美味 !! すだちサワー

20171002_sudachi01
スーパーですだちを買った。
グラスに氷と焼酎を入れて、
炭酸で割ったところに、
半分に切ったすだちを絞る。

グラスの周囲にすだちの良い香りが
飛び散るように感じる。

すだちの酸味と自然な甘さが
プレーンな酎ハイを美味しくさせる。
う~ん、美味い !!
これはたまらんなぁ~ !!
Ya, estoy borracho….

ヒマラヤ岩塩 紅塩

20171001_himaraya01
ヒマラヤ産のピンク岩塩が美味しい。
パウダータイプなので、粒が非常に細くて、
塩っぱさもまろやか。

ヒマラヤ岩塩を名乗る類似品は数多く
あるが、このパッケージの品が一番美味い。
塩粒の細かさもこのパッケージが一番良い。

でも、意外と売ってないのが悲しい。

いや~ぁ美味い、大阪王将 !!

20170930_ohsho01
餃子と言えば「王将」。
しかし、餃子の王将には
「王将」(京都王将)と
「大阪王将」がある。

この2店、全く別な系列店で
メニューも各々に特徴がある。
関東では、大阪王将は非常に
少なくて貴重な存在。
20170930_ohsho02
中でも、大阪王将の 「水餃子」 は、
抜群に美味い。
モチモチ皮にしっかり味の餡が合う。
何も付けずにそのままが美味い。
20170930_ohsho03
ちなみに、焼き餃子も皮が薄くて
非常に美味しい。
さらに、チキン南蛮も絶品。
鶏肉が美味しい。
20170930_ohsho04
20170930_ohsho05
要するに、何を食べても美味い !!
あ~ぁ、幸せな夜です。

土佐酢

あるテレビ番組で、
有名な料理人の方が
「土佐酢」の作り方を教えてくれた。

材料は、水・酢・醤油・砂糖に
昆布と鰹節。
20170928_tosazu01
土佐酢は、三杯酢よりも
まろやかで作り方も簡単。
冷蔵庫で2週間は保存ができるので、
作り置きも可能。
土佐酢があれば、安いカニカマが
とても美味しく食べれる。

水  お玉3
酢  お玉2
醤油 お玉1
砂糖 お玉1
昆布と鰹節を加えて
弱火に掛ける。
沸騰させないこと。
すべてが馴染んで、
冷ませば出来上がり。

カニカマを一度、土佐酢で
酢洗いした後に、改めて
皿に盛り土佐酢を掛けて完成。
20170928_tosazu02

なすの酢の物 !?

20170929_nasu01
美味しい土佐酢を作ったので、
自家製の土佐酢を使って、
なすの酢の物を作ることにした。

なすを薄切りにして、ごま油で炒める。
全体に油が回って、なすがしっとりしたら
皿に取り出して、なすを冷ます。

一度、土佐酢でなすを酢洗いした後に、
皿に盛り、改めて土佐酢を掛けて出来上がり。
しらすをトッピングしても美味い。
意外だが、茄子は酢の物にしても美味しい !!
20170929_nasu02

秋だから….、銀座マロン

20170928_maron01
20170928_maron02
季節は秋になり、
山にも海にも里にも、
味覚の秋が咲き誇っている。
お菓子の 「銀座あけぼの」 では、
メロンからマロンへ衣替え。
あの美味しい銀座メロンが、
銀座マロンへ変わった。

そして、銀座メロンが
季節商品だったことを、
この時初めて知った。

もしかしたら、マロンって….
「2匹目のどぜう」 ??
20170928_maron03

ポテトチップス

20170928_poteto01
ポテトチップスにわさびを付けると
とても美味しいらしい。

わさび好きと言うのが前提ではあるが、
シンプルな味付けのポテトチップスに
少量の練りわさびを付けて食べると
風味が増してとても美味しくなる。

これは酒のつまみに最高だ。
チューブでなく、生さわびを載せたら
多分、もっと美味いと思う(笑)。
20170928_poteto02
20170928_poteto03

きゅうりの味噌炒め

20170927_kyuuri01
なすの味噌炒めを連日食べている。
素材を変えて、味噌いためを試してみる。

今日はきゅうりの味噌炒め。
きゅうりは瓜科の植物なので、
ゴーヤやズッキーニなどと同類。

瓜科の植物はワタを取る必要がある。
きゅうりも同様にワタを取る。

ごま油で十分に炒めた後に、
味噌ダレを混ぜて少し熱を加える。
想像通りに美味い (笑)。

昔、子供の頃の同級生の母親が
炒め物にきゅうりを入れていた。
みんなが不思議がって、
「きゅうり、炒めるかぁ~ ?? 」 って。
しかし、今にして思えば….、
「あのおばちゃん、なかなかやるやん」。
20170927_kyuuri02

