月別アーカイブ: 2014年12月

2014年最後のスキー

20141230_yuzawapark01
20141230_yuzawapark03
今年(2014)最後のスキーの一日。
駅からほど近い湯沢パークスキー場。
ゲレンデ下部は雨、中腹はみぞれ、
そして山頂は雪と言うあいにくの天候に
朝から悩まされる。
雨に濡れながらリフトに乗車して、
リフトを降りると雪が舞う曇天。

山頂から遠くを見渡しても、
雲が垂れ下がっているのがわかる。

悪天候のためゲレンデは空いているが、
コースコンディションは最悪に近い。
ドカ雪が固まった上に雨が降る。
エッジがひっかかって滑りにくい。

そして何よりも、とても寒い。
時間が経過するにつれて雨も強くなり、
一時退避で昼食へ。

若干の天候の回復もあったが、
結局は雨の中のスキーの一日でした。

年明けのスキーは晴天に恵まれますように。
20141230_yuzawapark04
20141230_yuzawapark02

秘湯「貝掛温泉」

20141229_kaikake01
越後湯沢・かぐらスキー場(田代)の
奥にある秘湯「貝掛温泉」。
温泉の温度はぬるく(37℃)、
長湯しても全く問題ない。

しかし宿泊用の部屋には真夏でも
エアコンがない。これには驚きだ。
夏は泊まる気がしないが、
雪のある今の季節なら問題ない。

今回は日帰り入浴で訪れた。
深深と雪積もる山深い地の一軒宿。
風情のあるたたずまいで味がある。
外観の印象をそのままにした
内装もなかなかのものだ。

雪見の露天風呂を楽しみながら
貝掛の湯を堪能した。
20141229_kaikake02
20141229_kaikake03

越後ワイナリーで豪華ランチ♪

20141229_vino01
浦佐駅から車で5分。
新潟県産の葡萄を使ったワインを作っている越後
ワイナリーがある。 ワイナリーでは、ビン詰室や
雪中貯蔵庫なども見ることができる。 お土産も
結構と充実しているので時間があれば立ち寄る
価値はある。

この越後ワイナリーの隣に関連施設の「レストラン
葡萄の花」がある。 イタリア料理がとっても美味しい。
「こんな場所で?」って思うほど、安くて美味しい
イタリアンを食べることができる。もちろんワイン
リストも充実しているが、今日は車で移動している
ので、ワインリストを眺めるだけ (涙)。

今月のおすすめメニューから「気仙沼産カキとほうれん
草のピザ」を。 生地は薄いパリパリタイプで。牡蠣の
ピザなんて生まれて初めて。 これが非常に美味しい~ !!
チーズの旨みと牡蠣の旨みが一体化。 これは最高です。
20141229_vino02
 *気仙沼産カキとほうれん草のピザ

グラタンよりもドリアが好き。
ここのクリームドリアはチーズもたっぷりで
ボリュームも満点。久しぶりに「美味しいドリア」を
食べたって感じです。
20141229_vino03
 *白身魚のクリームドリア

エビやイカなど素材が美味しいのは当たり前として、
素材に合えてあるバジルソースがとっても美味しい。
とっても美味しいオリーブオイルを使っているのが
よくわかる。これぞイタリアン。
20141229_vino04
 *海の幸のバジル和え

旧新潟3区の新幹線の駅

20141229_urasa01
衆議院の旧新潟3区内に新幹線の駅は4つある。
長岡、越後湯沢、燕三条、そして浦佐。
なぜ浦佐の地に新幹線の駅が必要なのかは今も
わからない。 乗降客は少なく、ショッピングセンター
があるわけでもなく、飲食店すらまばらな小さな町だ。
典型的な「政治と鉄道」を絵に描いたような駅でもある。

そんな浦佐駅の東口を出てすぐの国道沿いに、
ひとつの銅像が建っている。
言わずと知れた元内閣総理大臣「田中角栄」の像だ。
雪が降っても大丈夫なようにちゃんと屋根がついている。
古きよき時代と言う感じがします。

