月別アーカイブ: 2012年10月

SEIYU 今夜も24時間営業中。

24時間営業のSEIYUでは、店舗の内装変更も営業中に行うのである。
国内大手のセブン&アイや、イオンなどでは考えられないが、
米ウォルマート・ストアーズ傘下の 「西友」 では、営業中に内装変更を行ってしまう。
営業時間中とは言っても、実際に作業を行うのはもちろん夜間営業時間帯。

カートが通過できるスペースを作ったり、買い物客への対応など、
内装変更の作業を請け負う会社の方も慣れたもの。
「西友」 が実施している 「有料買い物袋」 は大賛成だが、
店舗の内装変更くらいは、臨時休業にしたらどうだろうか 。。。。 と思う。
seiyu01 seiyu02

隣接ビルでボヤ騒ぎ !!

いつも行く 「やきとり 喜よし」 。
昨夜もいつも通りに飲んでいると・・・、
隣のビルがなぜだか騒がしい、火事??

店を出て隣接するビルの様子を見に行くと、焦げたようなにおいがする。
ビルの4~5階の辺りから煙が出ていたとか??
やがて、消防車やハシゴ車が到着し、辺りが騒がしくなる。
「喜よし」 の隣のお寿司屋さんも出てきて心配顔の様子。

幸いにも火柱が立つような火事ではない様子だが、
消防士達は消火放水の準備を始めている。
火事現場の隣で 「やきとり」 を焼くわけにもいかない。
マスターも 「万が一があると大変なので非難しましょう」 と。
boya
結局、放水するまでもなく消防隊は後片付けをはじめた。。。
幸いにも、ボヤ騒ぎで終わったようだった。

でもこのボヤ騒ぎのお陰で、今日は店仕舞い。
なんだか中途半端な飲みで終わってしまった。
まぁ、「続きは明日と言うことで。。。 」 と言って、喜よしを後にした。

これからの季節、火の元には十分に注意しましょう !!

初物 !! きびなご !!

kibinago
初物の 「きびなご」 を買った !!
東京できびなごを食べるなんて言うのは、数年前では想定外。
しかし昨今、味と鮮度は別にして、東京でもきびなごの刺身を食べることができる。
まぁ、見るからに鮮度は悪いが 。。。 初物だから。

出張先の九州で食べる 地元の「きびなご」 とは比較にならないが、
東京の自宅で食べることができるだけでも幸せと思える。
九州の仕事が増えないかなぁ 。。。。。

話題の「ハシシタ」

asahi00
先週来から話題になっている
週刊朝日連載予定だった「ハシシタ」。
記事内容はともかく、全国的に売り切れとか。
政党立ち上げ直後の鹿児島での遊説でも
つかみの話題は「ハシシタ」問題とか。
ギャグのようなヤラセのような、
両者合意の出来レースだったりして。
踊らされないように気をつけましょう。
橋下氏が記者会見の場で週刊朝日の記事内容に対して吠えたことを受けて、
全国各地で週刊朝日は完売状態。
amazon.co.jp やYahoo!オークションでは、一時4,000円前後にまで高騰。
たかだか6ページの他愛も無い内容の記事を読むために 。。。
当に、「ハシシタの思うツボ」 と言ったところか。
asahi02 asahi01
当初の熱狂騒ぎが現実問題として修正され、橋下人気は低迷状態。
政党支持率を見ても、全国区としては容認されない現状があり、
地元の大阪市でも(国政では)それほど認められている訳ではない。
大阪市を中心とした関西エリアでは、公明党や共産党など既存の庶民政党が
勢力の中心で、新党が根を張るには困難な庶民の日常生活がある。
asahi04 asahi03
今回の一件で、週刊朝日10月26日号が売り切れになってしまった。
では、この記事内容を実際に読んだ人はどれだけいるのだろうか ???
日本雑誌協会の印刷証明付き発行部数では20万部そこそことか。
今回は橋下氏の記者会見もあり、発行元も増刷はしていないはずなので、
20万部程度しか出回っていないはず。。。
しかし話題が話題を呼び、騒ぎが増幅されて、
橋下氏の記者会見での言葉だけが一人歩きしているように感じている。
asahi06 asahi05
今回の週刊朝日の掲載記事で問題とされるべき本質は、
「八尾市安中地区には被差別部落がある」と言う行(くだり)と、
「 ・・・根にある橋下の本性である。 そのためには、橋下徹の両親や、橋下家の
ルーツについて、できるだけ詳しく調べあげなければならない。」との行。
前者は、固有の地名を被差別部落として公表している点でOUT。
後者は、血脈主義と言われる純潔主義的思想表現でOUT。

