月別アーカイブ: 2015年12月

年忘れ、はとバスツアー

20151231_hatobus01
20151231_hatobus02
大晦日、今年最後のイベントは、はとバスツアー。
東京・丸の内から、まずは日の出桟橋へ向かう。
東京湾クルージングレストラン 「シンフォニー」 へ。

シンフォニー号で東京湾をクルージングしながら、
ワインと共に美味しいフランス料理を堪能する。
食事の後は、オープンデッキへ出て夜景を楽しむ。
レインボーブリッジがとても綺麗に輝いている。
20151231_hatobus03
20151231_hatobus04
20151231_hatobus05
20151231_hatobus06
20151231_hatobus07
東京湾の夜景を楽しんだ後は、バスで浅草へ移動し、
東京スカイツリーの350M展望デッキへ進む。
個人で行くと待ち時間の長い展望エレベータの行列も、
はとバスツアーでは待ち時間無しでエレベータに乗る
ことができる。

さほど混雑もなかったので、450Mの東京スカイツリー
展望回廊へ行ってみた。 建物の構造上、景色を見るには
下の350M展望デッキの方が良いようにも思えるのだが、
やはり地上450Mから眺める東京の夜景は絶景だ !!
20151231_hatobus08
20151231_hatobus09
20151231_hatobus10
東京湾クルージングを楽しみながらのコース料理。
地上450Mの東京スカイツリーからの綺麗な夜景。
本当に楽しいひと時でした。

はとバスさんどうもありがとう。
今日は大変お世話になりました。
では、また来年もよろしくお願いします !!
20151231_hatobus11
20151231_hatobus12


これぞ至福の時 ??

20151229_dream01
最近はめっきり見なくなりましたが、
昔は年の瀬になると良く見かけました。
駅のコンコースの隅や階段下などで飲み潰れて
眠っている人 。。。 冬場の駅の構内は暖房も
効いて暖かいことでしょう。

昔と違い昨今は、外国人も多くなり物騒な世の中に
なりました。 自身の身の回りには十分に気をつけ
ましょう。

隣で立っている吉永小百合さんは困惑顔ですが、
眠っている本人は至福のひと時なのでしょう(笑)。


へしこ

20151226_heshiko01
久しぶりに 「へしこ」 を食べた。
「へしこ」 と言ってもパックされた工場加工品だ。
少し醤油の味が濃いようにも思えるが、まぁまぁの
美味しさで合格点。

「へしこ」 とは、鯖(さば)を塩と糠(ぬか)で
漬けた物で、福井県・若狭地方の郷土料理だ。

工場で作られた量産品は万人受けするように味付け
されていて多少物足りなさを感じる。 これに対して、
各家庭で漬けた本物の 「へしこ」 は本当に美味い !!

そのまま軽く炙って酒の肴に、ご飯のおかずに、
そしてお茶漬けに …….。 魚を糠漬けにすると言う
発想に先人の賢さを感じる。

福井か …….、もう何年も行ってないなぁ。
あ~ぁ、本物の 「へしこ」 が食べたい !!
20151226_heshiko02


Xmaxケーキ

20151224_xmas01
子供の頃、クリスマスイブの夜には必ず円いホール型の
クリスマスケーキがあった。 父の勤める会社から従業員
各々にケーキがプレゼントされていたのを覚えている。

現在では考えられないことかも知れないが、
古き良き昭和の風習と言えるような気がする。

イブの夜は、父の帰りが待ち遠しくてならなかった。
一刻も早く夕食を済ませ、ケーキの箱を開けるのが
楽しみだった。

時は流れ、2015年のクリスマスの夜。
今年は、「新宿高野」 のケーキだ。
選んだのは 「いちごロワイヤル」。

高野のケーキは何を食べても美味しい。
フレッシュでちょうど良い甘さ加減。
来年は、小径のDECOにしようかな ?!
それでは皆さま、メリークリスマス !!
20151224_xmas02


「きよし」 の熊手

20151223_kumade01
年末恒例の和樂備神社で 「おかめ市」。
やきとり・きよしの熊手も新しい物に交換。

お約束のご祝儀を財布の中から捻出し、
来年の健康と商売繁盛を祈念する。

あれ?五千円札が数枚ちらほらと見えている。
やはり今年は景気が良いのだろうか…..??