個人的には田中角栄と言う人は大好きです。
これほどまでに頭が切れて、器の大きな政治家は
もう二度と出てこないだろう。
20141229_urasa02

割烹一二三(ひふみ) の「のどくろ」と「天然ぶり」

20141228_nodokuro01
割烹一二三(ひふみ)と言えば「のどくろ」だ。

「のどくろ」は一般名で、本当の名前は「アカムツ」。
日本海の荒海で育つアカムツ。別名を「白身のトロ」と
言うほどに脂が乗った美味しい魚だ。

とろけるような刺身も良いが、
ここはやはり塩焼きで戴きたい。

一二三の焼き場で美味しく焼かれた「のどくろ」。
皮はパリッとしているが、中の白身はフワフワで
本当に美味い。魚から滴り落ちるような脂にも
甘味を感じるほど。
20141228_buri01
のどくろに続いては、日本海の天然ぶりの刺身。
見るからに脂の乗った美味しい天然ぶり。
盛り付けも、背身、腹身、そしてトロと
部位を分けて提供されるからありがたい。

日常食べている「養殖ぶり」とは全く違う
食感を味わえるだけでなく、甘味や旨味を
感じることができる。これは美味い !!

越後湯沢 割烹一二三(ひふみ)

20141228_123_01
20141228_123_02
越後湯沢でとびきり美味しい日本海の幸を
食べさせてくれる店がある。
割烹「一二三(ひふみ)」がそれだ。
ずわい蟹、南蛮えび、のど黒、天然ぶり….、
日本海の美味しい天然の幸なら何でも揃う。

旅行者だけでなく地元でも有名なお店なので、
連休などの混雑時には予約無しでは入れない。

メニューも豊富で、海の幸から山の幸、
季節物から定番物まで。さらに、厳選された
美味しい地酒も豊富に揃っています。

ちょっと敷居が高いように感じますが、
飲食代はそれほど高くありません (笑)。
越後湯沢にお越しの際は、是非一度
お試しください。
20141228_123_03
20141228_123_04
20141228_123_05

今季初滑りの湯沢高原スキー場

20141228_yuzawakogen01
20141228_yuzawakogen02
5月の春スキーから約7ヶ月が経ち、
ようやく新しいスキーシーズンが訪れた。
今年は年内の早い時期に大雪が降り、
ゲレンデ内の積雪量には問題ないが、
….如何せん雪質が悪い。
時間を掛けて深深と積もった雪ではなく、
ドカッとまとめて置いた雪で、水分量も
非常に多くて滑りにくいコンディション。

気温は低いが天気は良いし、
とりあえず良かった良かった。

それにしても….メンテナンス直後で、
スキーのエッジが切れ切れだ。

今年も越後湯沢

20141228_yuzawaan01
今年も雪の季節がやってきた。
雪と言えばスキー、
スキーと言えば越後湯沢、
越後湯沢と言えば駅の立ち食いそば
「そば処 湯沢庵」だ。

今年は、少し奮発して、
いつもの「のりそば」に
かき揚げをトッピングした。

越後湯沢に来たら「のりそば」だね !!
20141228_yuzawaan02

焼き芋

20141227_yakiimo01
子供の頃、家でよく食べていたのは「ふかし芋」だった。
芋を焼くのではなく、水蒸気でふかして食べていた。
この「ふかし芋」と言う奴、芋の甘さはあるが香りが
足りない。 軽トラで売りに来る「やきいも屋」のあの
香りが足りない。

燻製器をそのままオーブンとして利用することができる
ので、自宅で焼き芋を作ることにした。当然だがチップ
は使わない。 燻製器の中を空焼き状態にして、芋を焼く
のだ。

どうせ試すなら美味しい芋の方が良い。 蜜芋として
有名な鹿児島県種子島産の「安納いも」。 オーブンに
入れて火を掛けておよそ40分ほどで出来上がり。

皮はパリパリで簡単に剥くことができる。
とろ~りと甘い焼き芋ができた。
これはおやつに最高だ。
20141227_yakiimo02
20141227_yakiimo03

STAP細胞はぁありますぅ….元女性研究員の虚像の崩壊

「やっぱり….」「予想通りだ」「確信犯的税金泥棒」。
年の瀬も迫った12月26日、理化学研究所が改めて会見
を行った。

この会見の前に 「STAP細胞の成功的表現にはES細胞の
混入があった」 と言う情報リークがあったことに驚いた。
リークされた内容そのもの(STAPの存在否定)に対して
は、「あ~、やっぱりそうだろうな」 と言ったところ
だが、事前にリークされたことにある種、この問題の
深さが伺える。

