カテゴリー別アーカイブ: アウトドア

はじめてのパークゴルフ

20180430_golf01
自宅の近くにパークゴルフ場が新規OPENした。
料金も1ラウンド(18ホール)500円と格安だ。
パークゴルフは、パターゴルフに似ているが、
専用のボールとクラブを用いるのが違う点だ。

使うクラグは、ゴルフのウッドクラブのような物
なのだが、第一打をティーアップして打たなければならない。
ティーアップに慣れていないとこれが意外と難しい。
ティーの高さの分だけクラブミートが難しい。
20180430_golf02
一打目が上手く当たると良い音がして
気持ちいいが、一打目を打ち損ねると
鈍い音がしてボールはボテボテ。。。。
気分も最悪になる。

1ラウンド18ホール回ると、結構良い運動にもなる。
子供から大人まで誰もが一緒に楽しめるのがパークゴルフ。
ゴルフの経験者もそうでない人も、皆が楽しめる。

パターゴルフの経験はあったので、初めてにしてはまずまずの
スコアだった。これからしばらくは、通うことになるかも。
20180430_golf03
20180430_golf04

幻のゲレンデ ??

20170103_kirigamine01
例年、お正月と言えば雪の上。
どこかのゲレンデいたものだ。

今年も温泉とゲレンデを目的に
上諏訪にやってきたのだが…..、
霧ヶ峰スキー場は幻のゲレンデと
化してしまいました。

まぁ、結果オーライで良かったと
言えば良かった (笑)。

だって、ゲレンデ中央部以外は
下地がむき出しの上、リフトは
1本しか動いていませんでした。

まさに幻のゲレンデ …….。
20170103_kirigamine02


ワカサギ釣りは続くのだ (笑)

20170103_wakasagi01
昨日初めてのワカサギ釣りが、
余りに面白かったので予定を変更
して、今日もワカサギ釣りにGO !!
20170103_wakasagi02
ワカサギの釣果は、型・数ともに、
昨日には及ばなかったが、遊びとして
楽しむには十分な内容だ。

諏訪湖でワカサギ釣りを楽しむなら、
「民宿みなと (船宿)」 がおすすめ。
親切で丁寧な教え方、初心者に最適です。
20170103_wakasagi03


諏訪湖のワカサギ釣り

20170102_wakasagi01
諏訪湖と言えばワカサギが有名。
ワカサギ釣りは、湖上のボート釣り、
氷結期の穴釣り、そして最近流行りの
ドーム船と、釣りスタイルは多様。

今日は、諏訪湖のドーム船で、
生まれて初めての 「ワカサギ釣り」 に挑戦。
道糸が0.8号、ハリスは0.25号だとか ??

これまでの海釣りとはまったく勝手が違い、
驚きの連続。 しかし手順を習い、1時間も
すれば慣れるもので、ある程度釣果も
上がってくるから面白い。
20170102_wakasagi02
ドーム船とは、湖の中央にビニールハウスが
浮いているような物。 1月でも晴れた日は
日差しが当たってドーム船の中は暑いくらい。
たまにワカサギの大きな群れがやってくると、
ドーム船の中は一気に賑やかになる。
20170102_wakasagi03
ワカサギは釣った後の処理が簡単 (内蔵は
取らずにウロコは塩もみするだけ) なので、
2束や3束と数多く釣っても苦にならない。
下処理後の冷凍保存もできるらしい。

侮るなかれ、ワカサギ釣り。
結構、面白いです。
もうすっかり虜です (笑)。
20170102_wakasagi04


狭山リバーサイドゴルフクラブ

20161016_golf01
久しぶりのパターゴルフだ。 天気は曇り空
だが、暑くなくてちょうど良いかも。 今日は
なぜか家族 (子供) 連れが多い。

全般的にコースは空いているので、楽しく
の~んびりとパターゴルフができる。

今日のパターコースは、芝の手入れが十分に
できていてボールがとても良く転がる。ラフも
2段階にカットされ、カップ周りは結構シビアに
カットされている。
20161016_golf02
ある意味で楽しいパターゴルフだが、
ちょっと間違えると大叩きに陥ってしまう(笑)。

狭山リバーサイドはショートコースがメイン
なので、パターコースは意外と穴場なのかも
知れない。

18ホール(9ホール×2周)回って、
大人1人1,000円は安い。
大人の休日の楽しいひと時だ。
20161016_golf03


高尾登山 ???

