月別アーカイブ: 2015年7月

家庭で、果実酒いろいろ

20150731_sake01
年明けの1月に果実酒を作った。
きんかん、みかん、りんごの3種類の果実を砂糖と
ともにホワイトリカーに漬けておよそ6ヶ月経った。

途中何度か味見をしてみたが、期待したほどの味では
なかった。 6ヶ月が経って、果実を取り出し軽くろ過
して小瓶に移し替えた。

きんかん、みかん、りんご、それぞれの味覚が抽出され
美味しい果実酒になっていた。氷を入れて炭酸で割ると
非常に美味い 「果実サワー」 ができる。
ホームメイド・サワーの完成だ !!

聞くところによると、この先も瓶の中で果実酒の熟成が
進んでいくとか。夏みかん、プラム、いちじくなども
面白い素材だと思う。 家庭で作る果実酒はとても美味
しい。
20150731_sake02


特製味噌だれ

20150730_miso01
暑い夏の時期、冷奴を食べるのに生姜醤油や
わさび醤油ばかりでは飽きてしまう。何か良い
味付けはないものかと考え、特製味噌だれを
試してみた。

味噌をみりんで延ばし、これに生姜、茗荷、大葉の
みじん切りを混ぜる。そこに梅干しの叩いた物を
混ぜ合わせる。甘口の梅干しを使うか、甘口の
味噌を使った方が塩っぱくならなくて良い。

この特製味噌だれを冷奴に載せて食べるととても
美味しい。 またこの味噌だれは、冷奴だけでなく、
生野菜や白身魚に付けて食べても非常に美味い。


自宅で 『 手作り焼き豚 』

20150728_yakibuta01
20150728_yakibuta02
豚・肩ロースの良いブロック肉が手に入った。
今日はベーコンでなく 「焼き豚」 を作った。

ブロック肉の表面をフライパンで焼いた後、
醤油ベースの煮汁の中で1時間ほど弱火で煮る。
工程はとても簡単で手間もそれほどではない。
ポイントは、煮汁の配合(調味料の割合)と、
焼く前に酵素の力で肉を柔らかくすることだ。

肉のタンパク質の結び付きは、キノコの酵素で
分解して柔らかくすることができる。そのキノコの
中でも舞茸の分解酵素が特に適しているらしい。
豚のブロック肉を舞茸汁の中に1晩浸け置き、
これを焼き、そして煮汁でじっくり煮る。

さあ、手作り焼き豚の完成だ。
これは絶品だ、しっとり柔らかで美味い。
20150728_yakibuta03
20150728_yakibuta99


和食の店 魚隆

日曜の閉店時刻(22時)まであと1時間弱。
やっぱり、美味しいものが食べたいので、
「和食の店・魚隆」 へ足を運ぶことに。

今日は河岸のない日曜なので特別な
仕入素材は望めない。でもここ魚隆では、
マスターの腕があれば何でも美味く戴ける。

今日のスズキの塩焼きは絶品。どのように
焼いたらこんなにふっくらした焼き魚が
できるのだろうか?不思議でならない。
20150726_uoryu01
もう一品、スズキのムニエル。バターの
きいた薄衣のムニエルは最高だ。世間の
魚嫌いの子供に食べさせてみたい。
美味しい魚を知らないことで、どれだけ
人生で損をしていることか (笑)。

仕上げは、焼きなすと卵焼き。どちらも
シンプルな料理だが腕の良さが味に出る。

う~ん、美味い !!
また今日も飲みすぎだー (笑)。
20150726_uoryu02
20150726_uoryu03


大相撲名古屋場所

20150726_sumo01
大相撲名古屋場所の千秋楽が無事終わった。
湊部屋は、部屋頭である逸ノ城関の調子が
冴えなかった。先場所の初日に痛めた怪我が
まだ回復していないのだろうか。体重が重いので
身体への負担が少し心配だ。逸ノ城関は、
結果として4勝11敗。来場所は東京に戻って
くるので巡業からの徹底した稽古に励むことだろう。