ES細胞の混入(流用と言った方が正しいか ??)は当初
から言われていたことで、問題発覚の直後から山梨大学
の若山先生もこれに近いことを度々指摘していた。

また、件(くだん)の元女性研究員の弁護人である三木
秀夫と言う輩。 船場吉兆偽食品装事件や阪急阪神ホテ
ルズメニュー偽装事件など、いわゆる「偽装加害者側
弁護」のスペシャリストであるところに滑稽ささえ感
じる。 元女性研究員も自分の置かれた立場を意識した
のかしなかったのかは不明だが、そのようなスペシャ
リストを選出したことに非常に興味を引かれる。

まぁそのへんのところは、本人が一番知っているので
しょう。 …..だから、三木秀夫を選んだのか (笑)。

また同日、理研側からは、ダメ押しのように、論文上
での新たな捏造データが追加で2点公表された。

論文は、捏造データや改竄、そしてコピー&ペースト
で構成され、発表した科学的内容は嘘と虚構で組み立
てられ、その上4月に行った記者会見では、嘘の涙で
世間を欺いた。 このような人間に研究者としての将来
はあるはずもなく、来年の今頃には世間からは忘れら
れた存在になっていることだろう。

今回、世間そして世界を騒がせたSTAP細胞問題だが、
当時の管理責任者でもあった笹井芳樹氏が、なぜあの
タイミングで自殺したのかがわからない。 何らかの
秘密を墓場へ持っていったのだろうか。

笹井氏は、STAP細胞の研究に関しては、研究当初から
関わっていたわけではないことは知られている。しかし、
笹井氏こそが、ES細胞に関わる第一人者でありどこかで
それ(混入 or 流用)に気が付いたのではないだろうか
(元女性研究員がES細胞を混入と言う名の流用をした
可能性) 。

結局、元女性研究員は、自己の虚栄心のために、多くの
無駄な税金を使い、捏造と改竄データで脚光を浴び、
嘘と虚構で世間を騒がせた後に、化けの皮が剥がされた。
この元女性研究員の一番の悪事と言うと、一人の日本の
優秀な科学者の命を奪う原因を作ってしまったと言うこと
だろう。

もう2度と「リケジョ」などと言う安易なコトバが世の
中に出てこないことを願いたい。 理系分野における優
れた女性は、過去から現在に至るまでも継続的にいるこ
を世間が知らないだけのこと。

囁き女将もビックリ!! 嘘と涙の研究員でした。
最後に…. 三木さん、
これからの展開はどうするんですか?(笑)
20141226_stap01

豊後サバ

20141224_saba01
魚介の美味い店「魚隆」で豊後サバが入荷した。
水揚げ場所が異なるだけで、あの有名な関サバと
同じ豊後水道で育つサバだ。

これは美味いに決まっている。
お店に入り早速、豊後サバの刺身を注文。
見ての通り甘くて旨みがたっぷりのサバの刺身。
いや~日本人でよかった。

追加で食べたのは、
太刀魚のムニエル。
へぇ~、太刀魚をムニエルに….
これもとっても美味です。
もうたまりませんわぁ。
20141224_tatiuo01

Merry Christmas 2014

20141224_xmas01
今日、12月24日はクリスマスイブです。
クリスチャンではないのだけれど、
年に一度のお祭りのようなもので….。

今日のこの日が楽しい一日でありますように。
皆が健やかに笑顔で過ごす一日でありますように。

MERRY CHRISTMAS TO YOU !!

20141224_xmas02

パイナップルの生ハム巻き

20141222_namahamu
本当は「柿を生ハムで」巻こうと考えていた。
しかし、甘くて美味しそうな柿が売っていない。
仕方ないので、中の果物をパイナップルに変更。

そして、パイナップルの生ハム巻きが出来上がった。
完熟パイナップルがとても甘いので、生ハムの表面に
軽く塩・胡椒を….。

パイナップルの甘さと塩味のバランスがとても良い。
これはこれで美味しいのだが、
やはりメロンの方が良かったかも (笑)。

自家製スモークチーズ

20141222_kunsei
以前から自宅で燻製料理を作っている。
タコ、牡蠣、ウインナー、鶏肉、かぼちゃ、
ししゃも、ホッケ、etc.。
スモーカーの中で熱を加えながら燻すタイプの、
いわゆる「熱燻」「温燻」と呼ばれているものだ。

しかし、熱の入る燻製では、スモークチーズや
スモークサーモンを作ることはできない。
熱を出さずに燻すには、「冷燻」と言う手法を
取らなければならない。何度かこの「冷燻」を
試してみたが、熱を加えないので、煙の維持が
うまく行かずに失敗の繰り返しだった。

