月別アーカイブ: 2014年11月

タマノイ「すしのこ」

20141130_sushinoko01
新鮮な美味しい魚が手に入った時には、お寿司
(にぎり寿司)が食べたくなるものだ。でも自宅で、
にぎり寿司を作るのはなかなか難しい。 そんな時、
ラップで簡単にできる手毬寿司がお勧め。

ネタの新鮮魚とすし飯とわさびとラップがあれば、
あっと言う間で簡単にお寿司が食べられる。

本来は、少し硬めに炊いたご飯にすし酢を混ぜて、
すし飯(酢飯)を作る。 元のご飯が柔らかかったり、
お酢が多いと、べちゃべちゃしたすし飯になってしま
う。 逆に硬く炊いてしまうと、そのすし飯はパサパサ
して美味しくない。

素人がすし飯(酢飯)を用意するのは容易では
ない (笑)。 プロ(寿司職人)のように簡単には
いかない。

そんな時、タマノイ「すしのこ」が便利。
「すしのこ」は、粉末のすし酢なので、
普通のご飯を簡単にすし飯にすることができる。
酢の加減も味を見ながら調節することができる。
素人が簡単にお寿司を作ろうとするなら、
タマノイ「すしのこ」は必需品だ。

新鮮魚がなくても、すしのこがあれば、
生ハムの手毬寿司も….。
20141130_sushinoko02

中国排除!! “Baidu”撲滅運動実行中!!

20141129_china01
日本の中央省庁でも使用禁止が通達されている中国製の
日本語入力システム「Baidu IME」。 このbaiduはユーザ
がインストールした覚えがなくてもいつのまにかインスト
ールされている。フリーソフトをインストールする際に
簡単に「実行」をクリックすると、baiduがインストール
される。 これを避けるには「カスタム」にして、baiduの
インストールを解除しなければならない。

このbaiduが厄介な一番の理由は、中国製のシステム
アプリであり、コンピュータ内のデータを盗み見られる
ことと、そのデータが中国側に転送されると言う点に
ある。baiduに関わらず、一般的に中国製のアプリは
絶対に使用しないと言うのが先進国の懸命な判断と言
える。

このbaiduが厄介なもう一つの隠された理由がある。
baiduは「Baidu IME」だけなく、hao123など他の多
くの派生アプリを次々と先進国に送り込んできている。
hao123もBaidu IME同様にユーザの意識外でインスト
ールされるので、削除への対応がどうしても遅くなって
しまう。 さらに、Baidu IMEやhao123は一般的な削除
手順だけでは、baiduは消せないと言う問題がある。

コンパネの「プログラムと機能」から当該アプリ(Baidu
や hao123)を削除するだけでは、すべてを削除する
ことはできない。 また、regeditでレジストリからbaidu
を検索(CTRL+F)してそれらすべてを削除してもまだ
完全とは言えない。 PCを再起動するとbaiduはゾンビ
のように復活してくることがある。

ローカルPCのCドライブ内で “baidu” を検索してその
すべてを削除する。 regeditでレジストリ内で “baidu”
を検索してそのすべてを削除する。 この状態からPCを
再起動して、Cドライブ内で “baidu” を検索すると以前と
同じようにbaiduの各フォルダーやファイルが復活して
いる。 ここで、baiduが仕込んだアプリでbaiduの文字列
を持たない派生アプリがどこかで隠れて動作していること
が判明した。 タスクマネージャを起動して、不必要に
起動しているアプリを探すと “Weather.exe” なるもの
が動作していてこれがbaiduをゾンビのように復活させ
ていた。 いくらbaiduに関連するファイルを削除しよう
とも、またレジストリを削除しようとも、再起動時に
新しくファイルを作成し、レジストリを書き換えている
のがbaiduの実態と言える。まさにゾンビだ。
20141129_china03
このweather.exeと言うアプリは、ツールバーの中で
各地域の天気を表すものなのだが、見た目はYahooツール
バーを装っていて、一目見ただけではbaiduの悪事とは
思われない工夫がしてある。 ただ、その実行ファイルの
プロパティ詳細を見れば、これがbaiduのアプリである
ことが明確になる。
( c:\program files (x86)\WeatherTool\Weather.exe )

Baidu IMEからHao123そしてWeatherToolと、手を代え
品を代えて中国の野蛮なbaiduは先進国への進入を図って
いる。 あなたも一度、ご自身のPCで”baidu”を検索して
みればいかがでしょうか? まぁ、ほとんどのPCにbaiduは
存在します。 あ~ぁ怖い怖い。

