月別アーカイブ: 2014年1月

JR塚本駅

20140131_tsukamoto01
JR大阪駅から神戸方面へひと駅隣に「塚本」がある。
大阪までわずか3~4分の距離だと言うのに、塚本駅前は
大阪の下町そのものの風情。駅前にはたこ焼き屋があり、
駅から1~2分ほど歩くとお豆腐屋さんが現れる。
東京では最近めったに見かけない豆腐屋だ。

大阪と言う所は、市内全体が下町のようなもので、
大阪(梅田)や難波(南)などの一部エリアを除くと、
下町の風が流れるとても便利で住み易い町と言える。
20140131_tsukamoto02
20140131_tsukamoto03

大阪

20140131_osaka01
半年ぶりに大阪へ行った。
これまで、大阪駅は通過するだけで外側から眺めるのは
本当に久しぶりだ。昔とはずいぶんイメージが変わったものだ。
大阪駅周辺の外観だけを見ると、ずいぶん都会に変貌を遂げた
ように感じるから面白い。

「大阪の人は歩くのが速い」とテレビやラジオの番組などで
よく言われるが、今の大阪に住む人の歩みはそれほど速くない
と思う。梅田周辺を歩くと周りの歩みの遅さにイライラすることが
本当に多い。
「昔の大阪の人は歩くのが速かった」と言うのが正しい表現
なのかも知れない。
20140131_osaka02
20140131_osaka03
20140131_osaka04

話題の仮想化と言う奴

20140121_vmware
昨今、コンピュータの世界を大きく変えた「仮想化」と言う技術。
Windows系はさて置き、VMWare ESXiの技術には驚くばかりだ。
この優れた技術をある条件化では無償で利用できると言うのだから
驚きは止まらない。
持ち運びすることが無いのであれば、自宅や企業内に何台もの
ハードウエア(コンピュータ)を置く必要はない。
台数によっては月々の電気代もバカにならない。
VMWare ESXiを使うと複数の各種OSを稼動させても
ハードウエアは1台だけで良い。

別に複雑な大規模システムをインテグテートしようと言う訳ではない。
最新のIT技術を有効的に活用して豊かな生活を送ることを考えているだけだ。
まぁ、これは誰でもできると言う訳ではなく、基礎となる最低限の技術は必要
となるのだが、今はインターネットを駆使すれば技術説明文書はいくらでも
入手できる。あとはやる気と根気の問題だ。

ジェットスター再び…….

20140128_jetstar01
安いと言われるLCCのジェットスター。
東京-大阪間では僅か1,740円の差額。
しかもLCCの場合は、機内持ち込み荷物以外は有料になる。
また機内では、服薬用の水までもが有料になる(洗面所の水を飲めば無料)。

さらに、使用機材はエアバスのA320だ。
航空機材として小さく座席が狭いだけでなく、
世界中でよく事故が発生して「落ちる機材」としても有名だ。
(まぁだから機材の価格も安いのかも….)

僅か1740円のためにそこまでのリスクを冒すことはない。
….と言うよりも、利用者からすると、
ジェットスタでの東京-大阪便は間違いなくハイコスト便と言える。
自身の時間を犠牲にし、身体も犠牲にして、
ただ単に財布から直接的に出るお金(金額)を減らしているだけのこと。
これからは、もうごめんだ(笑)。
さようならジェットスター 。。。。
20140128_jetstar02

幕下付出・逸ノ城(いちのじょう)

20140127_ichinozyo02
大相撲・湊部屋に大型新人が入門した。
モンゴル生まれで鳥取からやってきた「逸ノ城」だ。
1月場所は幕下付出(15枚目格)で登場した。
外国人力士が幕下付出としてデビューするのは初のことらしい。
幕下付出は実業団での優勝実績が決め手になったと聞くが、
彼は元高校横綱でもある。なんと言っても体が違う。
これまで親しくしている濱湊君や大湊君たちと比べると
まるで大人と子供と言う感じだ。
稽古をしていても全く歯が立たないらしい。
湊部屋の力士たちも格の違いを肌で感じているらしい。
1月場所の成績は6勝1敗の好成績。
次の3月場所では、幕下上位に上がっている。
3月場所でも今場所のように大きく勝てば
十両昇進は間違いない。
いよいよ湊部屋も盛り上がってきた。
またこれで日常の中での楽しみが一つ増えた。
20140127_ichinozyo01

大相撲一月場所・湊部屋打ち上げ

20140126_minatobeya01
大相撲1月場所は千秋楽の決定戦で横綱白鵬が優勝を決めた。
埼玉県川口市にある小さな湊部屋では、期待の大型新人が
幕下付出しでデビューし、初めての場所を6勝1敗の好成績で終えた。
東京場所恒例・湊部屋での千秋楽打ち上げは、新年の1月場所と
言うこともあり多くのお客様で大いに盛り上がった。