20160703_takaozan01
高尾山には多くの登山ルートがある。
ケーブルカーやリフトもその中の一つ(笑)。
高齢の方や小さな子供連れ、さらには、
気候的問題での「熱中症対策」とか ??
20160703_takaozan02
高尾山のケーブルカーは国内最大の
傾斜角度を有するらしい。 登りは、
最大傾斜を体験する意味でもこの
ケーブルカーを利用する。
下りは、初めての観光リフト。
20160703_takaozan03
20160703_takaozan04
スキーリフトとは違って、リフトを止めない
工夫がされている反面、セーフティバーが
なかったり、意外&意外なリフトです(笑)。

下山後は、高尾山口駅に隣接する
「極楽湯」でひと風呂。 あ~ぁ、極楽じゃ。
あ~、ビールが美味い !!
20160703_takaozan05


高尾山

20160703_takao01
十数年ぶりに「高尾山」へ。
晴れ時々曇りの恵まれた天候。
木陰に入ると気持ちいいが、
陽のあたる場所は当に猛暑だ。

高尾山には多くの登山ルートがあり、
各々の体力や都合に合わせて、
高尾山を楽しむことができる。
20160703_takao02
登山道途中にある見晴台から、
遠く東側にある東京都心部を
見渡すことができる。

手前の緑と向う側の人工的な建物に
人と自然の対比を感じる 。。。
20160703_takao03


東京ドイツ村・パターゴルフ場

20160514_golf01
20160514_golf02
最近のマイブームは、パターゴルフ。
天気の良い休日は、パターとボールを
持ってパターゴルフ場へ。

今日は、東京ドイツ村にある
セントエンジェルゴルフリンクス。
東京駅から木更津まで
高速バスで約1時間。
木更津から車で20分程度。
20160514_golf03
20160514_golf04
やっぱり、ドイツ村のパターゴルフは
広くて気持ち良いね~ !!
うねりあり、バンカーあり、距離も長い。
豊富なアンジュレーションとの格闘が続く。
20160514_golf05
晴天の爽やかな風が吹く中、
2ランド36ホールを回って、
歩いた距離はトータル1,466ヤード。
喉はカラカラ、身体はクタクタ。

とっても気持ちの良い一日でした。
さぁ、旨いビールが待ってるぞ !!
20160514_golf06


東京ドイツ村の本格パターゴルフ

20160501_golf01
千葉にある東京ドイツ村には、
パターゴルフ場が2箇所ある。

一方は子どもや初心者向けの
フラットな天然芝のミニパターコースで、
9ホール×2コース。

もう一方は、国内最大級と言われる
本格的なパターゴルフ場。
20160501_golf02
広大な敷地内にある18ホール×6コースの
パターゴルフ場は、グリーンもラフもすべてが
天然芝で手入も行き届いている。

コース構造も凝っていてパープレイは
なかなか難しい。 だからこそ面白いとも言える。

カップ際のカットされた芝と格闘しながら、
1ラウンド(18ホール)をおよそ1時間で回ると
気分は爽快。

友達や家族でワイワイ騒ぎながらの
パターゴルフは実に楽しいアウトドア遊びだ。
20160501_golf03


春スキー全開 !!

20160331_kagura01
20160331_kagura02
今年も本格的な春スキーの季節がやってきた !!
新潟県・越後湯沢のかぐらスキー場。 天気は快晴。
ゲレンデには豊富な雪。 人影はほとんど無し(笑)。

積雪量は例年とそれほど変わらないが、やはり
雪質が悪い。 ゲレンデ上部では問題ないが、
下部へ下りてくると雪質の低下を感じる(悲)。
20160331_kagura03
来場者が少ないので、動くリフトが制限され、
滑走コースも自ずと限られてくる。 レストランの
営業も通常の半分だけ。 なんとも寂しいゲレンデだ。
そうは言っても天気も良いし、やはり春スキーは楽しい。

今年はGWまでゲレンデの雪がもつだろうか ??
あともう一回滑るくらいで今期は終わりかな ??
春スキー、もっと&もっと滑りたい !!
20160331_kagura04
20160331_kagura05


函館七飯スキー場

20160320_snow01
函館でのスキーは初めて。
函館七飯スノーパークへやってきた。
今年は異常気象で雪が少ない。 ほんの一週間前
には1m以上はあった雪も、今日の積雪量は65cm。

リフト乗り場付近は、ベチャベチャの
みぞれ雪で最悪のコンディションだ。
20160320_snow02
ゴンドラに乗って山頂へ。
山頂付近はガリガリに凍っている。
樹木に付着した霧氷がとても綺麗。
コースは整備されているようだが、
コース上には氷の塊がころがっている。
20160320_snow03
コースの半分を過ぎる頃には、足元の雪質が
一変する。 ぐずぐずの状態でとても滑るとは
言えない雪質。 これは酷い 。。。