彼は記者会見の場で、さも 『個人のことはさて置き』 的な表現で、
固有の具体的地域名を出して被差別部落と言う表現は許されるのか?
純潔主義につながる血脈主義思想で人を区別して良いのか?
と言うような表現をしていたが、実際には 『俺の親族の問題を詳細に調べるな !! 』
と言うのが本音だと感じた。
個人的に被った親族の家系暴露問題を、あたかも社会問題に置き換えて、
正義感ぶるような橋下は当に「ハシシタ」そのもの。

実際に記載された記事内容を読むとわかるが、
橋下氏が記者会見で吠えるほどの酷い内容が書かれているわけではない。
少なくとも、「八尾市・・・被差別部落がある」と言う表現を除けば。
彼の突破口は、この「八尾市安中地区には被差別部落がある」にある。
この行(くだり)を目にした橋下氏は思わずニヤリとしたのではないだろうか?

橋下氏のように一定の年齢以降に大阪(吹田→東淀川)へ引越してきた人間には
理解できないと思うが、大阪で生まれ育った人間にとっては、被差別部落や
同和問題は日常の出来事であり何も特別な問題ではない。
小学校の道徳の時間では「部落問題」を扱い、どこのクラスにも極貧の子供や
在日の子供やヤクザの子供が普通にいて、皆が仲の良い友達だった。

町内会の中にはヤクザの事務所もあり、組事務所に町内会費を集めに行くと、
若い衆のお兄さんがお駄賃としてお菓子をくれたりした。
友達と銭湯で騒いでいると 「こら~ボウズ、静かにせんかい !! 」 と
背中一面に刺青を背負ったおじさんに叱られた。
そう言う大人の背中には、鬼やら蛇やら桜やら色々な模様が描かれていた。
綺麗と思うことはあったが、怖いと感じたことは一度もなかった。
八尾市と大阪市の違いはあるかも知れないが、
今回の週刊朝日10月26日号に記載されているような内容は当時の大阪では
普通のことで、何も騒ぐほどのことではないと言うこと。

橋下氏が記者会見の場で吠えたのは、自身の親族のことを暴露されたと言うのと、
自身の周辺の話題性を上げるためのものだと感じている。
ある意味、週刊朝日もタイミングが悪かった、利用されてしまった。
しかし、週刊誌は完売したのだから、両者傷み分けか。

雷鳥、見つけた !!

五竜岳直下で雷鳥に出会った。 1、2、3、4、数えてみると、5羽の雷鳥がいた。
北アルプスでは、2~3羽の雷鳥を一度に見ることはめずらしくないが、
5羽の雷鳥一家を見たのは初めて。
立山エリア(室堂)や表銀座エリア(槍・穂高)などとは異なり、
登山者の質が比較的良いとされる後立山エリアでは
雷鳥が人を恐れたり避けたりすることは少ない。
・・・と言うよりも逆に、人に近過ぎるかも ??
raicho
ハイマツの中で見ると比較的見つけやすいが、
画像のように岩場で見ると保護色で非常に見つけにくい。
(画像の中心部に2羽います)

