カテゴリー別アーカイブ: その他

「谷根千」

20180802_yanaka02
東京の下町、谷中、根津、千駄木。
JR日暮里駅から歩いてすぐの場所に、
谷中銀座商店街がある。

昔ながらの飲食店や雑貨屋や
面白い店が立ち並んでいる。

谷中銀座を歩くのは、
日本人よりも外国人(観光客)の
方が断然多い。

猛暑のこの時期はとても辛いが、
秋風が吹く頃になると、
楽しい休日散歩が
できるかも知れない。
20180802_yanaka01

温泉かいじゅう ??

20180618_onsen01
今年のチャリカルキの公演では、
恒例のTシャツではなく「手ぬぐい」が
販売された。

買った手ぬぐいを持ち帰ると、
かいじゅうが大喜び。
手ぬぐいを頭に載せて
温泉気分。
20180618_onsen02
かいじゅうも温泉が大好きなのでした。
20180618_onsen03

駐車場の通り抜けは違法です

駐車場をショートカットですり抜ける
その行為自体が違法行為あると知らない
「アホな行為」 をする車を報告します。
20180527_aizu01
登録ナンバーは「会津 300 せ ・6 02 」
この時間、この場所(駐車場)を知って、
ショートカットすると言うことは、
違法行為常習者だと考えます。
20180527_aizu02
繰り返しますが、
「会津 300 せ ・6 02」の所有者
またはドライバーは、社会人としての
自分の頭の悪い事を、早く
知った方が良いと思います。

ゆいレール

20180515_yui01
沖縄の公共交通機関と言えば、
バスとモノレール。
そう 「ゆいレール」 です。

那覇空港に到着すると、
まずはゆいレールです。
昔から考えると、
とても便利良くなりました。

このゆいレールの切符が少し
変わっていて2次元バーコード。
読み取りセンサーに当てると、
改札されます。
本土の人からすると、
ちょっと変な感じです(笑)。
20180515_yui02

ヒマラヤ岩塩 紅塩

20171001_himaraya01
ヒマラヤ産のピンク岩塩が美味しい。
パウダータイプなので、粒が非常に細くて、
塩っぱさもまろやか。

ヒマラヤ岩塩を名乗る類似品は数多く
あるが、このパッケージの品が一番美味い。
塩粒の細かさもこのパッケージが一番良い。

でも、意外と売ってないのが悲しい。

東京駅

20170630_tokyost01
東京駅・丸の内駅舎。
レンガ造りの洒落た建物だ。
建物の向こうに見えるのは
グラントウキョウノースタワー。
時代の変遷を感じます。

東京駅の反対側は
東京中央郵便局。
今は「KITTE」に。
20170630_tokyost02

マリオカート

20170523_mario01
少し前に話題になった「マリオカート」。
実物を見るのは初めてだ。
利用者はやはり外人さんだ。
外国人観光客がドヤ顔で乗っている。

しかし、この乗り物。傍から見ると
あまり格好良くない。子供のおもちゃに
乗った姿を見ると、ちょっと頭の悪い人に
見えてしまう(笑)。

それと同時に、見るからに危険だ。
大型ダンプに挟まれたらと言うことを
考えないのだろうか。考えないのだろう。
だって、頭悪いから。。。

まぁ、お好きなように。
それにしても、任天堂さん、
こんなのに目くじら立てる必要ないですよ。
20170523_mario02

ごきげんザウルス

20170502_kaiju01
ごきげんザウルスです。
バンダイの人気商品でした。
今でも綺麗に健在です。

ザウルスと言う名前なので、
恐竜だと思うのですが、
我が家では「かいじゅう」と
呼ばれています(笑)。

口を大きく開けて笑う顔は
全然怖くないですが…..。
20170502_kaiju02

当たり !! が出たら もう1本

20160918_tsukune01
ファミマの「つくね」が美味しい。
大好きなのでよく買ってます。
ちょい呑みのつまみに最適です。
かるく、2~3本はいけます(笑)。

このファミマのつくねには、
当たり棒があるのをご存知
ですか ??