中国排除!! Baidu撲滅!! (爆笑)
20141129_china02

万来軒のラーメン

20141128_banraiken04
20141128_banraiken01
JR蕨駅近くの中華料理店「万来軒」。 ここの
ギョーザ(350円)がめっぽう美味い。 大きさ、
焼き加減、餡の味、皮の厚みから食感に至るまで、
本当に美味しい。 ギョーザに関しては、横浜中華街に
出向く必要はない。

この「万来軒」、ラーメン(450円)もまた非常に
美味い。 時代に流されないシンプルな醤油ラーメンで、
流行廃れがなく安心して食べることのできる懐かしい
ラーメンでもある。 麺は細めでスープに絡む。スープの
見た目の色は濃いが、実際の味は薄めで飽きない味。
昔、田舎のおじいちゃんの家(食堂)で食べた中華そばを
思い出すような優しい味のラーメンだ。

このラーメンとギョーザとお酒(熱燗)があれば、
今夜も幸せだ。
とっても、美味しかった !! ごちそうさまでした !!
20141128_banraiken02
20141128_banraiken03

2017年4月に消費税10%へ増税 !!

20141127_kokkai
去る11月21日に衆議院が解散した。
結局、国会議員の定数削減や歳費削減は実行されず、
公務員削減は全く触れられないどころか国家公務員の
給与は引き上げられた。

今回実施される衆議院選挙では、自民党は楽勝し、
公明党と合わせた与党過半数は確実と言って良い。
では、今回の選挙で国民は何を判断すると言うのか?
現在の自民+公明の政権が維持されると、以下の事項が
確定的になる。そのことへの是非を有権者は賢明に考え
る義務があると言える。


その①
約2年半後の2017年4月に消費税は10%に上がる。
これは絶対に実行される確定事項になります。
2017年3月の時点でどんなに市場景気が悪くても、
市況が悪くても、円安が加速度的に進行して中小企業
の倒産が連鎖発生したとしても、2017年4月1日から
消費税は10%になる。 この増税実施への信任が問わ
れている。 庶民の家計よりも国の税収を最優先する
と言うことへの是非判定。


その②
国権の最高機関である国会の議員数は減らさない。
違憲格差で選挙区割りの変更に伴う多少の減数がる。
それで議員減数したと誤魔化そうと言う考えだ。
国会議員でいると権力も地位も金も手に入る。
こんな美味しいイスの数を減らすのは嫌だと言う
素直な自民党国会議員のエゴ的考えです。

国会議員が多ければ、それに伴う経費も増加する。
公設秘書や国会職員だけでなく、先生方の答弁書を
作る官僚君たちの仕事も多くなる。 公務員の数は
減らすどころか、増やすことになる。 いまの国会
議員の主な仕事と言うと、うちわを作って盆踊りに
行くことや、顔写真入りのワインを作って選挙区の
地元民に配ることや、選挙区の有権者を観劇に招待
することなどだろう。 そんな国会議員とそれに連な
る公務員たちの生活を維持するためにも多額の税金が
必要となってくる。 そのためにも消費税増税は不可欠
で、増えた税収は “特権” の最高機関である国会議員が
自由に使って良いことの是非判定。


その③
日本国内の原子力発電は今後も拡大継続する。 莫大な
事業経費を必要とする原子力発電は、電力系の族議員の
活動の根拠でもありまた、所轄官庁の官僚君たちが天下り
する行き先として最重要事業となっている。従来型の火力
や水力と比べて、原子力では莫大な金が動く。

電力供給量が足りるとか足りないとかは重要ではなく、
原子力発電所を拡大継続することこそが重要なのだ。
国会議員や官僚、電力会社のために、原子力発電は、
今後も拡大存続が必須と言うことへの是非判定。

福島の原発事故による本当の恐怖….、すなわち
燃料棒からの放射能拡散が実際に世界的問題になるのは
数十年から100年以降先の問題であり、今の国会議員や
官僚君や電力会社の重役連中にとっては関係のない話。
自分達はその頃には生きていないので、放射能がどう
あれ関係ない。それよりも今の金脈を大切に維持した
い ….と言うのが彼らの隠された本音だ。