湊部屋の今場所の結果は次の通りでした。
幕の内西関脇 逸ノ城関 4勝11敗
3段目西53枚目 濱湊君 4勝3敗
3段目西55枚目 湊将君 4勝3敗
3段目東60枚目 朱鷺ノ若君 4勝3敗
3段目東82枚目 湊竜君 3勝4敗
序2段東16枚目 榛湊君 5勝2敗
序2段西87枚目 林君 2勝5敗
序ノ口東14枚目 福湊君 2勝5敗
みなさん本当にお疲れさまでした。
道中お気をつけてお帰りください。
20150726_sumo02


一晩寝かせて、絶品焼き豚

20150726_yakibuta01
昨日作った焼き豚を煮汁と共にジップロックに入れ、
冷蔵庫で一晩寝かせてみた。昨夜より、色も香りも
一段と良くなっている。

出来立ての昨日よりも、一晩寝かせた今日の方が
煮汁の馴染みとともに、全体のしっとり感が増して
とっても美味しい。その美味しさには作った本人が
一番驚いている。これほど美味しい焼き豚がこんな
手軽に作れることを知らなかった。

テレビ番組などで 「とろけるような柔らかい焼き豚」
と言う表現がされるが、ただ単に 「柔らかい」 だけ
では、豚肉本来の旨味は感じられない。 美味しい
焼き豚には、柔らかさと共にしっとりした肉の食感が
必要だ。

煮汁がしみ込んだ焼き豚を贅沢に厚切りにして
皿にならべて、上から煮汁を少しかける。
今日の朝食は 「手作りの焼き豚ライス」 だ。
では、朝から贅沢に、いっただきまーす。


手作りの 「焼き豚」

20150725_yakibuta01
ちょうど良い形・大きさの 「豚肩のブロック肉」 を
買った。 今日は、以前から作ってみたかった 「焼き豚」
に挑戦する。 数日前、中華料理の万来軒で肉厚の焼ブタを
食べた時から決めていた。「週末は焼き豚作りだ」 と。

インターネットの cookpad を参考に、手作り焼き豚に
初挑戦。網で縛った豚肩ロースのブロックがベースに
なる。フライパンで肉の表面を焼き、後は調味液の
入った鍋の中へ入れて1時間ほどじっくり煮込むだけ。
肉を煮込む時間が長いので、全体の工程としては、
それほど手間はかからない。

こんなに簡単にできるのに、柔らかくてとても美味しい。
もう少し煮汁を煮詰めた方が味がしっかりとするようだ。
来週の戸田橋花火大会は、手作り焼き豚だ。

さて、初めての手作り焼き豚……そのお味は ??
★★★ 「ホシみっつですぅ~ !! 」
20150725_yakibuta02
20150725_yakibuta03


魚力(うおりき)のうなぎ

20150725_uoriki01
昨日は、土用丑の日と言うことで美味しいうなぎを
食べた。今日は 「土用丑の日の次の日」 なのだが、
魚屋の店先には 「うなぎ」 が並んでいる。昨夜の
味覚が脳裏を過ぎり、思わず手が出てしまった。

大手スーパーの安価なうなぎは食べたくないが、
ここ 「魚力」 のうなぎは安くて美味しい。魚力では、
うなぎに限らず、鮮魚はどれをとっても安くて美味しい。

魚の仲卸業から大きくなった会社(今は東証一部)
なので、一般の小売業者との違いは大きい。
会社概要は大手だが、店頭は 「街の魚屋」 の
風情がまた良いところだ。魚力は、自分に限らず
地元のファン(常連客)は多いようだ。
20150725_uoriki02


刃物研ぎ

20150725_sakaeya01
素人が、家庭で包丁を研ぐのはとても面倒なことだ。
プロの料理人ではないから、毎日研ぐことはしない。
日々使っている中で、「切れが悪くなったら研ぐ」 と
言うのが一般的だ。

現在我が家で使っている包丁で最も古いものは、
20年以上前に、ダイエー(当時)・某店で買った
「家庭用万能包丁」 と言う代物。 これが手に
馴染んでなかなか使いやすいので、手放すことが
できない。しかし、さすがに20年も使っていると
刃の欠けや、素人研ぎによる刃の曲がりなども
あって微妙な状態になってきた。

