月別アーカイブ: 2011年8月

登山ブームと観光登山の弊害

monteC01
monteB01
7月の3連休、 久し振りに北アルプスへ行った。山域は表銀座東側。
1泊2日のコースは、 中房温泉~燕岳~大天井~常念乗越~一ノ沢下山。
天候も安定し最高の山日和だった。 ブランクもあっが、北アルプス三大急登の一つ
である「合戦尾根」の登りはきつかった。 何度登ってもこのルートは好きになれない。
3連休の影響もあったと思うが、 巷で言われる 「登山ブーム」 と言うのを
目の当たりにしてとても驚いた。 登山ルートはどこも老齢団体客の歩みで大渋滞。
先導する登山ガイドもお客様である「老齢団体」を最優先。

肉体と共に精神鍛練の場であった北アルプスエリアの山々も今は昔。
狭い登山ルートを我が物顔で歩む人々。
山登りの基本的な昔ルールであった「登り優先」は、今や「自分優先」に。
「重装備者優先」も「自分優先」に。 時代と共に山のルールが変わったと言うよりも、
安易な山ブームが面倒な基本ルールを追いやってしまったのだろう。

以前から、夏期休暇などのピーク時の山小屋の混雑を話しとして聞いたことはあった。
しかし今や、山ブームの影響でテント場までもがいっぱいになり、露営できない状況が
多々発生している。 国立公園(北アルプス)内では露営できる場所が決められている。
テント場が満杯であることを理由に露営させない山小屋側の営業的な意図も見える。
まぁ、命に関わる緊急避難の場合(遭難時や冬山のビバーグ、他)にはどこでも
露営できる。 いざとなれば、山小屋の前にテントを張ったとしても処罰されることはない。
今回の燕岳の他に、白馬岳や表銀座エリアなどの取り付きの良い山域は
素人の登山客が多く、当面は山行の対象から外した方が良いのかもしれない。

少し前に、北海道山域で天候崩れから発生した登山ツアー客遭難事故がった。
今回のルート上で行き交った高齢団体客を見ていると、起こって不思議ではない必然の
事故だと感じた。 いくら観光登山とは言え、標高3000mエリアの山域を歩くのであれば、
人数分のシュラフやツェルト程度は装備して欲しいと思う。
高山病だけでなく、滑落、落石、落雷、豪雨、凍傷・・・。
北アルプスの山域では夏でも簡単に人が死ぬ。
今夏を含めて、毎年誰かが死んでいる。
だから・・・、私は安易な観光登山者が大嫌いだ。
monteA01 monteD01
monteE01
monteF01

原爆から生まれた利益の問題について

setsuden01
3月11日に東京電力が引き起こした
原爆(原発での爆発事故)の影響で、
どこもかしこも「節電ムード」一色。
公共施設などはわからなくもないが、
鉄道事業各社が大々的な節電モード。
駅舎や車両内の照明を落とし、
エレベータやエスカレーターを止め、
列車の間引き運行を実施した。
さらには猛暑の中で冷房運転を
弱めたり停止したり ・・・。
この大々的な節電は、 鉄道事業各社にとっては大規模の節約になり、
今期の企業利益を生み出すことだろう。
鉄道運賃は監督官庁の許可制なので、利用者への不利益から事業利益が出ても
簡単に値下げと言う形で還元することができない。
首都圏の鉄道各社にとっては、今回の原爆がもたらした国家命令的経費制限には
当に 「笑いが止まらない」 と言ったところだろうか・・・。

楽しい&面白い 「食材展示会」

foodjapanC01
foodjapanD01
先日、飲食店事業者を対象にした食材関連の展示会へ行った。
東京ビッグサイトで開催された 「INTER-FOOD JAPAN 2011」 がそれだ。
その展示会は、通常のIT分野や電機業界の展示会などとは全く異なっていた。
日本酒・ビール・ワイン・焼酎・泡盛の豊富な酒類から、刺身・焼鳥・揚物・煮物まで、
会場内はまさに居酒屋状態。 実に楽しい展示会だった。

何故かそんな賑やかな会場の片隅・・・、
店舗装飾のコーナーでせっせとお仕事の日々でした (涙)。
foodjapanA01 foodjapanB01

家庭で氷点下の…. のパクリ??

superdry01
いつものやきとり屋で会う「飲み屋友達」のケンちゃんのブログに
アサヒスーパードライのキャンペーン商品「エクストラコールドクーラー」の記事が
書かれていた。 読んでるうちにだんだん欲しくなってきた ・・・。
「キンキンに冷えたビール」は当に大好物だ。