日本と言う国は、いつからこれほど情けない国に
なってしまったのだろう。
日本人と言うのは、変わることが嫌い。
日本人と言うのは、他人と同じが好き。
日本人と言うのは、政治的に考えない。
もしかして、日本人と言うのは….、
未だに天皇陛下が国の全権を持っているとでも
思っているのだろうか。

「主権在民」と言う言葉を理解できない “頭の悪い”
日本人は選挙に行かない。 国政選挙の投票率が60~70%
程度でしかない。 地方選挙においては50%を下回ること
もざらにある。

全般的に日本人は、選挙に関心がない。 なぜ選挙に
関心がないのか。 それは「主権在民」と言う言葉を
知らないからか、理解できないからではないだろうか
と思う。 日本の平和ボケの一番大きな弊害とも言える。

私達が住むこの国は、北朝鮮でも中国でもなく日本に
他ならない。 日本なのだから、国民主権が大原則で
あり、民意が一塊になれば、政権はいつでも代えること
が(本当は)できる。 このような国民主権の素晴らしい
国に住みながら、その権利を自ら放棄するような輩は、
イスラム国へでも行って米国の空爆で死んでしまえば
良いと思う。

今回、アベソーリ君が解散を断行した前提として、
どうせ投票率は62%~67%くらいだから、大きな政変
はありえないよ。 ….と、読んでいるに違いない。
そして、実際の投票率も80%を超えるようなことは
ありえない。 だって、どうせあなたたちは投票に
行かないでしょ ??

よって、選挙を経て現行政権は民意に信任されたこと
になり、景気や経済状況とは無関係に2017年4月1日
に消費税は10%になる。 今回の消費税の増税分は福祉
だけに使うわけではありません。 そんな約束は一切
いたしません。 国会議員の定数削減も検討はしてみる
が、実際には行わない。 ….だって、あなたたち(国民)
が自民党+公明党が良いって、選挙で選んだじゃない
ですか (笑)。

後は、地道にお金を貯めて、将来は海外移住だな。

かきの天ぷら

20141126_kakiten
「かきの天ぷら」を知ってますか?
牡蠣じゃなくて、柿です。
しかも、干し柿の天ぷら。

これが意外と美味しい。
干し柿に熱を加えると、
甘さが増加するだけでなく、
身も柔らかくなる。

天つゆを付けて食べても美味しい。
とても不思議な天ぷらですが、
食べ残した干し柿があれば、
是非一度お試しください。
意外といけるかも。

キスとイシモチの手毬寿司

20141124_temarizushi01
昨日釣ったキスとイシモチを一晩冷蔵庫で寝かせた。
今日はこれを使って手毬寿司を作ることに。

ご飯にすしのこを混ぜ合わせて、寿司めしの完成。
ラップに魚を乗せてわさびを付けて、ご飯を乗せる。
後は、手の中でラップをキュッと締めるだけ。
丸くなって出来上がり。

手軽で美味しい、お家でお寿司 !!
お刺身と共に、豪華な休日の朝ごはんです。
あ~ぁ、美味しかった。

また来週も釣りに行かなきゃ !?
20141124_temarizushi02
20141124_temarizushi03
20141124_temarizushi04

りんごの豚肉巻き

20141123_ringomaki
先日の豆腐の肉巻きの変化版。
豆腐でなく、りんごを豚肉で巻いた。
今回は、フライパンで焼くことにした。

りんごの皮をむいて食べやすい
適当な大きさに切る。
肉は、豚バラしゃぶしゃぶ用を用意する。
塩・胡椒をした豚肉でりんごを包むように
巻きつける。

フライパンに油を入れて、豚肉を巻いた
りんごの巻き終わり部を下にして焼く。
弱火で蓋をして少し蒸し焼きにして、
豚肉全体に火が通るようにする。
全体に火が通ったら、中火にして
他の面にも焼き色が付いたらOK。

油が多い場合はキッチンペーパーで吸い取り、
仕上げに醤油を回しかけて絡めたらできあがり。

ご飯のおかずに、酒の肴に、お弁当に !!
美味しいよ !!