そんな包丁が、プロの手研ぎを受けて戻ってきた。
東京・赤羽の 「栄屋刃物店」 へ頼んでいた物だ。

どの包丁を見ても刃先はまさに新品同様に美しい。
包丁が生まれ変わったようだ。当たり前のことだが、
刃の欠けも曲がりもすべて綺麗に修正されている。
やはりプロの手仕事(研ぎ)はレベルが違う !!
20150725_sakaeya03
長年使っている 「家庭用万能包丁」 は、かなり
短くなって戻ってきた (笑)。それだけ刃の修正が
必要だったと言うことを証明しているようでもある。

20cmの柳刃と出刃を含めて全部で4丁頼んだ。
これをここまで綺麗に修復して3,400円とは安い。
この 「栄屋刃物店」 には結構安価で良い包丁
が並んでいる。こう言う信頼できる金物店が
最近街から減ってきているのが少し寂しい。

次は包丁研ぎでなく、欲しかった菜切り包丁を
物色しに行こう (笑)。
20150725_sakaeya02


暑さ全開、土用丑の日

20150724_ushi01
今日は 「土用丑の日」。 うなぎ屋さんが1年で1番
忙しい日。 地元の信頼できる鮮魚店 「魚力」 で、
鰻蒲焼きと肝焼きを調達。 そしてついでに、真鯛の
刺身もお買い上げ(笑)。

蒲焼きと肝焼きは、フライパンにクッキングシートを
敷き日本酒を足して蓋をして弱火で温めると、ふっくら
して美味しくなる。

刺身の真鯛は、薄く削ぎ切りにして皿へ並べて、
胡椒を振りジェノベーゼソースを添える。白身の
真鯛にジェノベーゼを載せて醤油に付けて食べる
と、とっても美味しい。 「真鯛の刺身イタリア風」
と言ったところかな?
20150724_ushi02


Galaxy. ??

20150723_kanamono01
現在、自宅では4種の包丁を使っている。
出刃、小出刃、柳刃、万能の4丁だ。

いずれも長い間、プロの研ぎを受けていない。
素人が適当に研いでいるだけなので、刃が
立っていないだけでなく、一部刃こぼれもある。

以前からなんとかしようと考えていて、いよいよ
包丁を刃物研ぎ (金物店) へ出すことにした。

4丁全ての包丁を研ぎに出すので、一時的な
代替包丁が必要になる。わずか4~5日程度の
期間なので、DAISOの100円包丁を買うことに。

万能に使える菜切り包丁と、小型の穴あき包丁
(ペティーナイフ?) を買った。包丁の胴に穴の
空いた包丁なんて初めて買った (笑)。
ところで、この穴は何のためにあるのでしょうか?

菜切り包丁は思ったよりもよく切れて使いやすい。
軽過ぎるのが難点かも。穴空き包丁の方はまだ
使っていないが、小型なので皮むきや細工には
向いているのかも。

….なんでこんな包丁を買ったかって?
名前が 「Galaxy」 で格好良さそう (大笑)。


3度目の手作りベーコン

20150722_bekon01
今回で3度目となる手作りの自家製ベーコン。
地元のスーパーで、たまたま形の良い豚バラの
ブロック肉を見つけたので、手作りベーコンを
思いついた。

つい先日、新しい燻製器を買ったこともあり、
その燻製試しも兼ねてのベーコン作りとなった。

どうせすぐに食べて長期保存はしないので、
塩は少なめ、塩漬け期間も短め(3日)、
塩抜きは短時間(2時間)で燻製を行った。

新しい燻製器で多少勝手が違うために、燻し
過ぎた感じもあるが、食べてみると実に美味い。
少し厚めに切って、電子レンジで温めるだけ。
まずは、そのままシンプルな塩味をパクリ。
次は、醤油を少しだけ付けてまたパクリ。
ご飯のおかずに最高 !! 酒の肴にも抜群だ !!

