月別アーカイブ: 2014年4月

上野・吉池

20140429_yoshiike01
JR御徒町駅のすぐ横にある吉池。鮮魚から日用品まで何でも揃う大型スーパー。
なかでも鮮魚は、安くて新鮮。「築地へ行くなら吉池で」と言われるほどだった。

その吉池がこの度リニューアルオープンした。これまで主力だった鮮魚売り場は
大幅縮小したかわりに、UNIQLOやGUやユザワヤなどが吉池ビルのテナントとして
入り、これまでの吉池からはイメージ一新した。
鮮魚からファッションへ、これからの時代は鮮魚では儲けが少ないと言うこと
なのでしょう。。。

休日と言うこともあり、リニューアルした吉池は商売繁盛の大混雑。
価格はそれほど魅力的ではなく、古き良き昔の吉池では無いことが
わかった。結局、何も買わずに新・吉池を後にした。
20140429_yoshiike02

再び、札幌国際スキー場

20140420_sapporoF01
札幌国際スキー場は、今日も雲ひとつない快晴の空。
再びスキーウエアに身を包み、いざ純白のゲレンデへ。
トップシーズンでは気にもならないが、この時期はやはり、
コースコンディション(コース荒れ)が気になる。
できるだけ早い時間帯に多く滑って楽しみたい。

ゴンドラ山頂から滑り降りるこの感じがたまらない。
木々に囲まれた林の中を滑る初級者向けの林間コースを、
高速で一気に駆け下りるのもまた楽しい。

あっと言う間の1泊2日。
期間は短いが中身の濃い楽しい旅だった。
次に新千歳空港を訪れるのはいつになるだろうか。
今秋か、それとも来春か….。
いずれにしても札幌は楽しい。
20140420_sapporoF02
20140420_sapporoF03

寿司 「清平」

20140419_sapporoE01
札幌へ来ると必ず立ち寄る店がある。
札幌全日空ホテルB1にある寿司・清平がそれだ。
全日空ホテルと言う場所柄、安くはないが、
決してそれほど高いわけではない。

清平の落ち着いたカウンターに腰を下ろし、
ショーケースの中の今日のネタを確認するところから
寿司の楽しみは始まっている。
20140419_sapporoE02
この清平での一番の楽しみは、まぐろ赤身。
まぐろは、中トロでも大トロでもなく赤身に限る。
ただし昨日や今日仕入れたような物(まぐろ)ではなく、
十分に熟成されたまぐろが必須条件だ。
熟成によって酸味が出て、舌に乗せた時に赤身の鉄分を
感じるくらいになると最高に旨い。

熟成したまぐろの酸味や鉄分と、酢飯の甘味、これに
わさびの風味が交じり合う。
寿司とは本当に奥の深い絶妙な食べ物だと思う。

この清平で長い間お世話になった元店長さんが独立して、
円山付近でお店を構えたらしいことを板前さんから聞いた。
次回の札幌訪問時には、この元店長さんのお店で美味しい
お寿司を食べることを楽しみにしたい。
20140419_sapporoE03
寿司・清平を後にして、市電に乗って市内を散歩。
函館の市電も味わい深いが、札幌の市電も楽しい。
市内中心部を約一周できるのがまた面白い。

今回は時間の関係で入れなかったが、
札幌のお刺身居酒屋「瑠玖」もおすすめの店。
新鮮で美味しい食材をとてもリーズナブルな価格で
提供してくれる庶民の味方です。
すすきの近辺でカニを食べるなら「瑠玖」がお得です。
是非一度お試しあれ(笑)。
20140419_sapporoE04

北の繁華街・すすきの

20140419_sapporoD03
「札幌・すすきの」のランドマークと言えばすすきのビルだ。
すすきの交差点のビルの一面にひげのNIKKAが大きく映し出される
映画やテレビにもでてくる有名な建物だ。
このビルを見ると「札幌に来たな~」といつも感じる。
20140419_sapporoD01
このすすきの交差点から少し歩くと、札幌テレビ塔や、
観光客にも有名な札幌市時計台などがある。
札幌市時計台が、旧札幌農学校(現北海道大学)の演舞場(講堂)
だったことは本州側ではまり知られていない。
また、札幌市時計台は今でもちゃんと時(時報)を知らせるのを
知っていましたか。
20140419_sapporoD02

ジンギスカン 食べ放題 !!

20140419_sapporoC01
スキー場でのランチと言えばカツカレーが一般的だ。
しかしここ札幌国際スキー場では、春シーズン限定で、
「ジンギスカン食べ放題」を屋外テラスで楽しむことができる。

北海道と言えば、ジンギスカン。
ラム肉は苦手と言う人も、札幌を訪れたら是非一度は試してください。
札幌のジンギスカンはマジ美味です。
特に、屋外テラスで食べるジンギスカンはもう最高 !!