シロギスの刺身

20141123_kisusashimi
釣ったシロギスの内の大型サイズは、
刺身で食べることにした。

キスは淡白な魚なので、皮は残したままにして
皮面を霜降りにして刺身にすると美味い。

ウロコをきれいに取り、三枚に卸して、
腹骨を取る。
皮を上にしてザルに並べて、
皮面に熱湯かけて氷水で締める。
漁師と釣り人は刺身を豪快に盛り付ける (笑)。

普通の刺身よりも、食感と甘みが増して、
とても美味しいキスの刺身になる。

やっぱり、魚釣りは止められない (笑)。

キスの天ぷら

20141123_kisuten01
釣ったシロギスは、開いて天ぷらに。
刺身で食べれるシロギスを天ぷらにする
と言う、贅沢さがまたたまらない。

中型サイズを中心に15匹ほどを天ぷらにした。
新鮮な魚は、高温でさっと揚げるのがポイント。
ふわふわな身がたまらなく美味い。

これだから、魚釣りは止められない。
20141123_kisuten02

シロギス釣り

20141123_tsuri01
20141123_tsuri04
3連休の日曜日、快晴、無風、波少なし。
天気も良いので東京湾に釣りに出かけた。

午後から気楽に釣りができる午後の半日釣り。
狙い物は、最近良型がよく出ると言うシロギス。
今日の最低目標は、シロギスを20匹。

天ぷらの他に、刺身で食べたい。
シロギスの刺身などはまさに釣り人の特権。
お店で見ることはほとんど無いと言って良い。

午後の半日釣りで12:30出船。
13:00釣り開始で、直後からシロギス連発。
あっと言う間に、ツ抜け。

船長がイシモチ併用での場所移動したこともあり、
14:30頃からシロギスの当たりが低調に。
最終的には、シロギス×26匹とイシモチ2匹。
中型から良型も多く混じったので、結果としては
まぁまぁの出来と言ったところ。

さぁ、帰ってからの調理が大変だ。
20141123_tsuri02
20141123_tsuri03

今夜も和食の魚隆

20141121_uoryu01
美味い魚が食べたくなると、魚隆へ足が向く。
今日は、新鮮なイワシを仕入れたと言うので、
早速、イワシの刺身を注文した。
イワシがとても綺麗。見るからに美味そう。
脂の乗りも良いが、身の締りが最高に良い。
これほどまでに新鮮なイワシも珍しい。

続いては….、
サンマの塩焼きとホッケのフライを注文。
イワシも美味いが、サンマも美味い。
ホッケをフライにするとは考えたものだ。
要するに、何を食べても美味いと言うことだ。
20141121_uoryu02
20141121_uoryu03

豆腐の肉巻きフライ

20141120_nikumaki01
揚げ物を食べたいが、カロリーが気になる。
トンカツが好きだが、コレステロールが気になる。

そんな時は、ヘルシーな揚げ物。
「豆腐の肉巻きフライ」がおすすめ。
水抜きした豆腐を豚ばら肉で巻いて、
卵とパン粉を付けて揚げるだけ。

ボリュームの割りに、お肉は薄切り肉。
揚げ物の中はお豆腐なので、とてもヘルシー。
フライなのに、あっさりしてる。
ご飯のおかずに最高、お弁当にも最適。

使う肉は「豚バラしゃぶしゃぶ用」に限る。
“豚ばらスライス”よりも、しゃぶしゃぶ用の方が
肉の厚みが薄くてとても巻きやすい。

是非お試しあれ !!
20141120_nikumaki02

豆腐の醤油漬け

20141120_toufu01
先日の豆腐の味噌漬けに続いて…..、
豆腐の醤油漬けを作ってみた。

豆腐の水抜き手順までは味噌漬けと同じ。
水抜きした豆腐をジップロックなどの
保存袋に入れ、その中に醤油タレを入れて
袋の中の空気を抜く。

冷蔵庫の中で2日程寝かせると、
豆腐の醤油漬けの出来上がり。
表面の醤油を拭きり、スライスして、
わさびを付けて食べると美味しい。

豆腐を味噌に漬けるとチーズ風味になるが、
醤油に漬けても同じようにはならない。
あくまでも醤油漬けのまま。

それでも、酒の肴としては美味しいです。
20141120_toufu02

和食の魚隆…魚が美味い !!