豚肉の脂が甘くて本当に美味しい~。
これだから手作りベーコンは止められない。
20150722_bekon02
20150722_bekon03
20150722_bekon04


お年玉付き年賀はがき

20150721_nenga01
昔と比べると、年賀状を書く枚数はかなり減った。
書く枚数が減ったと言うことは、届く枚数も減った
と言うことだ。

子供の頃は、お正月に届く年賀状が楽しみで
ならなかった。そして、年賀状の当たり番号の
チェックも欠かせない重要行事の一つだった。

当たるのは、大概 「切手シート」 と決まっている。
決して使うことのないこの 「切手シート」 のどこに
喜びを感じたのかは忘れたが、3学期の最初の
登校日には必ず学校へ持って行き自慢し合った
記憶がある。

今日7月21日は今年のお年玉付き年賀はがき
の賞品交換期限の日だ。ここ何年かは番号を
見ることもなかったが、たまたま今年の年賀状の
中に1枚だけ当たり番号を見つけた。

今日を逃すと、賞品の交換ができなくなるので、
地元の郵便局へ行き、「決して使うことのない
切手シート」 を貰ってきた。
20150721_nenga02


食欲増進、万来軒の焼ブタ

久しぶりに中華の万来軒で夕食だ。定番の
ぎょざは2枚が必須。たまにはサンマの塩焼きが
食べたい気もするが、やはり肉も食べたい。
今夜はちょっと贅沢 (800円) をして焼ブタだ !!
20150720_banraiken01
万来軒の焼ブタは、もちろん手作りの自家製。
肉の厚さを見てビックリ !! そして食べてビックリ !!
柔らかくてとってもジューシー。そしてタレの味が
とっても良い。これほど肉厚な焼ブタは他では
滅多にお目に掛かれない (笑)。
この味、このボリュームで800円は絶対安い !!

酒のつまみに、ご飯のおかずに最高です。
焼ブタは、あっと言う間に完食です。
最後の仕上げは、焼きそば。
万来軒の焼きそばは、細麺で且つシンプル。
この醤油系のさっぱりした味が大好き。

今夜も食べたなぁ~。
どうもごちそうさまでした。
20150720_banraiken02


タカラCANチューハイ・プレーン

20150719_takara01
一般に、「タカラCANチューハイ」 と言えばレモン味
です。 しかし、このタカラCANチューハイにもプレーン
タイプが存在しています。通常の店舗では販売されて
いないようですが、ネットでのみ購入することが可能な
ようです。

「タカラ焼酎+炭酸」のシンプルな味がとてもスッキリ
していて美味しいです。 駅前のやきとり屋のチューハイ
って感じです。

有名な赤羽の 「まるます家」 のジャン酎に似た風味
です。 ジャン酎はハイリキブランドですが、こちらは
タカラブランドです。 ジャン酎(ハイリキ)の方が
多少甘めかなと思います。

興味のある方は、「タカラCANチューハイ プレーン」
でググってみてください。すぐに通販での購入先が出て
くると思います。
20150719_takara02


海鮮網焼き in 自宅

20150719_kaisen01
今日(休日)のランチは自宅で海鮮網焼き。
自宅のダイニングで家庭内バーベキューしてます。
メニューは、ホタテ貝、ホンビノス貝、赤エビ、
シシャモなど。 これらすべてを網焼きのバーベキューで
食べます。

ガスの直火じゃなく輻射熱で焼くので、素人でも焦がす
ことなく、綺麗に焼くことができます。気軽に手軽に
そして安価に家庭でできる海鮮バーベキューは楽しい。
20150719_kaisen02
ホンビノス貝は、テレビなどでもよく紹介されている
東京湾の浅瀬で取れる外来品種の二枚貝。 ハマグリの
代替品として重宝していると聞いていましたが、今日
はじめて食べました。 ホンビノス貝は安くて美味しい。
肉厚で味も非常に良いです。

ホタテ貝の網焼きは、「バター+ポン酢醤油」が最高に
美味い。 貝類が苦手な人でも、この香りと味には負けて
しまうことでしょう。 貝類や甲殻類は焼いても煙が
でないので、部屋の中でも安心して網焼きができます。