今日のスキーは早上がりにして、
市内でゆっくりしよう 。。。。


越後湯沢で平日スキー

20160212_yuzawa01
20160212_yuzawa02
平日の空いたゲレンデはとてもご機嫌だ !!
客は少ないのでリフト待ちはないが、一部のリフトは
止められている。 まぁこれは仕方ないと諦める 。。。

季節の割には、まぁまぁの良い天気。
今日は存分に滑ることができる \(^o^)/
ゲレンデ最奥のコースはほぼ貸切り状態。
20160212_yuzawa03
20160212_yuzawa04
午前中だけでリフト×10本。
昼食を挟んで午後はリフト×15本。
内転筋が痛くて足元が安定しない。
今日のところはここら辺で帰るとするか 。。。
20160212_yuzawa05
越後湯沢でのスキーの仕上げは、
やっぱり湯沢庵の立ち食いそば。
今日の仕上げは「大判きつねそば」。
やっぱり、いつ食べても美味い !!
20160212_yuzawa06


湯沢中里スキー場

20160111_nakazato01
今日は朝から生憎の天候。昨夜の
天気予報通りに朝から雪が舞っている。
空は当に鉛色をしていて、気温も
昨日より3~4℃低いように感じる。

晴れていればかぐらスキー場へ行くこと
を考えていたが、山の上ではさらなる
天候悪化が懸念されるので、手近な
エリアへ行き先を変更。
20160111_nakazato02
湯沢パークスキー場を予備に考えて、
湯沢パークに近い湯沢中里スキー場へ。
ここは10年ほど前に行ったことがあるが、
最近は設備もリニューアルして、家族
連れに人気のゲレンデとなっているらしい。

天候が悪いせいでゲレンデはとても空い
ている。リフト待ち時間は3~4分程度で
十分我慢の範囲内。 それでもさらに
空いているゲレンデエリアを求めてリフトを
乗り継ぎ移動する。
20160111_nakazato03
中里スキー場のゲレンデ一番左奥の
リフトは待ち時間ゼロ。 ゲレンデにも
数える程人がいない。 だから何本
でも好きなだけ滑ることができる。
これは当にスキー天国だ !!
20160111_nakazato04
昼食はソースかつ丼が売り切れなので、
カツカレーに変更してノンアルビールで
乾杯 !! 食後には温泉で身体を休める。
天気は悪かったが、とても楽しく充実の
時が過ごせた。
20160111_nakazato05
20160111_nakazato06


NASPAスキーガーデン

20160110_naspa01
20160110_naspa02
越後湯沢駅から程近い場所にある
「NASPAスキーガーデン」。 標高が
低いこともあり、積雪量は非常に少
ない。 コースのあちこちで地肌が見
えていて、コンディションは春スキー
後半のように最悪だ。

とにかく雪が無い。せめてもの救い
は、天候が良く青空が見えている
ことだろう。
20160110_naspa03
NASPAはスキー専用ゲレンデの為、
初心者や子供連れのスキーヤーが
多く、コース上はとても混雑している。
地肌を避けながら、ヒトを避けながら、
コース上を縫うようにして滑って行く
ことになる。

しかし、何だかんだと言いながらも、
正味3時間半くらいは存分にスキー
を満喫できた。 雪には恵まれなか
ったが、天候が味方してくれたので、
楽しい雪遊びのひと時だった。
20160110_naspa04


新年滑り始め

20160102_karuizawa01
地球温暖化の影響なのかは知らないが、今季は
シーズン当初からの雪不足でスキー場はどこも
四苦八苦。 この時期でも積雪量の心配が連日続く。

今年の新年初滑りは、軽井沢プリンスホテル
スキー場。 ここは晴天率が高い上に、多数の
人工降雪機があるので確実にスキーを楽しむ
ことができる。 公式の積雪量は60cmしかなく、
一部のコースはクローズされている。
20160102_karuizawa02
正月休み中なので、スキーセンター内や
ファミリーコースはとても混雑している。

比較的空いているコースエリアを求めて、
滑りながらスキー場の奥へと移動する。
高速リフトの頂上からは浅間山が綺麗に臨める。

やはり暖冬で雪不足の影響なのだろう、コース外や
リフト下には雪が無い状況だ。 リフトに乗っている
と、まるで秋の行楽時と錯覚してしまいそうだ。

雪質に関しては、これまで滑った人工スキー場の
中で一番滑り良いと思える。 人工スキー場特有の
ガリガリ削りながら滑るようなこともほとんど無い。
新年滑り始めとしては、上出来の一日だった。
20160102_karuizawa03
20160102_karuizawa04