「人間は考える葦である」と言ったのは、
数学者パスカルだが、彼の言を待つまでもなく、
「ひらめき」が我が家の「冷燻」を可能にした。

この自家製スモークチーズがとにかく美味い。
あっと言う間に、パクパクと平らげてしまう。
スーパーで売っているQBBチーズが大活躍だ。
様々なタイプのチーズがスモークチーズになる。

….これはもう止められない。

豚だいこん

20141221_butadaikon01
豆腐を豚肉で巻いてパン粉を付けてフライにした。
リンゴを豚肉で巻いてフライパンで焼いて醤油味。

そして今回は….、
ダイコンを豚肉で巻いて、フライパンで焼いてみた。
塩・胡椒をベースにして、仕上げにバターを流してみた。

ちょっと塩味が強すぎて….失敗か ??
ダイコンを下茹でした時に、
少し味を付けたのが余計だったのかも ??
でも、ご飯のおかずとしては、最高に美味い。

ダイコンの茹でたのを豚肉で巻いて、
パン粉を付けてフライにしても美味しいと思う。

でも、次回こそは、梨の肉巻き焼きに挑戦してみたい。

寒い夜は、とり大根

20141221_toridaikon01
寒い夜は、暖かい鍋料理か煮物に限る。。。

先日、やきとり・きよし西口店で食べた
「とり大根」の味が忘れられなくて、
自分で作ってしまった。

使う材料は、きよし西口と同じ。
大根、鶏もも肉、鶏皮、鶏だんご。

鶏から出てくる脂や旨みが美味しいスープを作り、
その美味しいブープを大根が吸って美味しくなる。
この鶏と大根の相乗効果が実に美味しい。

だから….、寒い夜は、とり大根に限る !!
20141221_toridaikon02

万来軒「のりラーメン」

20141219_noriramen
何でも安くて美味しい万来軒。
今日は少し贅沢をして「のりラーメン」にした。
いつものラーメンに焼き海苔がたくさん乗っている。

のりラーメン、ギョーザ、熱燗。
そして、追加で小ライス。

やきとりきよしの帰りに寄ったので、
二人で食べても、もうお腹一杯だ。
万来軒のギョーザとライスのセットは
まさに無敵の美味さだ。

次回は、タコめしチャーハンにしようかな !?
20141128_banraiken04

アップルパイ

20141218_pie
アップルパイってどうしてこんなに美味しいのだろう !?
やはり、パイの中に入っているリンゴが美味しい。
リンゴのコンポートはデザートの中で一番だと思う。
そして、このリンゴのコンポートが入ったアップル
パイは、とっても美味しい。やはり一番だ。

おかずの料理は母のお手伝いに始まって、子供の頃
からやっている。 今では日常的な料理は趣味でも
あり、腕前もある程度自信がある。

しかし、お菓子作りと言うと、中学生の頃に一度
クッキーを焼いたことがあるだけで、大人になって
からは、全くやったことがない。

だから、お菓子やデザートは、お店で買うか、
誰かに作ってもらうしかない。

….だから、アップルパイは手作りに限る !!

2014 忘年会

20141217_bonenkai01
20141217_bonenkai02
今日は地元の忘年会。
この一年の飲み収め?
いやいやまだまだ飲みますよ~。

顔だけ知っている人、
名前だけは知っている人、
挨拶程度で話をしたことのない人、
やきとり・きよしで一緒に飲む人、
そんなみんなが集まって、
飲んで食べて楽しくワイワイやってます。

それにしても、みんな元気です。
20141217_bonenkai03
20141217_bonenkai04

とり大根

20141216_toridaikon
風の冷たい冬の寒い夜は暖かい食べ物が欲しくなる。
おでん?それとも湯豆腐?….今夜の肴は、とり大根。

トロトロになった溶けるような鳥皮。
ホロホロに崩れる鶏肉。
美味しいスープを十分に吸った大根。
この大根が最高に美味い。

身も心も温まります。。。
この、きよし西口の「とり大根」とっても美味しい!!
西口・料理長お勧めの料理です。
ごちそうさまでした。 また作ってね!!