期待の新人と共に勝ち越し力士も計4名いて湊親方も上機嫌。
1部屋1外国人と言うルールもあり、湊部屋にも大きく期待できる
外国人力士(モンゴル出身)が登場した。高校横綱・実業団優勝などの
経歴を持つ期待の星だけに、体も気持ちも甘さがない。
彼の入門によって、湊部屋の他のお相撲さんにも良い影響が
出てくれることを期待している。
4番勝てば良いのではなく7番全て勝つ気で土俵に上がる。
やはり稽古に向かう気構えや稽古の内容も変わってくるだろう。
20140126_minatobeya03
次の東京場所(5月)では、湊部屋にも新たな関取が誕生している
かも知れない。この恒例の湊部屋打ち上げの様子も変わっていく
のだろう。
濱ちゃんもと勝ち星を!!、松っちゃん負けるな!!
20140126_minatobeya02
20140126_minatobeya04

LCCは本当に得なのか ?!

20140125_jetstar01
LCCのジェットスターを使って「東京-大阪」を往復した。
さすがにLCCだけあって往復の航空券は13,300円と格段に安い。
但し成田-関空便でいずれの空港もアクセスが不便で移動コストが高い。
成田空港まで京成スカイライナーを使うと片道2,400円。
関空から梅田(大阪駅)までリムジンバスで片道1,500円。
往復すると空港アクセスだけで7,800円にもなる計算だ。

全日空などの通常エアラインで往復した場合、特割の往復航空券だと
片道10,170円。但し、便利な羽田-伊丹便が利用できる。
いずれの空港もアクセスが良いので、往復しても2,500円ほどにしか
ならないし、移動時間もかなり省略できる。

冷静に現実的な価格を比較を行ってみた。
・LCC:往復航空券13,300円+往復空港アクセス7,800円=合計21,100円
・ANA:往復航空券20,340円+往復空港アクセス2,500円=合計22,840円

結果、往復で1,740円の差でしかない。
この1,740円のために、まだ暗闇の早朝に起床し成田空港へ向かい、
関空から1時間半以上もの時間をかけて梅田へ向かう。

極端に便数が少なく、空港アクセスも不便さ(特に関空)を考えると、
大阪行きに関しては今後LCCを使うことは絶対にないと断言できる。
東京から福岡や鹿児島などへ移動するにはジェットスターなどのLCCは
メリットはあると思うが、大阪への移動ではメリットは全く感じられない。
LCCとはローコストであってロープライスではないと言うことだ。

ただ、いまの国内の航空会社で一番のローコストエアラインと言えば、
間違いなくJALだ。「借金棒引き&税金免除」で社長は笑いが止まらない。
しかし、このローコストエアラインもロープライスではない。。
今のうちにせいぜい社内留保を増やしているのだろう。

空の旅はやはりANAが一番快適だ (笑)。
20140125_jetstar02

そば湯割り ホット&アイス

20140119_misato01
埼玉県蕨市に美味しい手打ちそば&うどんの店がある。
駅から近いが目立たない場所にありとても隠れ家的な場所と言える。
「味里」と言う名のこのお店、そばも美味いがうどんも絶品だ。
釜揚げうどんと野菜てんぷらのセットがおすすめ。
最近巷に溢れているチェーン店とは赴きが違う。
20140118_misato02
さらにこの店の魅力がもう一つ。
濃厚なそば湯で割ったそば湯割り(焼酎)がとっても美味い。
他では味わうことのできないそば湯割りを楽しむことができる。
ここのそば湯割りは、通常の温かいそば湯で割る「ホット」
だけでなく、焼酎を冷やしたそば湯で割り氷を入れる「アイス」も
できるから驚きだ。
20140119_misato03
濃厚な冷たいそば湯割り、是非一度お試しください。
絶対に癖になる味です。
20140118_misato04
20140119_misato05

ビッグバンド♪♪

ビッグバンドを知っていますか ??
ジャズのアンサンブルですが形態としてジャズオーケストラとも
言われます。トランペット、サックス、トロンボーン、ドラムス、
ギター、ベース、ピアノとすべての楽器が勢ぞろい。
ビッグバンドジャズの魅力は、何と言っても楽器から出てくる音の迫力。

20数年前にあるビッグバンドでトランペットを吹いていた先輩から
何度か演奏会に誘って戴いける機会があり年に数回は聞いていたことがあった。

今回久々に、ビッグバンドが奏でる迫力の音色に触れる機会を得た。
いつも通っている「やきとり屋」のマスターがジャズをやっていて、
そこのビッグバンドの演奏会を聞きに行くことができた。
久しぶりのビッグバンドは感動もの。バンドメンバーも17人と勢ぞろいで
迫力満点。アンコールを含めて全20曲。あっと言うまの2時間だった。
やっぱりジャズはいいねぇ。ビッグバンドは本当に心地よい。
次回また計画があるようなので今から楽しみだ。

打ち上げのそば屋がまた最高だった(笑)。
20140118_bigband

牡蠣の揚げ餃子

テレビ東京の「男子ごはん」の中で料理研究家のコウケンテツさんが
紹介した「牡蠣の揚げ餃子」を家で作ってみた。生牡蠣を醤油などで
下味を付け、ネギと大葉を一緒に包んで揚げるだけ。