それじゃ次回は、焼肉かな。。。。(笑)
20150719_kaisen03
↑ ホンビノス貝の網焼き


第37回 「足立の花火」

20150718_hanabi01
20150718_hanabi02
暑い夏、今年も花火の季節がやってきた。
東京都で一番早い花火大会と言えば 「足立の花火」 だ。
荒川河川敷に1万2千発の花火が打ち上がる。
昨年 (第36回) の来場者数は61万人と言われる
から、打ち上がる花火に負けず人の数も凄い。

荒川の南岸が打ち上げのメイン会場になるためか、
北岸の方は比較的空いていてゆっくりと座って見る
ことができる。

ピクニック用の椅子とテーブルを携えていざ花火会場へ。
早速シャンパンを開け、まずは乾杯~ !!
軽く酔いが回った頃、「足立の花火」 が打ち上がる。

オープニングの豪快な大輪の花火の後、ほぼ休みなく
約1時間の間、次々と打ち上がる花火を間近に見る
ことができる。頭上に大きく打ち上がる花火は迫力が
あって豪快だ。これぞ東京の夏 !!

再来週は、荒川を上流に遡って 「戸田橋花火大会」。
さらにその次の週は、大阪の 「なにわ淀川花火大会」、
と今年も花火見学は続くのである。
20150718_hanabi03
20150718_hanabi04


「戦争法案」 が衆議院を可決通過 !!

20150717_war01
大日本帝国の皆様おめでとうございます。
我が国が戦争を行うことを可能とする「戦争法案」 が
衆議院を可決通過することができました。

先の戦略戦争での敗戦以降、長きに渡り戦争ができない
状態が続いていた我が国も、この違憲法案が正式可決
すれば、昔のように敵地での実戦が可能になります。

これもひとえに、頭の悪い日本の国民の皆様方が国政
選挙において自民党に多数投票してくれたお陰です。
大人しくて何があっても暴れない、且つ、頭の悪い
国民と言うのは本当にありがたいものだとアベ君も
言っています。
20150717_war02
新国立競技場の建設については、国民の皆様の理解が
得られず反対も多いので、ゼロベースで見直すことに
しました。 たかが3,000億円程度で揉めても印象が
悪いから。

でも、同じように国民の理解が得られておらず反対も
多い 「戦争法案」 は、利益の桁が違います。とにかく
儲かる (笑)。 さらに、A級戦犯であった祖父の無念を
晴らすためにも絶対に可決成立させなければならない
と言うアベ君の強い思いが込められています (怖)。
20150717_war03
先の世界大戦における敗戦時のA級戦犯を
祖父にもつアベ君は大層お喜びのご様子で、
祖父の無念を晴らすためにも今一度世界の
場で戦いたいと望んでいるところでございます。

戦場での実戦準備が始まれば、アベ君の兄の
ような 「死の商人」 は大層忙しくなり、莫大な
利益で潤うことでしょう。
20150717_war04
(画像はすべて陸上自衛隊HPより引用)


鳥椿・雷門一丁目店

20150712_toritsubaki01
チンチロリンハイボールで有名な 「鳥椿」。
2つのサイコロを振って、出目の合計を見る。
ゾロ目が出たら一杯無料。
偶数が出たら一杯半額。
奇数が出たら一杯倍額。
サイコロを振る客は皆、奇数目を狙っている。
金額は倍額だが、ハイボールの量は3倍になる (笑)。
20150712_toritsubaki02
今日は、「訳あって鹿児島の実家に戻った」 先輩と
久しぶりに一杯やることになった。
日曜日の午後3時。
場所は浅草の鳥椿・雷門一丁目店。

カウンターに腰を下ろし、まずはチンチロリンから
始まる。 いきなりゾロ目 (一杯無料) が出てしまい
少しガッカリ。 超厚切りのハムカツとポテトサラダを
食べながら、昔話と今の話に花が咲く。
20150712_toritsubaki03
鹿児島と言うと以前は出張で行っていたが、最近は、
全く足を向けることはない。
LCC・ジェットスターの平日便なら、東京から鹿児島
までの片道料金はなんと3,990円だ !!
諸経費を入れても平日往復なら1万円でOK !!