0.52×0.48=0.2496

20141215
衆議院選挙の投票率が52%。
自民党の得票率が48%。
選挙民の1/4未満の支持率にも関わらず、
自民党は衆議院での単独過半数を維持した。

こうなるための小選挙区制度であり、またこれは、
今後も継続して自民党が与党であり続けるための
重要な要諦でもある。

故に、現状の政治体制が継続する限りは、
「投票率向上のための選挙制度改革(変更)」は
絶対に行われないと断言できる。

 例えば、コンビニ投票、
 例えば、インターネット投票、
 例えば、期日前投票の完全自由化、
 最後は、投票行為の義務化だ。

これらを実現すれば、地方・国政を問わず、
選挙の投票率は確実に向上すると言われている。
しかし、このような有効な手立ては、今の政権与党
には絶対に避けなければならないことだ。
要するに、いずれの選挙地盤にも属さないいわゆる
「浮動票者」の投票は絶対に阻止しなければならない。

今の自民党の中で、国民の選挙への投票率の向上を
本当に(本気で)考えているのは、小泉進次郎君くらいでは
ないだろうかと思う。
ただその彼とて、国会議員である前に自民党員である。
自民党の老人達が絶対的に反対する前述したような
本当に効果のある選挙投票率向上案は、間違っても
口にはできないのである。

まるで国民を馬鹿にしたかのように、国政での
選挙投票率を50%~55%程度と想定して衆議院を
解散する狡賢いアベソーリ君。
「どうせ自分が投票しても何も変わらない」からと、
民主主義を自ら権利放棄する頭の悪い貧国民。

今回選挙の北海道ブロックでの「支持政党なし」党の
獲得票数が10万票だった。 首都圏民よりも北海道民の
方がいくらか頭が良いことが証明されたように思う。

今回の選挙で、自民党が一番怖いと思ったのは、
この10万票と言う数字の持つ「民意」だったのでは
ないだろうか。

Secret Jazz Live in Kiyoshi

Georgia on my mind (我が心のジョージア)
ジャズのスタンダード・ナンバーですが、
河上さんのベースと細野さんのギターが心に
響きます。

有名なジャズ・ベーシストである河上修さんの
生演奏を久しぶりに聞くことができた。 今回は、
ギターの細野よしひこさんとのデュオ演奏。
限定15名のシークレットライブで当にプレミア
チケットだ。 休憩をはさんで入れ替えなしの
2回公演に感激。

鳴り響く金管楽器も良いけれど、静かに聞き入る
弦楽器のデュオもまた最高に素晴らしい。

「ジャズと言う音楽のジャンルがあるのではなくて、
ジャズな人がいるだけ」とはある有名人の名言だが、
奏でる人も聞く人も、皆が体を揺らしている様は
まさにジャズそのもの。
20141214_jazzlive01
今回のJazz Liveでは、特製オードブルがまた素晴らしい !!
ワインがグビグビ進みそうな….見るからに美味しそう。
食べると、どれもこれも本当に美味しい !!

素晴らしい音楽と美味しい料理。
最高の休日でした。
20141214_jazzlive02

サタデーナイト・ジャズコンサート

20141213_jazz01
今月のサタデーナイト・ジャズは、スペシャル企画で
クリスマス・ジャズ・コンサートになった。
Ocean Diamond Bigband を含めて3組のバンドが
参加する。

ビッグバンドが中心と言うことで、お客さんの年齢
層も高く、昔を懐かしく思い出しながら聞いている
のでしょう。

スタンダード・ナンバーだけでなく、クリスマス関連
の曲もあり楽しい時間はあっと言う間でした。
次回のサタデーナイト・ジャズがまた楽しみ。
関係者の方々に感謝&感謝です。
20141213_jazz02

デパ地下の楽しみ

20141211_depa01
所用の買い物があってデパートの地下食料品売り場へ
行った。 目当ての品を買い求め、周辺売り場を散策
していると、目に付くのは実に珍しい物ばかり。デパ
地下には近隣では売っていない珍しい品や面白い品々
が売られている。

まずは珍しい、サバ・スモーク
フレッシュオリーブやサンマの燻製、
納豆の干物からうなぎ蒲焼の缶詰まで….。
どれもこれも酒の肴には最高だ !!
思わず手が出てしまいつい買いすぎてしまう。

サバ・スモークとフレッシュオリーブは、
実に美味い。これは間違いのない優れものだ。
たまには、デパ地下へ足を運ぶのもまた楽しい。
20141211_depa02
20141211_depa03
20141211_depa04
20141211_depa05