ガリガリ君と同じように、当たり !!
が出たら、もう1本なんです。

そして、当たり !! が出ました !!
これで、もう1本です !! (笑)
20160918_tsukune02


ファンタ 白桃

20160916_fanta01
ファンタから期間限定の新商品が発売になった。
「ファンタ 真っ赤なオレンジ」。明らかに
サントリーのブラッドオランジーナを意識して
作ったと思える。

オランジーナは果汁入り飲料だが、ファンタは
香料のみの無果汁飲料だ。果汁が入っていない
からさっぱりしているが、美味しいかと問わ
れれば個人差が大きいように思う。
20160916_fanta02
このボトル知ってますか ??
「ファンタ 白桃」です !!
これも今、ネット上で非常に話題に
なっています。

コカ・コーラ社が自社の自販機向け
専用で作った新商品です。一般小売
への流通は無いと言うことですが、
なぜかAmazonで購入できます(笑)。

真っ赤なオレンジはイマイチですが、
こちらの「ファンタ 白桃」は美味しい !!
「いろはす・桃」に炭酸を加えた感じ、
と言ったところ。

赤いボディーのコカ・コーラ社の自販
機を見つけたらラインナップを覗いて
みてください。そして「ファンタ 白桃」が
あれば買ってみて&飲んでみて !!

一般の小売店に無いと言うのがポイント
高いですね~ (笑)。


綾鷹

20160916_ayataka01
ペットボトルの緑茶と言えば、
なんと言っても「綾鷹」だ !!
お茶の風味がしっかりしていて
甘くて美味しい。

その綾鷹だが、一般的には525mlの
ベットサイズは馴染み深い。しかし、
上の画像に並んだ2つの綾鷹。
右側は通常の525mlサイズのもの。

そして、左側のスリムボトルの綾鷹は
普通では見かけない410mlサイズだ。

このスリムボトルの綾鷹は、コカ・コーラ社
のWebSite上にも製品ラインナップとして
掲載されていない。
(280ml, 300ml, 525ml, ……)

内容量は少ないが、スリムボトルの
方が持ちやすくて、鞄にも入りやすい。
ネット上でも410ml綾鷹として一部で
話題になっているようだ。

実はこれ、北日本ボトラー(北海道・
みちのく・仙台)が自社の自販機向け
専用に販売されているものらしい。
原則として北日本エリアに限定されるが、
その一部が関東にも流入してきている
らしい。但し、これはコカ・コーラ社の
自販機専用なので、簡単には見つから
ないらしい(笑)。

410mlのスリムな綾鷹。量的に多すぎず、
少なすず、形状がかさばらなくて非常に
良い (拍手)。
20160916_ayataka02
20160916_ayataka03


京都・南禅寺

20160807_nanzanzi01
夏の暑い京都にきました。
とにかく暑い。空気が流れない。

大阪生まれは基本的に京都が嫌い。
遠足、社会科見学、また遠足。
子供が寺やら神社やらを見て面白いと
考えるその神経が未だに理解できない。

古ぼけた教育委員会のお偉方を
責める気はないが、京都は一番
興味のない地域だ。

子供の頃にさんざん、京都に連れて
行かれたから、大阪の子供は京都が嫌い。
20160807_nanzanzi02


京都にやってきました

20160807_kyoto01
何十年振りになるだろう。
乗り換えではなく京都駅に降り立った。
梅小路蒸気機関車館はすでになくなり
新しい箱物が主流になっている。
京都鉄道博物館と言うらしい。

行ってみたい気もするが、混雑が嫌い。
結局は、JRの営業戦略に載せられて
終わってしまうのか。本当の鉄道ファン
ってそうじゃないんだよなぁ?


JR塩山駅

20151123_enzan01
駅前に食堂が2軒と土産店が2軒。 タクシー運転手は
暇を持て余して昼寝中 。。。??

本当に何もない、長閑で静かな地方の駅だ。 駅前の
土産店の前に枯露柿(ころがき)が吊るされていた。
今日は風がないので、扇風機で干している(笑)。

…. それにしても、早く電車こないかなぁ~。
20151123_enzan02
20151123_enzan03


埼玉県は治外法権 ??

