月別アーカイブ: 2013年9月

伊豆のお土産

伊豆のお土産と言うとわさび。
河津で地域限定のとっても美味しいスナック菓子を見つけた。
わさび丼を食べた「かどや」の店頭に並んでいたものだ。
Callbee「じゃがりこ わさび醤油味」がそれ。

地域限定販売のため東京では販売されていない。
通販についてもかなり限定的。
この「じゃがりこ わさび醤油味」、
食べると驚きの美味しさが口の中に広がる。
帰宅後、インターネットで調べて1箱(12袋入)注文したのは
言うまでもない (笑)。
じゃがりこの到着が今から楽しみでならない。
20130930_izu

生わさび付わさび丼

20130929_wasabi01
テレビ東京の深夜番組「孤独のグルメ Season3」にでてきた
伊豆・河津の「わさび丼」が食べたくて。。。。
チューブ入りわさびを使って自宅で試してみたが、
どうしても本物が食べたくなった。
あまりの美味しさに主人公・井之頭五郎がおかわりをした「わさび丼」。

伊東から河津へ海岸沿いをおよそ40分。そこから内陸へ進んで約15分。
まだお昼前だと言うのに駐車場はほぼ満車状態。
店内には順番待ちの先客がすでに3組もいる。
テレビ放送恐るべし、孤独のグルメ恐るべし。
20130929_wasabi04
食べる手順は番組と同じだ。
わさびをおろして、ご飯を待つ。
思った以上にシンプル。だけど想像以上に美味しい。
飯も美味いが、思った以上に生わさびが美味い。
自社のわさび園で育てているだけあって、わさびが新鮮 !!
わさびの水分が豊富で、甘味さえ感じる。

あっと言う間にわさび丼を平らげ、
お土産コーナーで生わさびを購入。
これで自宅に帰っても「生さわび付わさび丼」を
食べることができる。。。。(笑)
20130929_wasabi02
20130929_wasabi03

伊東駅から徒歩8分の穴場

20130928_yoshino01
伊東駅を出て西へ歩くと住宅街が現れる。
この住宅街の先に今夜の宿、「ホテル よしの」がある。
建物は少し古びた感はあるが、綺麗に掃除されている。
この「ホテル よしの」の最大の売りは、満足の料理。
とにかく出される料理が凄いことになっている。

贅沢なほどの海の幸がテーブルの上に所狭しと並べられる。
伊勢海老を含む新鮮なお刺身。生きたままのアワビを直火で炙る
アワビのおどり焼き。新鮮な肝が美味しいサザエの壷焼き。
キンメの姿煮、カサゴの唐揚げ、ずわい蟹 。。。。
これだけ豪華で美味しい料理が、お部屋で戴けるのがまた嬉しい。
20130928_yoshino02
20130928_yoshino03
20130928_yoshino04
部屋の冷蔵庫には、ビールや冷酒がたくさん用意されている。
呑兵衛にはたまらないサービスだが、つい飲み過ぎてしまう。

朝食も部屋食で、定番のアジの開きの他に、
前夜の伊勢海老の頭を使ったお味噌汁が出される。
う~ん、美味い !!
伊東温泉、最高 !!
20130928_yoshino05
20130928_yoshino04_2

♪伊東へ行くなら○○○♪

20130928_ito01
今日は土曜日の休日。
スーパービュー踊り子号に乗って、伊豆半島の伊東へ行った。
熱海まではこれまで何度も温泉旅行で行っているが、熱海から
南へ下るのは初めて。
伊東駅を降りると駅前は人影も少なく、熱海とは全く異なるイメージ。
地方のひなびた温泉地のような風が漂う。。。
20130928_ito02
20130928_ito02_2
伊東駅前から海岸線までは歩いて数分程度。
東京湾とは違う青い大海原が眼前に大きく広がる。
海に向って深呼吸をすると、とても気持ちが良い。
遠くには初島も見える。
20130928_ito03
20130928_ito04

秋なす

20130927_akinasu
秋なすの季節が訪れた。
いつも行く「やきとり きよし」で秋の新メニューが登場した。
「秋ナスの和風マリネ」

甘酸っぱいマリネ液の微妙な味加減が最高に美味い !!
多少、手間のかかる料理なので、メニューに載らない日もある。
「秋ナスの和風マリネ」をメニューで見つけた貴方、
あなたは幸運な人です。

燻製の日々は続く (笑)

じゃがいもや南瓜などの根物野菜を燻製にすると、
蒸した根菜に燻した香りが付いた感じになってとても美味しい。
そして、スモークで水分が凝縮されるので野菜の味も
濃くなるように思われる。
それぞれの野菜を薄めにスライスして、スモークすると、
おやつ代わりになって、とてもヘルシー。
一度、お試しあれ。
20130922_kunsei

いかくん

酒のつまみで乾き物の代表格に「いかくん」(いかのくんせい)がある。
刺身用の新鮮なイカをさばいて、自家製イカの燻製を作った。
塩などの下味を付けることもなく、シンプルにスモークの熱と
煙だけで仕上げることにした。