実際には平日での往復は難しいが、土日での往復でも
ジェットスター便を使えば、片道は8,000~9,000円程度。
諸経費を含めて往復で2万円強と言ったところだ。
一度、遊びで行くのも良いなぁ~(笑)。


浅草・雷門で待ち合わせ

20150712_asakusa01
久しぶりに、浅草へやってきた。
上野からかっぱ橋道具街を通り抜け雷門へ。
青空にそびえ立つスカイツリーが誇らしげに見える。

雷門の周辺は観光客で大賑わい。
それにしても、この辺りは外人が多い。
周りに人が多すぎて待ち合わせ人の姿が
見えない。。。

雷門は待ち合わせには不適です (笑)。
20150712_asakusa02


落語三昧 !! 円楽、たい平、小遊三

20150711_rakugo01
本日、午後5時より杉並公会堂にて「特選落語会」。
メンバーは日本テレビの 「笑点」 でお馴染みの、
三遊亭円楽、林家たい平、三遊亭小遊三のお三方。
20150711_rakugo02
およそ1,200名収容の杉並公会堂は完売御礼の満席。
客席はお年寄りが大半だが、中には若い人や外人の方
の姿も見える。

前座や中入りもあり、一人の持ち時間はおよそ30分。
三人各様の落語を楽しませて戴きました。次は独演会
にでも行って、じっくりと古典落語でも楽しみたいと
思う。
20150711_rakugo03
20150711_rakugo04


ジェノベーゼソース活用術2

20150707_genova01
手作りジェノベーゼソースの活用は、コンビニの
冷凍ドリアだけではない。

まずは、シンプルに豆腐(絹ごし)で食す。
冷たい豆腐に醤油でなはくジェノベーゼをかける。
いつもの冷奴が、豆腐ジェノベーゼに変身する。
箸でなく、スプーンですくって食べると美味しい。
20150707_genova02
次は、冷凍チャーハンにジェノベーゼを合わせる。
レンジでチンした冷凍チャーハンにジェノベーゼを
混ぜ合わせる。中華なのにオリーブオイルとバジル
の香りが漂う。騙されたと思って一度お試しあれ。

ジェノベーゼソースは思いのほか、何にでも合う。
イタリアンと言うジャンルに囚われることなく、
料理の幅を広げる魔法のソースです。
これは本当に美味い !!
20150707_genova03


ジェノベーゼソース活用術

20150706_genova01
昨日作ったジェノベーゼソースを料理に使って、
コンビニで売っている冷凍ドリアを変身させる。
普通は、そのまま加熱解凍して食べるのだが、
解凍した後に手作りジェノベーゼをトッピングして、
混ぜ合わせて、さらに30秒レンジでチン !!

レンジから取り出すと、既に香りが違う。
バジルの風味とオリーブオイルの香り。
ナッツの食感も加わって、コンビニの
冷凍トリアが、ドリア・ジェノベーゼに !!

驚きだ !! めちゃくちゃ美味しい !!
これは癖になりそうな味だ。。。
20150706_genova02


自宅で、美味ジェノベーゼソース !!

20150705_genova01
テレビ東京の 「男子ごはん」 でジェノベーゼソースの
作り方を知った。ジェノベーゼのパスタやピザはとても
美味しいが、ジェノベーゼソースがこれほど簡単に
できるとは思わなかった。やはりテレビの力は偉大だ。

・バジル(生) 30g
・青じそ(生) 30g
・バターピーナッツ 30g
・パルメザンチーズ 5g
・にんにく 1片
・塩 小さじ1/2
・オリーブ油 1カップ

一般的なジェノベーゼソースはバジルのみで作るが、
男子ごはんレシピでは、青じそ(大葉)を加える。
これらの材料を細かく切って、砕いて、混ぜるだけ。
フードプロセッサーがあれば、とても簡単にできる。

自宅で簡単にジェノベーゼソースが楽しめる。
パンに塗ってよし、ステーキソースにもよし。
パスタに絡めてジェノベーゼパスタも楽しめる。

一度、自家製のジェノベーゼソースを味わうと、
外食先でのジェノベーゼソースに対する感動が
なくなってしまう。

このソースは冷凍庫で保存でもできるので、
まとめて作り置きもできる。
久々に絶品ソースと出会った。