20151119_inaka01
赤羽から北へ進み荒川を越えると埼玉県。 たかが荒川
だが、されど荒川とも言える。 荒川の南側域は首都・
東京だ。 対して、北側域は関東の地方都市・埼玉県。

東京都と埼玉県とでは、どうも法律が異なるようで、
埼玉県内では横断歩道上に車両を駐車しても問題ない
らしい(驚)。

上の画像を見てわかる通り、運転手は車から離れている
ので、停車ではなく駐車だ。 東京都のみならず全国的に
横断歩道上では停車も許されない。 これは道路交通法で
しっかりと規定されている。

しかし、埼玉県では識字率が低いためか? 道路交通法の
規定が緩和されているようだ。 駅前の横断歩道上に車両を
駐車しても何ら問題ないらしい。 駅に向かって(車両の)
斜め後方向には交番もあるのだが、お咎め無し。ここに
車両を止めて良いとの判断なのだろう。

こんなことをしているから「所詮、さいたま !!」 など
と言われて周囲から馬鹿にされるのだと思う。 ただし、
当該車両は東京都陸運局の登録車両ですがね (笑)。
まぁ、練馬ナンバーだから識字率は埼玉県と似たような
ものか 。。。(大笑)
20151119_inaka02


出雲崎町

20151004_izumozaki01
20151004_izumozaki02
寺泊から国道116号線を南へ下ったところに 「出雲崎町」
がある。 寺泊駅からJR越後線で4つ目が出雲崎駅になる。
( 寺泊 - 桐原 - 小島谷 - 妙法寺 - 出雲崎 )

出雲崎駅から県道574号線を南へ1kmほど行った先に
「特別養護老人ホームやすらぎの里」 がある。
ここは元は、出雲崎町立西越小学校があった場所だ。
20151004_izumozaki03
20151004_izumozaki04
県道から細く急な坂を上りついたところに小学校は
あった。 校舎の前には四角い池があり、大きな鯉が
泳いでいたのを覚えている。

県道とJR越後線との間には田んぼが広がり、近くの
踏み切りの警報音がたまに聞こえるのどかな田舎町。
数10年ぶりになるが、やっとこの地にやってきた。
20151004_izumozaki05
20151004_izumozaki06
ただこの地に立っているだけで、遠い昔を思い出す。
懐かしい、本当に懐かしい心の故郷と言える場所だ。
20151004_izumozaki07
20151004_izumozaki08


寺泊 「さくらや」

20151004_sakuraya01
寺泊の名家と言えば、「さくらや」 に他ならない。
この辺りで最も古い過去帳が残されている。
今は釣具店(さくらや釣具店)を営んでおり、
以前は食堂(さくらや食堂)として営業していた。
夏場の中央海水浴場では浜茶屋も営業し、
寺泊で 「さくらや」 と言えば誰もが知っている。

「さくらや」 の歴史は古く、室町時代辺りには
納屋頭(なやがしら) としてこの地の納屋衆を治め、
「さくらや」 は寺泊の豪商としてその名を馳せて
いたそうだ。

江戸時代には、廻船問屋を営んでおり、歴史上の
主要な人物を (寺泊から) 舟で佐渡へ運んだのは
「さくらや」 以外に考えられないと、地元の歴史
研究者は語っている。
(寺泊町公民館発行・青柳清作著「寺泊の歴史」より)
20151004_sakuraya02
20151004_sakuraya03
今、「さくらや釣具店」 は、本店と新店、そして
季節旅館として営業している中央海水浴場の
食堂支店 (浜茶屋) がある。
20151004_sakuraya04
さくらや釣具店は単なる港の釣具店ではなく、
実際の釣果に基づいた周辺釣り場の情報発信と、
独自に開発したオリジナル商品の販売も行なって
いる。 さくらやが開発したオリジナル仕掛けは、
大手のメーカーがそっくり真似をするほど出来が
良いと言われる。

さくらや釣具店で店内の様子を暫く眺めていると、
お客さんがひっきりなしに入ってくる。 単に必要な
物を自分で探して買って帰るお客さんもいるが、
自分の釣りスタイルに合致した道具や仕掛けの相談
をするお客さんも多い。 これは 「さくらや」 が
地元で信頼されている確かな証と言える。
20151004_sakuraya05
寺泊での魚釣りを考えている “あなた” ….、
まずは 「さくらや釣具店」 へお立ち寄りください。
20151004_sakuraya06
20151004_sakuraya07


岡本太郎作 太陽の塔

20150809_exp01
20150809_exp02
1970年に開催された「大阪万国博覧会」。
天才・岡本太郎がデザインした「太陽の塔」は今も
健在だ。 万博開催当時は、近くに寄れなかったが、
今は太陽の塔の足下まで近づくことができる。
当時を知る者からすると、少し不思議な感じがする。
20150809_exp03
20150809_exp04
20150809_exp05
太陽の塔の表面は男性の表情で、裏面は
女性の表情だと以前に聞いたことがある。
今は夜になると、太陽の塔イルミネーションが
あるらしい。 「チキンラーメンモノレール」 も
走っている。
20150809_exp88
20150809_exp99