初体験 !! サマースキー

20150816_gala03
20150816_gala02
サマー・スキーに行った。夏に残雪が残る
北アルプス・立山で滑るのではない。
所謂(いわゆる)、サマー・ゲレンデだ。

プラ・スノーと呼ばれる高分子基材でできた
ゲレンデ・シートの上を滑るスキーのこと。
従来は緑色のシート基材が多かったが、
滑走性能に問題が多く以前から改良が
重ねられてきていると言う。

国内に点在するサマー・ゲレンデの中で、
最も進化速度の早いのが「GALA湯沢」。
GALAのサマー・ゲレンデは昨年から
「スノー・シート」と呼ばれる最新のシートに
張替えられた。

生まれて初めてのサマーゲレンデ。
GALAゲレンデの中で一番の緩斜面。
冬の季節なら加速を付けて滑って行くが、
今日は勝手が違う。
恐る恐るのボーゲンスタイルでコースイン。
驚くほどエッジが効かない !!
20150816_gala01
GALAのスノー・シートのことを
「滑らないアイスバーン」と表現する人がいるが、
的を得ていると思う。滑走面は滑らないが、
エッジも効かないのでターンは流れていく。

数十年前に野沢温泉・日影ゲレンデで
初めてスキーを滑った時のことを思い出す。
冬でも夏でも、スキーに関しては、
プルーク・ボーゲンが上手く出来る頃が
一番楽しくて面白い。

ゲレンデは自分のもの。周りの迷惑省みず、
自分のペースで淡々とボーゲンで下りていく。
20150816_gala04
バルシップと言う最新の夏ゲレンデ専用の板を
履いたは良いが、滑走技術が追いつかない。
サマーゲレンデでは、冬のゲレンデのような
ごまかしは通用しない。非常にシビアな
滑走技術が求められる。

夏のこの時期にサマーゲレンデで基礎を
もう一度復習しておけば、
楽しい冬のゲレンデシーズンがやって来るのかも。

それにしても、夏のゲレンデは冬の3倍は疲れる。
それでもスキー好きにはたまらない。
あの滑走感覚が夏空の下で味わえる。
….これは癖になるかも。
20150816_gala05


春スキー in 札幌国際スキー場

20150503_b-kokusai01
5月連休の春スキー。札幌国際スキー場へやってきた。
この場所は1月以来となるが、4ヶ月前とは気候が全く
異なる。 ゴンドラ頂上の温度計は驚きの20℃を指して
いるではないか。

札幌でも予想以上に雪解けはすすんでいるようだ。
ゲレンデも相当荒れている様子で、コースの所々で
土が出ている。 ゲレンデのコース終端ではコース制限
を設けている。
20150503_b-kokusai02
五月晴れの空の下でのスキーは気持ちよいのだが、
あまりにもコース状態が悪過ぎる。
春の札幌国際には長年訪れているが、これほど
雪解けの早い状態は初めてだ。雪の残雪量は
あるものの雪質が酷すぎる。

こんな状態では、午前中でスキーも終わりだ。
次はまた冬に来ることにしよう。
20150503_b-kokusai03
20150503_b-kokusai04
20150503_b-kokusai05


春スキー in かぐら

20150422_kagura01
4月の快晴の日、越後湯沢での
かぐらスキー場で春スキーを楽しんだ。

例年以上に積雪量の多い越後湯沢だが、
このところの晴天続きで、とにかく雪解けの
進み具合が異常に速い。
20150422_kagura02
ゲレンデのコース上に雪はあるものの、
滑ってみると、雪質は最低だ。
水分をたっぷり含んだみぞれ雪と
硫酸アンモニウムで固められたカチカチの
雪面が入り乱れて、楽しく滑ると
言う雰囲気ではない。
20150422_kagura03
午前中は多少人の姿もあったが、
お昼を迎える頃には、ゲレンデから
人の姿がいなくなった。
まぁ、こんなコースの状態では。。。。

近年まれに見る極悪コンディションでの
かぐら春スキーでした。
20150422_kagura04


今年も、春スキー絶好調

20150327_park01
20150327_park02
今年も春スキーの季節が到来した。
快晴の青空の下で滑るスキーは格別なものだ。
ウエアも軽装で体の動きも快調。
平日と言うこともあり、ゲレンデは滑り放題。

コース上の雪は多少緩んでいるが、しっかりと
圧雪してあるので、快適に滑走できる。
トップシーズンのようなバリバリのアイスバーンが
無いので、楽々とエッジを利かすことができる。

