月別アーカイブ: 2013年12月

竹ノ塚 光の祭典

20131223hikari01
東武線竹ノ塚駅の東口から元渕江公園までの約1km、街路樹には
「光の祭典」と言う名の無数のイルミネーションが綺麗に飾り付けられる。
これまで毎年、このイルミネーションの下を数え切れないほど歩いてきた。
今年、この「光の祭典」の本会場へ初めて足を運んでみた。

公園の至るところで様々なイルミネーションが輝いている。
公園内は自由に散策でき、軽食コーナーも用意されている。
人込みの中、行列を為してまで見る都会のイルミネーションとは
一味違う、ゆったりした時の中でほのぼのした光のお祭りを楽しむ
ことができる。

去年までは街路樹の輝きだけで満足していたが、こんなに素晴らしい
催しであることを8年目にして初めてしった。
20131223hikari02
20131223hikari03
20131223hikari04

塩瀬のおまんじゅう

創業650年と言う日本最古の和菓子屋がある。
先日、テレビ東京の「たけしのニッポンのミカタ」と言う番組で
紹介された「塩瀬総本家」がそれだ。
秀吉や家康にも寵愛されたと言う由緒ある和菓子店とのこと。
番組では、家康も好んだと言う「本まんじゅう」が紹介された。
おまんじゅうの皮を極限まで薄くしたおまんじゅうで、
中の小豆の味が存分に楽しめる奇跡の逸品だ。
当に「ほど良い甘さ」で、とっても美味しい。
この「本まんじゅう」、1個336円と値段は高いが、
一度は食べる価値がある。
興味のある方は是非お買い求め下さい。
20131223shiose

和楽備神社の酉の市

埼玉県蕨市にある和楽備神社でおかめ市(酉の市)が行われた。
境内には縁起物の熊手が並び、参道には露店が出て賑わいを見せる。
これは蕨の冬の風物詩だ。

いつも飲みに行く「やきとり きよし」の店内に飾ってある熊手も
毎年、店主がこのおかめ市(酉の市)で買ってくるものだ。

縁起物なので、新しい熊手が飾られるとお客さんからご祝儀が出る。
ご祝儀(一般的に1000円札)はそのまま熊手に差し込まれる。
しかしこのご祝儀は、来年の熊手の購入資金に充当されるものなので、
実際にお店の手元に残るわけではない。
なかなか粋な「やきとりや」でしょう ??
20131217kiyoshi

全品300円の中華居酒屋

20131216chinafood01
全品300円均一の中華居酒屋がある。
中華料理のおつまみやご飯物など、どれでも1品300円。
300円と侮ってはいけない。驚くなかれ量と言い味と言い、
普通の中華料理店と変わらない。
全品300円のこの店では、瓶ビールまでもが300円で飲める。
しかも今ではスナックでも見かけない「小瓶」の瓶ビールだ。
この店での一番のおすすめは、瓶ビールと上海焼きそばだ。
上海焼きそばは、食事におつまみにとても美味しい。
その他、酢豚やエビの唐揚げ、各種炒め物など。
2000円もあれば十分に満腹になる。
庶民にとっては素敵な店だ。
20131216chinafood04
20131216chinafood05
20131216chinafood02
20131216chinafood00

休日の贅沢な夜

休日の午後、スーパーへ買い物へ。
鮮魚コーナーを歩いていると、刺身が食べたくなった。
美味しそうなヒラメが目に入った。ヒラメを薄造りにして
ポン酢で食べると美味い。
少しさっぱりしているので、脂の乗ったブリも買うことに。
今夜は、ブリやヒラメの舞い踊り !?
なんとも贅沢な休日の夕食だ。
20131215diner

うなぎとほろほろ鳥の「川栄」

20131214kawaei00
テレビ東京で放送された孤独のグルメ Season3の第一話で
紹介された赤羽にある「うなぎとほろほろ鳥の店・川栄」。
朝から呑めることでも有名な「まるます家」のすぐ近くにある。
うなぎも良いが、ほろほろ鳥と聞くと興味津々でさらに食欲が
刺激される。
番組放送後に何度か赤羽の川栄を訪ねてみたが、満席や
売り切れなどでこれまで堪能することができなかった。