いずれにしても、来年もさらに良い年で
ありますように 。。。。


自家製・果実酒

20151207_kazitsu01
果実酒を作るために材料を用意した。 ゆず、きんかん、
しょうが、レモン、そしてホワイトリカーと蜂蜜。
きんかん酒はこれが2度目になるが、ゆず酒としょうが
酒は初めてになる。 特に今回は、しょうが酒に注目
している。

しょうがと蜂蜜、そしてレモンも一緒に漬ける。
レモンは2ヶ月程で取り出すが、しょうがはその後も
6~9ヶ月の熟成を予定している。

しょうが酒は蜂蜜を入れているので濁りがあるが、
きんかん酒とゆず酒はいまの所は、透明な液体色だ。
これが2ヶ月も経過すれば熟成が進み色付き出す。

完成の目処は、6~9ヶ月後となる。
さぁ、いまから楽しみだ !!
20151207_kazitsu02


低温調理で自家製・鶏ハム

20151206_ham01
芥川賞作家の羽田圭介さんも日常食にしていると言う
鶏ハム。 その「自家製・鶏ハム」 を作ってみた。

鶏ムネ肉を薄く広げて塩・胡椒をする。 それを丸めて
タコ糸で縛った上でラップで3重ほどに包んで外気を
遮断した状態で冷蔵庫で1時間ほど馴染ませる。

たっぷりと水を入れた鍋を火に掛けて70℃まで温度が
上がったら、ラップに包まれた鶏ムネ肉を鍋に入れる。
極弱火にして70℃~80℃の状態を50分間キープする。
50分経ったら、鍋から取り出して冷やせばできあがり。
鶏ムネ肉なのでとてもヘルシー。
20151206_ham02
20151206_ham03
薄く切ってそのまま食べてとても美味い !!
胡麻ドレッシングを掛けても美味しい。
さらに、軽くソテーしてもまた美味 !!
これは燻製にしても良いかも知れない。
20151206_ham04


dancyu 2016年1月号

20151205_dancyu01
先日の 「やきとり きよし」 での雑誌のカメラ取材から
1カ月が経った。 dancyu 1月号は12月4日に発売された。

 - – - – - – - – - – - – -
 dancyu 絶対保存版
 創刊25周年記念特別号
 いい店って、なんだ?
 - – - – - – - – - – - – -

書かれている記事を読むとわかるが、確かに 「保存版」
と言える内容だ。 大人の贅沢な時の過ごし方と言った
ところだろうか 。。。
20151205_dancyu02
” お客さんが惚れてしまう酒場 ” として
「やきとり きよし」 が掲載されていることが
嬉しくもあり、誇らしげでもある。

” 宵の口に呑兵衛をうきうきさせる酒場こそ、いい酒場だ ”
….と言うことらしい 。。。

是非、ご一読あれ。
20151205_dancyu03


マツコも認めた?冷凍炒飯

20151202_ucc01
テレビ番組 「マツコの知らない世界」 の中でマツコの
知らない炒飯が紹介された。 その中で、マツコが絶賛
した冷凍炒飯があった。 多くのメジャーブランドを押し
のけて 「絶対にコレを使ってる店あるぞ~」とまで言わ
せたのが、UCCフーズの冷凍炒飯だ。

早速、Amazonから取り寄せで試食。 とにかく美味い !!
確かにどこかの店で食べたことのある味と言える……(笑)
Amazonマーケットプレイスでの販売なので仕方ないが、
送料負担の大きいのが残念だ 。。。
20151202_ucc02
20151202_ucc03
市中に出回る一般に美味しいと言われている冷凍炒飯
よりも確実に美味い。 流行の 「パラパラ炒飯」 路線
ではなく、町の中華屋とかラーメン屋などの 「炒飯」
を忠実に再現したもののようだ。
だから、これほどに美味いのだろう 。。。


12月

20151201_xmas01
今日から12月。 今年もあと残りひと月になった。
12月になると街にはイルミネーションが多く
見られるようになる。

自宅でも、例年通りのクリスマスツリーを飾る。
今年から我が家のイルミネーションもLEDに (笑)。

このイルミネーションを片付ける頃には、鏡餅や
正月飾りの用意をして、お正月の準備になる。

今年もあと、ひと月。
事故などがないように、
そして風邪を引かないように。