燻し加減は少し強めにした。仕上がり具合はが画像の通り。
この「自家製いかくん」の美味しさと言ったら、とにかく
「凄く美味い !!」の一言に尽きる。
少しだけわさび醤油を付けるも良し、マヨネーズを付けるも良し、
素材の味を楽しむため、そのまま食すも良し。
それにしても….、こりゃ美味い !!
20130921_ikakun

たこのみ焼き

いつも作る「お好み焼き」。
今回は、具材をタコのみにして焼いてみた。
具がタコのみだから、たこのみ焼き。

しかしお好み焼きには、やはり豚肉が必須
だったようで、どうにもコクが足りない。
あの豚肉の脂が旨味としてお好み焼きを構成することが
よく分かったように感じる。

と言うことで、たこのみ焼き失敗の巻き。。。
20130915_takonomiyaki

築地で買った魚

築地で買った魚。
新鮮な大型イサキとキンキ。
キンキは焼かずに燻製にした。
イサキはお刺身と湯引きにして味わった。
刺身は甘味があって食感も良くて美味しい !!
湯引きはポン酢で食べる。皮目に味が濃縮されて
これもまた美味 !!
あ~ぁ、幸せ。。。
20130914_tsukizi3_01
20130914_tsukizi3_02

築地と言えば。。。。

20130914_tsukizi2_01
築地での食べ物と言えば、寿司だ !!
築地場外には多くのお寿司屋さんが立ち並んでいる。
丼専門店から立ち食い専門の寿司屋、そして一般的な寿司屋。

築地に来たからには、美味しい寿司は食べておきたい。
たまには贅沢して…、土曜の昼からビールとお寿司。
あ~ぁ、美味い !!
やめられないな~。
20130914_tsukizi2_02

築地探索

久しぶりに築地を訪れた。
築地での目的な新鮮な魚を買いに行くため。
本当は鰤(ぶり)が欲しかったが、丁度良いサイズの物が
見当たらなかったので、大型イサキへ変更。

3連休の初日土曜日と言うこともあり、築地場外は
買い物客と観光客の人で大混雑。
その上、気温も上昇してきて暑い&暑い。
20130914_tsukizi01
20130914_tsukizi02

にこごり

にこごり(煮凝り)を作った訳ではないが、
にこごりができた。ぶり大根のにこごりだ。
少し濃い目の味付けで、醤油・みりん・砂糖・日本酒。
このまま熱いご飯の上にのせて食べたい !!
20130910_nikogori

菊酒

重陽の節句に飲むお酒で「菊酒」と言うものがあるらしい。
先日、居酒屋に行った際にお店の人から菊酒をサービスで戴いた。
ほのかに菊の香りが漂う甘口の日本酒だった。
重陽の節句と言うのをこの年齢になった初めて知った。
そして、菊酒と言うものを初めて飲んだ。
とっても美味しいお酒でした。ご馳走さまでした。
焼酎に菊の花を漬け込む菊酒と言うのもあるらしい。
来年は自家製菊酒に挑戦してみようかな。。。
20130909_kikuzake01

ぶり大根の主役は ??

20130908_burikama01
ぶりと大根を醤油で煮る、ぶり大根。
ぶり大根の煮汁がしみ込んだダイコンが食べたくて、
近所のスーパーでぶりのアラを買った。
出汁と醤油、みりんと砂糖、そして日本酒で味を整える。

先に大根を入れ、煮立ってきたらぶりのアラを入れてさらに煮る。
弱火にして、ぶりの旨味を大根が吸い取るのを待つ。
これで、美味しい「ぶり大根」が出来上がる。
魚が好きな自身でさえも、魚(ぶり)よりも大根の方を食べたくなる。
果たして、ぶり大根の主役とは ??
主役はやはりダイコンだと思うのは自分だけだろうか。。。
20130908_burikama02

いま、燻製がおもしろい !!

20130907_kunsei02
最近、自宅で燻製作りを楽しんでいる。数年前に買ったままの簡易スモーカーを
押入れの奥から引き出して、早速試してみた。
タコ、ウインナー、トウモロコシ、ちくわ、うずら卵、笹かまぼこ。。。
笹かまぼこやウインナーはメチャクチャ美味い !!
笹かまは一度焼いているのだが、スモークのフレーバーが加わると別物に変身する。
20130907_kunsei03
20130907_kunsei04
燻製調理と言うのは、油を使わない上にフレーバーが加わるので、
塩分控えめでとってもヘルシーな料理法。幅広い食材が扱えるので、
楽しみ方は色々。
しかし、初めての燻製では失敗も多い。
生のサーモンをスモークしたら焼き魚になったり、
プロセスチーズをスモークしたら熱で溶けて落ちてしまったり。
それでも燻製は面白い。何と言っても手軽で簡単な上に美味しい。
これから暫く、毎週末は自宅で燻製だ。
20130907_kunsei01