先日、友人が平日のランチ時に川栄のうなぎを食べてきたと
自慢げに言ってきた。これはもう行くしかないと決意した。
決断の時はきた。土曜日の開店時刻に合わせて赤羽に向ったが、
既に店頭には行列が。テレビ放送恐るべし。孤独のグルメ恐るべし。
20131214kawaei01
20131214kawaei02
店内に入り、まずは熱燗を注文するとお通しの鴨の燻製が出された。
たかがお通しと侮るなかれ、これは絶品だ。とても美味い。
こうなると後の品々への期待も大きくなってくる。
本命のホロバラ串は早くも売り切れとのことで、ほろほろ鳥の
合い盛り(刺身とたたきの盛り合わせ)を注文する。
次いで、鶏レバーのタレ焼きとほろ皮ポン酢を注文する。
ほろほろ鳥の刺身は取り立てて言うほどの味ではないが、
ほろほろ鳥のたたきは絶品だ。ニンニク味の付けタレとの
相性も非常に良く脂身も甘くてとても美味しい。
味と言いコクと言い、一般的な鳥たたきとは比較にならない。
20131214kawaei03
20131214kawaei04
そして仕上げは、やはりうなぎだ。孤独のグルメでは最後に
「うな丼」を食べていたが、今日は贅沢に「うな重」を注文。
普通に美味しい。取り立てて美味しいわけではないが、普通に
美味しいうな重だ。

テレビ放送以降、店が大繁盛している影響なのか仕込みが多少
荒いようで、うなぎの小骨が気になった。口の中に残るほどの
うなぎの小骨と言うのはこの手の店では初体験だ。
スーパーで売られている中国産うなぎにはよくあることだが、
こう言うお店で経験するとは思わなかった。
とても残念なことだ。
20131214kawaei05

赤羽のおでん屋

20131214akabane01
休日の午後、東京都北区の赤羽へ行った。
以前に「赤羽ウォーカー」と言う雑誌が販売され、
何軒かのお店が紹介されていた。その中の気になる
一軒が「丸健水産」と言うおでん屋さん。

本来はおでんの種を製造・販売するお店だが、出来上がったおでんも
店頭販売していて、店先のテーブルで立って食べることもできる。
ビールやお酒も売っていて昼から一杯やることもできる。
ちくわや厚揚げと言うおでん種の定番も非常に美味いが、
ハンペンに至ってはそこいらの量産ハンペンとは味が異なる。
“魚”の味と香りがするハンペンには驚いた !!
そして、本物のエビを一匹揚げたエビ天は最高に美味 !!

今年の寒い冬、自宅でおでんを作るなら、
おでん種は是非とも赤羽・丸健水産でお買い求めください。
美味しいおでんを自宅で楽しめます。
20131214akabane02

イルミネーションの季節

20131210xmas01
20131210xmas02
今年もクリスマスが近くなり、街はイルミネーションの季節になった。
銀座や丸の内など人々が多く集まる場所は言うにおよばず、私鉄沿線の
ちいさな駅前でも街路樹のイルミネーションを見ることが多い。

我が家でも小さなクリスマスツリートクリスマスリースを飾った。
毎年、これを見ると年の瀬の到来を感じる。
今年もあと残り○○日。
20131210xmas03

ガテン系弁当 (笑)

昼食時に勤務先近くの車販の弁当を買った。
ワンコイン(500円)弁当で、味はともかく手軽で便利だ。
お昼時も遅くなってお弁当の種類は残り少ないようだ。
何も考えずに「ハンバーク弁当」を注文。
何気に見ていると、野球ボールのような大きさのハンバーグと
お玉ですくうようにソースを掛けている。
「!?」少し嫌な予感もしたが、もう手遅れだ。

これぞガテン系と言う感じで、ご飯は大盛り&味は濃い目。
バクダンのようなハンバーグが威圧感を与える。
もう2度と食べることはないが….、
ITエンジニアには似合わない弁当だ。
20131202lunchi