新幹線の車内騒音

新幹線の車内に響き渡る「カチャカチャ」と言う音。
出張中のサラリーマンのようだが、彼のパソコンの
キータッチの音がやたらと響く。

新幹線の中でも仕事とは大変だ。急ぎのソースの
変更でも書いているのかとも思い、暫く放っておいた。
しかし、どうもキーを叩く音が「下手くそ」で耳障りだ。
「カチャカチャ、カチャ、カチャカチャ、…..」

何気に横から見てみると、Outlookでメール文章を
書いているではないか。しかも、下手くそなキー
タッチで(笑)。

いかにも「私、新幹線の中で仕事しています」….的な。
さらに、「私、こんなにパソコン使えるんですよ」….
的な(笑)。

彼は誰にその仕事姿を見せようと言うのだろうか ??
公共の場でキーを叩くのであれば、もう少し上手く
なってからにした方が良いと思うのだが。。。

ちなみに、キーボードのキータッチと言うのは、
「軽く」「優しく」そして「自然な流れ」で。

「カチャカチャ」と言う耳障りな音がするのは、
あなたが下手くそな証拠(笑)。

新幹線の車内に響き渡るような大きな音を立てて、
「私、こんなにキーボード打つの下手なんです」….って
周囲に知らせなくても良いですよ。メール打つくらいの
業務を新幹線の中でまでやらなくてはいけないほど
君の能力が低いことは十分にわかりますから(笑)。

君のことだよ!! そこの君!!
お前の下手くそな、そのキーボードタッチが
うるさいんじゃ~、ボケ!!
20150324_kill01

旧新潟3区の新幹線の駅

20141229_urasa01
衆議院の旧新潟3区内に新幹線の駅は4つある。
長岡、越後湯沢、燕三条、そして浦佐。
なぜ浦佐の地に新幹線の駅が必要なのかは今も
わからない。 乗降客は少なく、ショッピングセンター
があるわけでもなく、飲食店すらまばらな小さな町だ。
典型的な「政治と鉄道」を絵に描いたような駅でもある。

そんな浦佐駅の東口を出てすぐの国道沿いに、
ひとつの銅像が建っている。
言わずと知れた元内閣総理大臣「田中角栄」の像だ。
雪が降っても大丈夫なようにちゃんと屋根がついている。
古きよき時代と言う感じがします。

個人的には田中角栄と言う人は大好きです。
これほどまでに頭が切れて、器の大きな政治家は
もう二度と出てこないだろう。
20141229_urasa02

驕れるもの久しからず

その昔、国内の携帯通信網を完全独占していたNTTドコモ。
移動体通信として「何処でも使える」からドコモ。

十数年の時を経て、通信の自由化に伴う競合他社の参入があり、
政変があった。

国内携帯通信網の市場において、また、携帯利用者の世界において
「何処も繋がらない」からドコモ、と揶揄されるようになった。

組織の巨大化が仇になったか。
驕れるもの久しからず….。
残念なのはその技術力だろうか。

関取誕生 !!

20140508_minatobeya01
埼玉県川口市に相撲部屋を構える「湊部屋」に関取が誕生した。
湊部屋期待の新人・逸ノ城(いちのじょう)だ。先場所の活躍
(西幕下3枚目で6勝1敗)もあり、幕下を2場所で通過し、今場所
(5月11日~)は新十両で西十枚目の位置。

今場所からは、幕下とは違い15日間の長丁場。怪我に気をつけて
体力を付けて、頑張って欲しい。このままの勢いで十両を駆け抜
けて1日も早く幕内昇進を願うばかりだ。

現湊親方以来となる幕内力士の誕生をみんなが待ち望んでいる。
さぁ、濱湊も大湊も後へ続け !!
20140508_minatobeya02

三船敏郎

20131003_mifune01
人形町に「ご馳走居酒屋 三船」と言う名の居酒屋がある。
ランチでは何度か行ったが、晩酌での訪問はまだない。
店内の雰囲気はなかなか良い感じで、とても落ち着く。
「三船の豚しゃぶ」
「三船のもつ鍋」
「三船の炭火串焼」
これらの名物料理が掲げられている。
この三船と言うお店、昭和の大スター三船敏郎がオーナーだった店。
今は、娘の三船美佳や娘婿の高橋ジョージが、たまに顔をだすと聞く。
20131003_mifune02