お相撲さんの断髪式

20170924_sumou01
大相撲湊部屋の湊将君(東三段目81)が
今場所をもって土俵を去ることになった。
千秋楽の土俵を終えた後、断髪式が行われた。

お相撲さんの断髪式をまじかで見るのも、
断髪式に同席するのも、もちろん初めて。
轟々しい儀式、これぞ神事。

50名以上の方々が順に鋏を入れた後、
逸ノ城関、女将さんが鋏を入れ、
最後に湊親方が止め鋏を入れる。
20170924_sumou02
20170924_sumou03
土俵生活17年7月で、休場は1場所だけ。
明日から第二の人生が始まる。
整髪を終えた湯澤将健君の顔には
清清しささえ感じられる。

まだ35歳の若さ。
湊将のこれからの人生が楽しみだ。
がんばれ、湊将 !!
がんばれ、湯澤将健 !!
20170924_sumou04

収穫の秋は味覚の秋

20170923_rakkasei01
一部のスーパーで 「生落花生」 が
売られるようになった。

高級な千葉県産の生の落花生が
この時期だけ出回る。 茹でると
甘くてホクホクでとっても美味しい。

鍋に水1500ccと塩60g(水の4%)を
入れて沸騰したら、洗った生落花生を
入れて塩ゆでにする。
40分茹でてそのまま10分置く。
これで出来上がり。
20170923_rakkasei02
時間は掛かるが手は掛らない。
おやつに、つまみに、お茶受けに。
とにかく美味しい。

この茹で落花生はビール良く合う。
親父に食べさせてあげたかったと思う。
仕方ないので、代わりに自分が。。。。
20170923_rakkasei03

お彼岸

今日は秋のお彼岸。 おはぎを買っても
食べ切れないので、母が昔よく作っていた
「なすの味噌炒め」 を作ることにした。

母が作る 「なすの味噌炒め」 には、
赤紫蘇が入る。 これがまた絶品の味。
美味いのなんの 。。。。

母ほど上手くはないが、何となく似た
味付けに収まった。 食べると子供の
頃を思い出す懐かしい味だ。
最後に残った味噌ダレにご飯を絡めて
食べる….、これが一番美味い (笑) !!
20170923_higan01

冬瓜(とうがん)

20170920_togan01
初めて冬瓜を調理してみた。
冬瓜の切り方などは3分クッキングを
参考に学習済み。煮物は煮る前に
炒めておくとコクが出るらしい。

冬瓜は、皮を厚めに切るのがポイント。
ワタも切り落とす。

フライパンに胡麻油大1、
厚さ1cm程に切った冬瓜を炒める。
全体に油がまわったら、煮汁を入れて
10~15分程度中火で煮る。

煮汁はなすの煮浸しと同じ。
ストレート麺つゆ200、水200、
砂糖小1、醤油小1、これに
おろし生姜大1。

冬瓜の皮近くは青臭いので皮は
かなり厚めに切り落とした方が良い。
煮る時間は、様子を見ながら。
20170920_togan02
20170920_togan03

なすの煮浸し

20170918_nasu01
秋なすを、かんたん料理で。
なす3本を適当な大きさに切って、
水に浸してアク抜き。

事前に麺つゆベースの
しょうゆダレを用意しておく。
ストレート麺つゆ100cc、水100cc、
砂糖小1、おろし生姜大1、大葉千切り3。

フライパンに胡麻油大2、
油が温まったらなすを炒めて、
なすがしんなりとしてきたら、
事前に用意した麺つゆベースの
タレを入れて5~6分ほど煮て出来上がり。
20170918_nasu02
20170918_nasu03

チキンマカロニサラダ

20170917_salada01
3分クッキングからのアレンジです。
マカロニ(60g)、鶏胸肉(250g)、
胡瓜1、セロリ1、人参(1/2)。
さやいんげんを胡瓜に変えて、
玉ねぎとミックスビーンズを省略。

美味しく仕上げるコツは、
マカロニの茹で時間を規定よりも
2~3分長くすること。パスタを
サラダに使用する際には、少し
柔らかめにして口当たりを優しく
すること。柔らかくすることで、
マヨネーズの馴染みもよくなる。
延長した時間で人参を一緒に茹でる。

鶏胸肉に塩胡椒をした後、皮面を
強火で焼き、焼き目をつける。
裏返したら酒大1をかけて、蓋を
して弱火で蒸焼き10分。
10分たったら、火を消して
そのまま冷ます。

胡瓜とセロリは塩を降って、
水分を出す。

マカロニと人参が茹で上がったら、
温かい内にマヨネーズ大1を和えておく。
温かい内にマヨネーズを和えると、
パスタが引っつかなくなる。
オリーブオイルをまぶす必要もない。

鶏肉をほぐした物と、マカロニと人参、
胡瓜とセロリを混ぜ合わせて、
マヨネーズ大3、醤油小1、レモン小1を
和えたら出来上がり。
20170917_salada02

しろえびカレー実食 !!