別にビールに拘ることなく350ml/500mlの缶サイズなら何でも冷えるようだ。
もうこれはゲットするしかない!! さっそくヤフオクで即落。

常温の缶ビールが約12~13分で丁度飲み頃になる。 氷水に浸すよりも断然早い!!
常温から17~18分でキンキンのビールになるようだ。これは素晴らしい !!
お陰で、缶ビールで埋め尽くされていた冷蔵庫のスペースが広がった(笑)。

鹿児島「さつま揚げ」

訳ありで今は鹿児島に住んでいる先輩から、 鹿児島土産のさつま揚げを戴いた。
空港の売店などで真空パックのものは見かけたことがあったが、 レトルトパックの
さつま揚げは初めてだ。 レトルトだと常温で長期保存ができるのでとても便利。
このレトルトのさつま揚げ、 食べる前に電子レンジで加温すると、 非常に美味い !!
「レトルト」 と侮ることなかれ、 やはり素材が良いからなのだろうか、少し手間を
かけるだけで出来立ての味が戻ってくる。
たいへんおいしゅうございました。。。
satsumaage01

富山 「白エビのカマボコ」

富山は海の幸が豊富。
思いつくものだけでも、 ホタルイカ、ブリ、白エビ、バイ貝、メヒカリ ・・・。
その昔、商社勤務時代には毎月1~2度の富山出張があった。
毎回泊まれるわけではなかったが、富山の町と人は今でも大好きだ。

先日、 先輩から富山土産として 「白エビのカマボコ」 を戴いた。
ふつうの白身魚のカマボコではなく、 白エビのカマボコ 。。。
淡白な味かと思っていたら、エビの風味が効いていて、とっても美味 !!
こうなると、酒は「立山」か ・・・ ??
toyamaA01
toyamaB01

アルコール依存症からの脱却

これまで年間360日は酒を飲む生活を送っていた。
一念発起して月間「休肝日」を設けることにした。
6月・7月の2ヶ月間で 「酒を飲まない日」 が23日。
・・・ 人間、やればできるものだ !!
休肝日には 酒は飲まないが「ビールテイスト飲料」を
代替品として飲むようになった。
・・・もちろんノンアルコール。
premium_beer01
350ml缶で麦の味に苦味と炭酸が加わる。 ビールを飲んだような気分になるから
不思議なものだ。 体には優しいが財布には決して優しくない(笑)。
ビールより安いが、第三のビールよりは高い。以前にも同様のノンアルコール飲料を試した
ことがあったが、今回のサッポロ PREMIUM は本当のビールテイストで美味い。

しかし、アル中からは脱却したが・・・、ビールテイスト飲料からは抜け出せないでいる。
要するに「飲む」と言う行為が中毒化した習慣病のようだ。

「わさび」 と言えば・・・

我が家では、わさびと言えば 「S&Bの粉わさび」 と決まっている。
以前は手軽なチューブタイプの練りわさびを使った時期もあったが、
コストが割高なのと、味が “いまいち” ないことなどから 粉わさびに戻って落ち着いた。
本当は、 本わさびが一番美味しくて良いのだが、 手間と保存に難がある。
世の中うまく行かないものだ・・・。

本当は、 練った粉わさびに1割ほどの本わさびを混ぜるととても美味い。
* 納豆にカラシではなく、わさびを入れると美味!!
* 冷奴をわさび醤油で食べるとこれまた美味!!
* ざる蕎麦だけでなく、 温蕎麦にもわさびがとても合う!!
wasabi01

wasabiB01

サメ皮

本わさびをおろすにはサメ皮のおろし台が必須。
サメ皮を使っておろすと、 きめ細かなとても美味しい “おろしわさび” ができる。
このサメ皮、 別にわさび専用と言うわけではない。 生姜をおろすにも最高の道具。
刺身、 冷奴、 素麺…、きめの細かいおろし生姜は甘味が効いてともて旨い !!
same01

♪♪ ジャズライブ 2011夏

年に2回のお楽しみ。。。
先日、やきとり・きよしでの 「ジャズライブ」 が行われた。
今回は一部メンバー変更かあり、いつもベースのおじさんとギターの組み合わせ。
これまでと趣を異にする素晴らしい演奏で、あっと言う間の時間だった。
都心まで赴くことなく、通いなれた「やきとり・きよし」でジャズを楽しむことができた。
juzz2011_01
Ba:河上 修
Gt:井上 智
Vo:Stay G
もう、次回の2011冬のライブが楽しみでならない ・・・。