20141116_uoryu01
20141116_uoryu02
近所に和食の美味しい店がある。
新鮮な魚料理を中心にした料理屋だ。

店主は、京都の料理屋で修業していたらしく、
とても丁寧で美味しい料理を食べさせてくれる。

魚は毎朝、築地で仕入れてくる。
だから、新鮮で美味い。
その日のおすすめの刺身は抜群に美味い。

今日の肴は……、
シメサバ、鰤の塩焼き、イカの塩辛、ひじき煮物。
何を食べても美味い !!
そして安いのが何よりありがたい。

20141116_uoryu03
20141116_uoryu04
20141116_uoryu05

豆腐の味噌漬け

20141116_touhu02
豆腐の味噌漬けを作ってみた。
最初に、豆腐を水抜きして、元の大きさの
2/3~半分くらいにまで水を抜いておく。

水抜きした豆腐の表面に満遍なく味噌を塗って、
それをキッチンペーパーで包んで、
冷蔵庫で1~2日ほど寝かせておく。

一般に「豆腐の味噌漬けはチーズの風味」と
言われるが….、まさにその通り。
とても豆腐とは思えない味に変化する。

そのままスライスしただけでも十分に美味しいが、
醤油を少しだけ付けるとまた格別な味になる。
酒の肴だけでなく、ご飯のおかずにもなる。
20141116_touhu01

一夜干しのフライ !?

20141116_ishimoti01
今日のお昼ご飯は「魚のフライ」。
先日釣ったイシモチのフライだが、
イシモチの一夜干しを冷凍したもの。

そう、一夜干しのフライです。
作り方は、イシモチのフライと全く同じ。
出来上がりのフライの見た目も全く同じ。

ただ…..ひと口食べると、
ホクホクした一夜干しの味がする。
表面サクサクで、中はホクホク ♪♪
とっ~ても美味しいから不思議だ。

まぁ、元の魚の鮮度が良いからできることなのですが。
20141116_ishimoti02

料理長の本日のおすすめ

20141115_shungiku
「春菊とちくわのマヨネーズ和え」

やきとり・きよし(西口店)の料理長のお勧め料理。
春菊とちくわをマヨネーズで和えたものだ。

これが意外と美味いんです !!
酒の肴に最高 !!
少しだけお醤油を足すと、
ご飯のおかずにもなる。
結局、おかわりしちゃいました。

ぐぐるとレシピも出てくるようで、
あなたも、やってTRY !!

寄席に行ってきました。

20141115_yose
久しぶりに、寄席に行って
落語を楽しんできた。
寄席と言っても新宿の末廣亭や、
上野の鈴本へ行ったわけではない。

地元の市民会館で行われた出張寄席だ。
ひとり500円の「ワンコイン寄席」で、
時間にも財布にも、とても優しい庶民の味方。

会場は予想以上の混雑で収容人員700名の
ホールは、およそ8割方が埋まる程の大盛況。
ただ、客席に若い人の姿はほとんど見かけない。
おじいちゃん、おばあちゃん達で一杯だ (笑)。

落語と言うのは、一つの物語の中へ聴衆を
誘い込む一体感が大切で、やはりライブが一番。
テレビや動画サイトなどでは味わえない臨場感を
楽しむことができる。
噺家の微妙な表情や仕草が事細かく見えるので、
笑いの”間”にズレがない。笑う時は会場全体が
一斉に笑いに包まれる。これがライブの楽しさだ。

話の流れは分かっていても、噺家と聴衆が
一緒になって「ワッハハ~」と笑ってしまう。
それにしても、柳家さん喬さんって上手いなぁ~ !!

笑いは健康の源と言う。
以前に、医療の臨床データで、がん患者に
落語や漫才などの演芸を見せて笑うことによる
腫瘍マーカー値の減少と言うのが話題になった。
笑うことで、人の中のナチュラルキラー細胞が
活性し、腫瘍細胞を攻撃することが医学的にも
わかっている。やはり、笑いは健康の源だ。

地元だけでなく、各地域や自治体で
このようなローカル寄席が行われている。
今度は、地元以外のローカル寄席を探して、
こちらから出張してみようと思っている。

それでは、お後がよろしいようで。。。。

萬来軒の餃子

20141114_banraiken01
埼玉県川口に安くて美味しい中華料理屋がある。
JR京浜東北線の蕨駅近くにある「萬来軒」がそれだ。
店の概観は、ごくありふれた「普通の中華屋」だが、
店内に貼ってあるメニューの数がものすごい !!
その上、ラーメンから餃子、焼き物から揚げ物まで、
なにを食べても安くて美味しい。

とくに一番のお勧めは「餃子」(350円)。
上の画像を見てわかる通り美味しいです。

是非一度お立ち寄りください。
夜遅くまでやってます(0:00頃まで)。
20141114_banraiken02

江戸前、イシモチの一夜干し

20141110_ishimoti01
自家製の “イシモチの一夜干し” を焼いて食べた。
鮮度の良い魚なので軽く炙る程度で十分だ。
魚の身がホクホクしていて、とても美味しい。

オーブンでこんがりを焼いても美味い。
身には少し火が入り過ぎたが、頭や尾の部分も
カリカリになって、そのまま食べることができる。

干す際に塩味を付けているが、少し醤油を付けると
ご飯のおかずに最高の味だ!!