お昼を過ぎると次第にコースは荒れ、
所々コブが発生してしまうが、これは
仕方のないことと諦める。
20150327_park04
20150327_park06
スキー・ランチはポークジンジャーと酎ハイの
セット(笑)。 午後の滑りに備えての栄養補給だ。

結局、今日は5時間ほどゲレンデにいた。
もう少し頑張りたかったが、足が言うことを聞かなく
なった。 ターンでの踏ん張りが利かなくなってしまった。

まだ春スキーは始まったばかり。
お楽しみはこれからだ(笑)。
20150327_park05
20150327_park07

テイネオリンピア再び

20150111_teine01
天候は昨日よりも悪るくなった。
….と言うよりも、昨日が良すぎたのかも知れない。
石狩平野は辛うじて臨むことができるが、
終日、風と雪が止まない。

今日は少し早めに上がって、
札幌市内の銭湯にでも行って温まろう。

たどりついたのは市内の銭湯「伏見湯」。
炭酸風呂がとても気持ち良い。
体の芯から温まる。
20150111_fushimiyu01

テイネオリンピアスキー場

20150110_teine01
今日が2015年の初スキー。
久しぶりにサッポロテイネスキー場にやってきた。
サッポロテイネは札幌中心部からも近く便利で
ゲレンデコンディションも非常に良いスキー場だ。
この時期にはめずらしく晴れ間も見え最高のスキー日和
になった。

晴れの土曜日で多少混んでいるが、
昼間のリフト待ちは長くても5~7分程度。
まぁ、我慢できる範疇だ。
20150110_teine02
20150110_teine03
テイネオリンピアの頂上へ降りると、
石狩平野から遠く石狩湾が見渡せる。
石狩湾を見下ろすこの景色が好きで、
サッポロテイネのオリンピアエリアへ来てしまう。

テイネの雪質は本土とは全く比較にならない。
コース幅も広くて非常に滑りやすい。 ここへ
来ると、自分の滑走技術が二段階くらい向上した
ように錯覚してしまう。

折角なので、16:00~のナイターも少し楽しんだ。
やっぱりナイターは幻想感があって良いねぇ~。
2015年の初スキーは最高だ。
20150110_teine04
20150110_teine05
20150110_teine06
20150110_teine07

2014年最後のスキー

20141230_yuzawapark01
20141230_yuzawapark03
今年(2014)最後のスキーの一日。
駅からほど近い湯沢パークスキー場。
ゲレンデ下部は雨、中腹はみぞれ、
そして山頂は雪と言うあいにくの天候に
朝から悩まされる。
雨に濡れながらリフトに乗車して、
リフトを降りると雪が舞う曇天。

山頂から遠くを見渡しても、
雲が垂れ下がっているのがわかる。

悪天候のためゲレンデは空いているが、
コースコンディションは最悪に近い。
ドカ雪が固まった上に雨が降る。
エッジがひっかかって滑りにくい。

そして何よりも、とても寒い。
時間が経過するにつれて雨も強くなり、
一時退避で昼食へ。

若干の天候の回復もあったが、
結局は雨の中のスキーの一日でした。

年明けのスキーは晴天に恵まれますように。
20141230_yuzawapark04
20141230_yuzawapark02

今季初滑りの湯沢高原スキー場

20141228_yuzawakogen01
20141228_yuzawakogen02
5月の春スキーから約7ヶ月が経ち、
ようやく新しいスキーシーズンが訪れた。
今年は年内の早い時期に大雪が降り、
ゲレンデ内の積雪量には問題ないが、
….如何せん雪質が悪い。
時間を掛けて深深と積もった雪ではなく、
ドカッとまとめて置いた雪で、水分量も
非常に多くて滑りにくいコンディション。

気温は低いが天気は良いし、
とりあえず良かった良かった。

それにしても….メンテナンス直後で、
スキーのエッジが切れ切れだ。

東京湾でイシモチ釣り

20141107_tsuri01
有給休暇を使って東京湾へ魚釣りに出た。
平日の曇り空と言うこともあって、
乗合い船は自分を含めて客は3人の大名釣りだ。

午前中は波も高く風も強くて非常に釣り辛かった。
潮時のタイミングも悪く、釣り始めて暫くすると、
あっと言う間に潮止まり。

昼前頃からようやく潮が動き始め、魚も動き始めた。
昼過ぎには一時的な入れ食いタイムも訪れて、
釣果はまぁまぁと言ったところか….。
イチモチ×28匹、シロギス×6匹、アジ×6匹。

一年振りの釣りとしては上々の出来か….。
20141107_tsuri03
20141107_tsuri02