。
20160116_yoshino03
画像には無いが、少々厚めの牛タンが美味い。
ちゃんとタンの味がする。 カルビ、ハラミ、
リブロースは言うに及ばず、どれを食べても
とーっても美味しい。
追加で注文した黒毛和牛ホルモンも実に美味い !!
甘くて旨くてなかなかの上物ホルモンです。

肉の質と鮮度が良いからか? 全般的に単価は高め。
飲んで食べてお一人様4,000~5,000円くらい。
やっぱり、美味しい物を食べるにはお金がかかる (笑)。
20160116_yoshino04
20160116_yoshino05


味噌汁の自販機

20160114_misoshiru01
駅の自動販売機で温かい飲み物を買おうと思い
並んだ缶飲料を見ると 「味噌汁」 がある。
一杯飲んだ帰りに温かい味噌汁って良いなぁ……、
などと思いつつ、「味噌汁」 を衝動買い (笑)。

コンビニや家で飲むインスタント味噌汁よりも
飲みやすくてなかなか美味しいかも ??

いまや味噌汁さえも自動販売機で買える時代に
なったようですね。 でも、考え方によっては、
夜ではなく、朝食抜きの通勤時の方が良いのかも
知れませんね (笑)。
20160114_misoshiru02


カルビー 「ちゃまめ」

20160113_calbee01
スナック菓子メーカーのカルビーから、新しい
豆スナック 「ちゃまめ」 がリリースされた。
(発売は多分…..昨年末頃?)

先日地方のコンビニで売っていたのを 「新商品」 と
知らずに普通買い。 食べてみるとメチャ美味しい !!!
翌日、急ぎ同じコンビニを訪れて棚にあるだけ購入。

「後でネットで調べればどこかで買えるだろう」 との
安易な考えが失敗だった 。。。 家に戻ってから色々
調べるも、「Calbee ちゃまめ」 は一向にヒットしない。
「食べた」と言うブログやSNSは見るが、何処にも
売っていない。 もちろん本家カルビーサイトにも
情報記載は一切ない。

もしかして、これは試作商品 ?? それとも地域限定 ??
手元に残っているのはあと3つ。とても惜しくて
食べれない。。。 本当に困ったものだ (悲)。
カルビーさん、「ちゃまめ」 はどこで売ってるの ??


新潟名物 「笹だんご」

20160112_sasadango01
新潟のお土産と言えば 「笹だんご」 だ。 その昔、
家族で父母の実家のある新潟へ帰省して戻っくるて際
には、長岡駅か柏崎駅で必ず 「笹だんご」 を買った。

昔も今も、笹だんごは日持ちがしない (3~5日)。
だからお土産として買って帰っても、すぐに配ら
ないと傷んでしまうので、滅多に会わない人には
なかなか行き渡らない。

昔の笹だんごは 「つぶあん」 しかなかったが、
今は 「つぶあん」 の他に 「こしあん」 も一部で
用意されている。

子供の頃はそれほど美味しいとは思わなかったが、
最近食べると何故だか不思議と美味しく感じる。
自分の味覚が変わったのか、それとも 「笹だんご」
その物が美味しくなったのか….??

越後湯沢駅で買った笹だんごをレンジで温めて
食べると、笹の香りが口の周りに広がる。
そう言えば、電子レンジのなかった昔は、母が
蒸し器で温めていたことを思い出す。
新潟のお土産と言えば、やっぱり 「笹だんご」 だ。


越後湯沢の湯沢庵

20160111_yuzawaan01
20160111_yuzawaan02
越後湯沢に来ると、駅の立ち食いそばが
食べたくなる。 「湯沢庵」 がそれだ。
この「湯沢庵」は、越後湯沢駅構内で
一番美味しく且つ適切な料金で食事が
できる場所と言える。

今回は、「肉そば」に「海苔」を追加で
トッピングと言う贅沢版だ !!

駅のコンコース内にある他の食事処は、
高くて、混んで、美味いとは言えない。
まるで旅行者の足下を見透かしたような
店が乱立している。

越後湯沢駅構内で食事をするなら、
この「湯沢庵」 に限る !!
20160111_yuzawaan03
20160111_yuzawaan04


湯沢中里スキー場

20160111_nakazato01
今日は朝から生憎の天候。昨夜の
天気予報通りに朝から雪が舞っている。
空は当に鉛色をしていて、気温も
昨日より3~4℃低いように感じる。

晴れていればかぐらスキー場へ行くこと
を考えていたが、山の上ではさらなる
天候悪化が懸念されるので、手近な
エリアへ行き先を変更。
20160111_nakazato02
湯沢パークスキー場を予備に考えて、
湯沢パークに近い湯沢中里スキー場へ。
ここは10年ほど前に行ったことがあるが、
最近は設備もリニューアルして、家族
連れに人気のゲレンデとなっているらしい。

天候が悪いせいでゲレンデはとても空い
ている。リフト待ち時間は3~4分程度で
十分我慢の範囲内。 それでもさらに
空いているゲレンデエリアを求めてリフトを
乗り継ぎ移動する。
20160111_nakazato03
中里スキー場のゲレンデ一番左奥の
リフトは待ち時間ゼロ。 ゲレンデにも
数える程人がいない。 だから何本
でも好きなだけ滑ることができる。
これは当にスキー天国だ !!
20160111_nakazato04
昼食はソースかつ丼が売り切れなので、
カツカレーに変更してノンアルビールで
乾杯 !! 食後には温泉で身体を休める。
天気は悪かったが、とても楽しく充実の
時が過ごせた。
20160111_nakazato05
20160111_nakazato06