….これだから海釣りは止められない。
釣って楽しんで、作って楽しんで、
最後は食べて楽しめる。

また釣りに行こう !!
20141110_ishimoti02

絶品 !! イシモチのフライ ♪♪

20141109_sakana01
昨日釣った、東京湾のイシモチ・キス・アジは、
下処理して一晩おいたので旨みもアップ。

イシモチ20匹はさばいて一夜干しにした。
干物だと近所へのおすそわけにも喜ばれる。

シロキスは開いて天ぷら。
イシモチは三枚下ろしで、フライと天ぷら。
アジも三枚下ろしの状態からフライ。
20141109_sakana02
魚そのものは刺身で食べれる鮮度なので、
天ぷらもフライも揚げ時間は20秒ほどの短時間。
だから、外はサクサクで中はフワフワの状態。
何個でも食べることができる。
とにかく美味しい !!

二人で15匹ほどの魚を全部食べちゃいました。
ごちそうさまでした。
あ~ぁ、美味しかった。
20141109_sakana03
20141109_sakana04

冬になると「鴨」が食べたくなる !?

20141108_kamo01
やきとり・きよしで「鴨鍋」が始まった。
寒くなると「鴨鍋」が恋しくなるものだ。
….今夜は、この冬初の鴨鍋だ。

きよしの鴨鍋は、鴨肉を食べるのではない。
鴨肉はあくまでもダシを取るためのもの。
鴨の脂で炒めたネギがとにかく美味い!!
20141108_kamo02
鴨の旨みをたっぷり吸ったネギをタレに付けて食べる。
大根おろしも相まって、これが非常に美味い。

仕上げは、うどんを入れて「鴨鍋うどん」。
鴨の香りがたまりませんなぁ~。
20141108_kamo03

東京湾でイシモチ釣り

20141107_tsuri01
有給休暇を使って東京湾へ魚釣りに出た。
平日の曇り空と言うこともあって、
乗合い船は自分を含めて客は3人の大名釣りだ。

午前中は波も高く風も強くて非常に釣り辛かった。
潮時のタイミングも悪く、釣り始めて暫くすると、
あっと言う間に潮止まり。

昼前頃からようやく潮が動き始め、魚も動き始めた。
昼過ぎには一時的な入れ食いタイムも訪れて、
釣果はまぁまぁと言ったところか….。
イチモチ×28匹、シロギス×6匹、アジ×6匹。

一年振りの釣りとしては上々の出来か….。
20141107_tsuri03
20141107_tsuri02

やきとり きよし の季節メニュー

20141106_ginnan
秋はぎんなん(銀杏)の季節。 この時期になると
美味しいぎんなん(銀杏)が食べたくなる。

居酒屋チェーン店で年中売っている “ぎんなん” は、
冷凍品またはヒネ(前年物)が多く安いのだが、
色は黄色くてあまり美味しくないのが特徴(?)。

“やきとり・きよし” のぎんなんは、
原則として新鮮な当年の生物しか扱わない。
だから、シャキシャキして非常に美味い !!
炭火で焼いたぎんなんの香りが尚良い。

たまに、季節外れの時期に「ぎんなんありますか?」と
聞いている客を見掛けることがある。どうも一般の
居酒屋チェーン店慣れしているようで閉口してしまう。
日本の四季を知らないのか、それとも、きよしの
ぎんなんを知らないのか….とても残念だ。

カメラのフラッシュが使えないので、画像の写りは
多少くすんで悪いが、実物は本当に綺麗な緑色をして
いる。ぎんなんのまるいひと粒が美しくも感じる。

おもろ(とんそく)

20141106_omoro
「やきとり・きよし」の季節メニューに “おもろ” が
ある。 豚足を圧力鍋でトロトロになるまで煮た物が
“おもろ” だ。

沖縄料理で言う「豚足」とは少し異なるが、これが
絶品だ !! 上にかけてある “きよしの醤油ダレ” が
絶妙にマッチしている。

トロトロのおもろ、秘伝の醤油ダレ、
そして新鮮キャベツ。
他店の “豚足” はもう食べれない……カモ??
是非、一度お試しあれ。