後立山・唐松岳へ・・・

karamatsuA02
10月の連休を使って
今季、最初で最後の北アルプスへ !!
八方尾根から比較的容易に辿りつける唐松岳。
唐松岳の標高は2696.4M。
後立山稜線からの立山の眺めは最高に美しい !!
シーズン最終期だが、天候にも恵まれた。
登山者は少なめだが、
テント場は相変わらず人が多い。
SAMSUNG
★唐松岳山荘前から
   唐松岳頂上を見上げる
SAMSUNG
★唐松岳頂上から
   北側の帰不の剣を臨む
SAMSUNG
★後立山稜線(唐松山頂)
   から立山の眺望
SAMSUNG
★唐松山頂から、
   明日の登頂目標の五竜岳を臨む

残雪と紅葉

自然が織り成す珍しいコントラストを一枚。
標高2000M以上ならではの現象なのでしょうか 。。。。
夏の残雪と秋の紅葉が一枚のフレームに収まっています。
(長野県・八方尾根上部にて)
kouyou

電車の中で …. 宴会 !?

新宿発松本行き「特急スーパーあずさ」の中で大宴会。
まずはビールで乾杯 !!
電車内ですが、つまみは「お刺身」
買った刺身が思いの外に美味 !! これは美味い !!
後のつまみは 「喜よしのやきとり」 !!
カシラ、レバー、ハツ、つくね、焼きおにぎり 。。。。
なんと贅沢な車中宴会なことか (笑)。
sashimi01
sashimi02

レンジでご飯 ??

gohan02
以前から気になっている調理器具があった。
電子レンジでご飯が炊けるって言う物。
「ホントに ??」 って言うのが、素直な感想。
gohan01
インターネットで調べると、「ご飯に芯が残る」とか「水加減が難しい」とか ??
たまたま立ち寄ったDAISO(100円ショップ)で売っていたので、衝動買い。
実際にレンジで炊飯をしてみると….、これが結構と美味く炊き上がった。
お米はスーパーで買った普通の無洗米。 ポイントは次の通り。

   ① 炊飯前の水に漬ける時間を長くとる
   ② お米の量を若干少なめにする
   ③ 炊いたら早めに食べる

悔しいが、それなりに結構美味い。
カレーやチャーハン、雑炊などに使うには全く問題ないレベルです。
炊飯器を洗う手間がいらないのが一番のメリット ??
まぁ、100円なら全く問題ないでしょう 。。。。
gohan03

「塩麹」 partⅢ

焼くときに焦げやすいのが塩麹漬けの一番の問題点。
何度も試行錯誤を繰り返すうちに、だんだん慣れてくるもので、
フッ素加工のフライパンで極弱火でじっくり焼くと、結構うまくできるようになった。

今日は、豚肉、ソーセージ、生鮭の3点の塩麹漬け焼き。
漬け方や焼き方にもよるが、ソーセージと鮭が抜群に美味い !!!
豚肉はこれまで同様に普通に美味い !!
是非皆さんもお試しください。
shiokojiD01

鶏レバー炒め

塩麹ネタに続いて、食べ物ネタを 。。。
「鳥もつ煮」は山梨県の甲府で有名らしいが、これに似た料理。

子供の頃から、実家で母が作っていた「鶏レバーの甘辛炒め」。
当時は大人(父母)の食べ物で、子供は口にすることは少なかった。

小学生の頃から、台所に立つ母の横で調理をよく見ていたので、
だいたいのレシピは覚えていた。

鶏レバーを適当な大きさに切って、タマネギと一緒に炒めて、
塩・胡椒・醤油・砂糖などで甘辛く味付けする。
調理のポイントは、「もつ煮」になららいように、材料を油で炒めること !!
motsu01

motsu02
野菜はタマネギでも良いが、自身のアレンジでモヤシに代えてみた。
安くて、栄養価が高くて、美味しい 。。。。
ご飯にのおかずに、ビールのつまみに、二人前で約200円ほどです。。
結構、癖になるかも ?? (笑)
motsu03