この揚げ餃子、餃子と呼びながら春巻きの皮を使うところが面白い。
餃子の皮よりも春巻きの皮の方が揚げた時にカラッと仕上がるそうだ。
確かにカラッと揚がってとても美味しい。

今回は牡蠣の他に、チーズも巻いて揚げてみた。
とても簡単なのにとても美味しい。

久しぶりの揚げ物だったが、油の処理が悩みの種だ。
20140113_kakigyoza

美味!! ホッケの燻製。

「魚の干物を燻製にすると美味しいらしい」と言うのを
インターネットで知った。干物を焼くのではなく燻すと言うわけだ。
確かに燻製の風味が利いて美味しくなるように思える。

早速スーパーへ干物を買いに向かった。
アジの干物ではあまりに普通なので、ホッケの干物を買うことにした。
家に帰って慣れた手順で燻製の準備をする。30分もすると
とても美味しそうなホッケの燻製が出来上がった。

色も良いが香りも良い。食べるとこれがまた非常に美味い。
そのまま燻製の風味を味わうもよし。
ほんの少しだけ醤油をつけて食べるもよし。
干物は燻製に限る!!
20140114_hokke

寒い夜はおでんに限る

寒い夜は家で温かい物が食べたくなる。
そんな時は、赤羽・丸健水産のおでん(種)に限る。
厚揚げ、焼ちくわ、さつま揚げ、ロールキャベツなど。
ここにウインナーを入れるとまた格別だ。
ふわふわのハンペンは食べる直前に鍋に入れて3~4分。
アツアツのフワフワがまた美味い。

熱々のおでんには、冷たいハイボールが美味い。
おでんとハイボールで身も心も温まる。
寒い日が続くけど、さぁ明日も頑張ろう!!
20140111_oden

越後湯沢はスキーパラダイス !!

20140103_yuzawa01
一夜明けた越後湯沢は驚くほどの快晴。
ホテルの窓からは眩しく広がる銀世界。
昨夜の吹雪が嘘のような快晴の空が美しい。

湯沢パークスキーリゾードは、意外と穴場のゲレンデで、
お正月休みのこの時期でもリフト待ちはほとんどありません。
今年は雪の質も量も全く申し分ありません。
適度の固まった新雪がスキーのエッジを確実に捉えてくれ
心地よい滑りが楽しめます。湯沢パークは、標高が低いこともあり、
天候が大幅に荒れることもありません。
なんと言っても……、
この青空と空いたゲレンデが大好きです。
20140103_yuzawa02
20140103_yuzawa03

越後湯沢の夜は更けて

20140102B_yuzawa01
夕方になるとゲレンデは吹雪に。
ゲレンデのナイター照明は綺麗で良いが、
横殴りの雪が邪魔して先がよく見えない。
スキーもそこそこに、越後湯沢駅東口にある居酒屋「越後や」へ。

以前に何度か食べたが、ここの馬刺しはけっこう美味い。
湯沢町でなぜ馬刺しなのかはさておき、ここ「越後や」の
馬刺しは安くて美味しいおすすめ品だ。
あとは、八海山の米焼酎をロックで戴く。

地元新潟の美味しい八海山の米焼酎を戴きながら、
越後湯沢の夜は更けていく 。。。。
さぁ、明日もスキーだ !!

….八海山の米焼酎おかわりください~い !!
20140102B_yuzawa02

新年・初スキー 寒い !!

20140102_yuzawa01
新年あけましておめでとうございます。
例年通り、新しい年のはじめは雪の上。
今年は、越後湯沢(新潟)にて新年スキーを楽しむことになりました。
天候はあいにくの降雪で、雪国の寒さが身にしみます。
なにはともあれ、みなさまこの一年、元気にがんばりましょう。
まずは「越後ビール」で乾杯~ !!

お正月なのに、天候の影響もあってか、
ゲレンデは人影もまばらなガラガラ状態です。
「リフト待ち」などと言うのは、ほぼありません。。。
なんとも贅沢な新年スキーです。
それにしても寒い~ !!
(湯沢パークスキーリゾートにて)
20140102_yuzawa02
20140102_yuzawa03

越後湯沢

20140101_yuzawa01
およそ8ヶ月振りに越後湯沢に降りた。
トンネルを抜けると、当にそこは雪国。
冬の越後湯沢は賑やかになる。帰省あり、スキーあり、温泉あり、
とにかくあちこちから人が多く集まってくる。

越後湯沢に着いたらまずは腹ごしらえ。
駅構内にある「立ち食いそば・湯沢庵」は欠かすことができない。
今回は、海苔そばを注文した。磯の香りが漂う美味しい蕎麦です。
この「湯沢庵」、以前よりも美味しくなったような気がするが、
気のせいか。。。。??
20140101_yuzawa02
20140101_yuzawa03
20140101_yuzawa04