結局、2人でお肉4人前、野菜6人前とご飯おかわり。
…. 簡単に食べちゃいました。
風向きによって、スキーウエアに臭いが付くので
注意が必要です(笑)。
20140419_sapporoC02
20140419_sapporoC03

札幌国際スキー場

20140419_sapporoB01
本州のスキー場のほとんどがCloseした4月の中旬とは言え、
札幌まで来ると豊富な雪の量とその質の良さに驚かされる。
ゴンドラ山頂からの眺めも良く遠く石狩湾まで望むことができる。
20140419_sapporoB02
快晴の土曜日だと言うのに来場者も少なく、ゴンドラやリフトを
待つこともなく、コース上での混雑を見ることもない。
関東近辺の狭いスキー場とは違い、コース幅も広くて長い。
大きなターンをしても誰かと接触するようなことはない。
風を感じながら思う存分にスキーを楽しむことができる。
20140419_sapporoB03
20140419_sapporoB04

でっかいどう北海道

20140419_sapporoA01
久しぶりに札幌へ春スキーに来た。
雪の豊富なニセコも考えたが、やはり札幌から交通の便の良い
市内の札幌国際スキー場へ。
いまやネットで探すと安い札幌ツアーは数多くあるが、
今回利用したのは、多額の税金投入と借金棒引きで大幅な
原価低減を達成した日本航空のJALPACKだ。
今のJALPACKは原価も安いが、売価も驚くほど安い !!
土-日の1泊2日で、往復航空券と宿泊&朝食付きで23,500円。
オプションのレンタカーは1日につき2,000円。
20140419_sapporoA02
新千歳からレンタカーで定山渓高原にある札幌国際スキー場へ。
天気にも恵まれ快晴のゲレンデに出るとまずはゴンドラで山頂へ。
照りつける太陽に反して、山頂付近の気温は0℃を切っているではないか。
さすが札幌、4月の晴れた日の昼の気温が0℃とは。。。
20140419_sapporoA03

春スキー♪

20140412_kagura01
雲ひとつない快晴の休日。越後湯沢へ春スキーへやってきた。
先日のガーラ湯沢の「口直し」と言ったところで、今回は
かぐらスキー場へ向う。

今年は、例年に比べて積雪量が多い。温暖化はどこに行った?
と言う感じで、多少緩んだ雪の上を楽しく滑走する。
風もあり、、若干肌寒いくらいだが、ガツガツ滑るには
丁度よい天候でもある。
20140412_kagura02
かぐらスキー場は標高もあり、雪の質・量ともに申し分ない。
東京からのアクセスも良く、関東エリアでの春スキーのメッカとも
言える場所だ。適度な滑走距離と十分なコース幅 。。。
何より素晴らしいのは、人が少なくてリフト待ちや
コース上での混雑がほとんど無いことだ。
….これだから春スキーは止められない。
20140412_kagura03
20140412_kagura04
20140412_kagura05

サクラ….咲く

20140405_sakura01
春一番が過ぎ、あっと言う間に東京に春がやってきた。
桜の満開時期と春の嵐が重なって、今年の桜の身頃時期はとても短い。
「上野恩賜公園」の桜はすでに散り始め、楽しみにしていたお花見は
場所を変えざるを得ないことになった。
北区の「飛鳥山公園」も良いが、
まだ一度も行ったことのない「大宮公園」へ 。。。。
20140405_sakura02
大宮公園の桜も満開の時期を過ぎすでに多少散り始めの状態。
とても残念だが、自然の仕業だから仕方ないと諦める。
広い公園内には多くの家族やグループがお弁当を広げて
宴(うたげ)の真っ最中。
昼間から公園でお酒を飲めるのも花見の良いところ。
日本人に生まれてホント良かったと思う(笑)。

風が吹くと、頭上から桜の花びらが舞い降りてくる。
まだ少し肌寒いこの時期、桜を眺めながらの熱燗が身に染みる。
20140405_sakura03
20140405_sakura04

東・西の庶民の天ぷら

大阪市内に住む庶民にとって「紅生姜の天ぷら」ほど、
安くて美味しくて身近な食べ物はないと思う。
ご飯のおかずに、酒のつまみに、お弁当に….。
市場の惣菜売り場に必ず置いてある必須商品で、
大阪市内で生まれた人なら絶対に知ってる味でもある。

この「紅生姜の天ぷら」を東京ではまったく見かけない。
「東京では紅生姜を売ってないのか?」と思うほど、
天ぷらのネタでは見ることがないから不思議だ。

今でこそ、大阪でも普通に納豆を売っているが、
以前の大阪では「納豆」と言えば「甘納豆」を示し、
醤油をかけて食べる「納豆」など見ることも知ることもなかった。

この納豆と言う食材、普通に食べても美味しいのだが、
やはり天ぷらにすると酒のつまみとして最高に美味い。
納豆・ねぎ・紅生姜・衣を混ぜて油で揚げるだけ。
外側はカラッとしているが中はふわふわ。

あ~ぁ、今夜も酒がすすむ 。。。。(笑)
20140403_tenpura