越後湯沢の夜、再び

20160110_benicho01
今夜の肴は、しめ鯖とあん肝ポン酢。
飲み物は冷えた八海山(普通酒)が
よく合う。焼き物でカンパチかま焼を
追加する。
20160110_benicho02
店内はかなり混雑しているが、ありがたい
ことに頼んだ料理がテンポ良く出てくる。

仕上げにレモンサワーを戴いて、
今夜の宴は幕を閉じた。 前夜の
「割烹 一二三」 ほど豪華とはいか
ないが、十分満足できる料理だった
と言える。 特に、この店の「しめ鯖」は
最高美味い !!
20160110_benicho03
〆過ぎず塩加減もちょうど良い。
鯖本来の味を楽しむことのできる
極上のしめ鯖だ。
どうもごちそうさまでした。
20160110_benicho04


NASPAスキーガーデン

20160110_naspa01
20160110_naspa02
越後湯沢駅から程近い場所にある
「NASPAスキーガーデン」。 標高が
低いこともあり、積雪量は非常に少
ない。 コースのあちこちで地肌が見
えていて、コンディションは春スキー
後半のように最悪だ。

とにかく雪が無い。せめてもの救い
は、天候が良く青空が見えている
ことだろう。
20160110_naspa03
NASPAはスキー専用ゲレンデの為、
初心者や子供連れのスキーヤーが
多く、コース上はとても混雑している。
地肌を避けながら、ヒトを避けながら、
コース上を縫うようにして滑って行く
ことになる。

しかし、何だかんだと言いながらも、
正味3時間半くらいは存分にスキー
を満喫できた。 雪には恵まれなか
ったが、天候が味方してくれたので、
楽しい雪遊びのひと時だった。
20160110_naspa04


越後湯沢で露天風呂 !!

20160109_onsen01
冬と言えば越後湯沢。
越後湯沢と言えば温泉。
温泉と言えば露天風呂。

越後湯沢へ来たからには、
やはりゆったりと露天風呂に浸かりたい。
湯沢町・温泉街の中ほどにある「湯沢ホテル」。

大規模な温泉旅館とは異なり、個人経営の
小さな温泉旅館だが、無料で利用できる
貸切露天風呂がありがたい。 露天風呂に
ゆったり浸かって温まったあとは ……、
日本海の魚と地酒が待っている !!
20160109_onsen02


美味 !! 越後湯沢の夜

20160109_hifumi01
越後湯沢で新潟の幸を味合うなら、
湯沢町温泉街中ほどにある 割烹・
『一二三(ひふみ)』 。

新鮮刺身の天然鰤(ぶり)から南蛮エビ、
キンキの煮付けから、のど黒の姿焼き。
蕗のとうやこごみの山菜まで。

越後湯沢で本当に美味い物を食べる
なら『割烹 一二三』に限る。
20160109_hifumi02
今回も、のど黒の姿焼きは事前に
予約済。 今年の「のど黒」は例年
よりも仕入れが高いと聞いたが、
サイズが大きく脂も乗っていて食べ
応えがある。 これなら納得 !!
20160109_hifumi03
天然ぶりの刺身はいつものように、
背身・腹身・大トロに分けて出して
くれる。 背側は味が濃く、腹側は
程よく脂がのっていて、大トロの
甘い脂に舌鼓。

地元・越後湯沢の朝日山を熱燗で
やるのも良いが、辛口の菊水を冷やで
やる方が良いかも知れない。

辛口菊水の冷酒と共に越後湯沢の
夜は更けていく。
20160109_hifumi04
20160109_hifumi05


越後湯沢に雪が無い !?

20160109_yuzawa01
今年も雪を求めて越後湯沢にやってきた。
暖冬で雪不足の状況は、先週の軽井沢で
分かったつもりでいたのだが……。

この時期の越後湯沢に、これほど雪の無い
のをこれまで見たことがない。 温泉街を歩く
には都合も良く、地元の人々の日常生活には
具合良いのだが、スキー場関係者にとっては
死活問題だ。
20160109_yuzawa02
越後湯沢近辺のスキー場はどこもOPEN
してるのだが、その積雪量は40cm~60cm
ほど。 かぐらスキー場でさえも150cmしか
ない !! 越後湯沢駅西口から温泉街中央部の
ホテルまで、雪の上を歩くことなく辿り着くこと
ができる。 当に、異常気象と言うしかない。
20160109_yuzawa03


新年、きよし詣

20160106_kiyoshi01
今年も 「やきとり きよし」 が始まった。
年始の挨拶を兼ねて、きよし詣の夜。
カシラとねぎをタレで2本づつ焼いてもらう。

カシラが美味いのは当たり前だが、
今日の 「ねぎ」 は特に美味い !!
タレの乗り具合が最高に良い。

このねぎ焼きに熱燗がとても良く合う。
あ~ぁ、美味い !!
マスター、お酒おかわり !!