20170916_shiroebi01
先日、鹿児島在住の先輩から戴いた
富山の 「しろえびカレー」を実食する
時がきた。

まずは、お皿にご飯を盛って、
そこに 「しろえびカレー」を掛ける。
しろえびカレーを一口 。。。
美味しい !!!

大きめの本物のシロエビが入っている !!
あとはカレールーだけで他には何もない。
とてもシンプルな 「シーフードカレー」 と
言った感じだ。

多少辛いが、「ルー」 が美味い。
しろえび以外に何も入っていないのが
良いのかも知れない。
これぞ、高級シーフードカレーだ。
パッケージもお洒落だ。

「しろえびカレー」 とても美味しいです。
どうも、ごちそうさまでした。
またの機会を楽しみにしています(笑)。
20170916_shiroebi02

なすとピーマンの味噌炒め

20170916_nasumiso01
なすの美味しい季節になった。
夏の爽やかななすも美味しいが、
味が濃くなる秋のなすは最高のご馳走。

今回の材料はシンプルに、
なすとピーマンだけで味噌炒めにする。
野菜の切り方を多少変えてみた。
なすは5~6mm幅の輪切りに、
ピーマンは種を取って縦に切る。

味噌ダレは、いつもの味に
おろし生姜を混ぜてみた。
酒大4、味噌大3、砂糖大3、味醂大3、
醤油大1.5、塩小0.5、おろし生姜大2。

作った自分で言うのも恥ずかしいが、
これが驚くほど美味い !!
つまみに最高、ご飯のおかず最高。
とにかく、美味い !! (笑)

素材の切り方を変えるだけで、
こんなに、変わるものなのか。

一般的に 「なす味噌炒め」 には、
豚肉を入れるレシピをよく見かけるが、
豚肉を入れると、冷蔵庫で保存した
時に、動物性油脂が固まって、
味と風味を損なうことになってしまう。

やはり、なすとピーマンのシンプルな
組み合わせが一番安定している (笑)。
20170916_nasumiso02

銀座 あけぼの 「わらび餅」

20170915_warabi01
銀座の菓子店・あけぼのに季節限定の
「わらび餅」がある。
例年、4月~9月までの季節販売なので、
もう間もなく店頭から姿を消すことになる。

この、あけぼのの 「わらび餅」 が実に上品で
美味しい。
きな粉と黒蜜がセットになっているので、
味付けはお好みで調節できる。

つるんとした感じと、コシのある食感が良い。
このわらび餅は、冬に食べても美味しいと
思うのは、私だけだろうか……。(大笑)
20170915_warabi02
20170915_warabi03

厚揚げとピーマンの味噌炒め

20170914_atsuage01
キューピー3分クッキングからのアレンジです。
HDD録画を見ていたら食べたくなって、
思わず作ってしまいました。

番組のレシピでは豚肉がありましたが、
これを豚ベーコンに変えて作ってます。

厚揚げとピーマン、そしてベーコン。
味付けは味噌ダレです。
酒大2、味噌大2、醤油大1、砂糖小1。

切って、炒めて、味噌ダレを合わせるだけ。
シンプルで簡単だけど、とても美味しい。
是非、お試しください (笑)。
20170914_atsuage02
20170914_atsuage03

15分

20170913_15min01
まったくの個人的見解ではあるのだが……、
対話の成り立たない相手に対しては、
強制的な圧力をもって制することこそが
最終的な正しい選択ではないかと思う。

日本のみならず、韓国や豪州、欧州や
北米の罪無き国民を非合法な手段をもって
「誘拐」 した、ならず者国家であることを
全世界は忘れてはならないと思う。

アメリカは「15分で片が付く」 と明言している。
甘んじて第一撃を受け入れれば 「15分」 で
すべてが片付く、と言うことを意味する。

もしいまトランプではなく、ブッシュ氏が
「あの椅子」 に座っていたら….、
15分で片が付く話しだ (笑)。
20170913_15min02

うまい棒 「なっとう味」

20170912_umai01
誰もが知ってる駄菓子 「うまい棒」。
子供おやつであり、大人のおやつであり、
酒のツマミにもなる。

とても多くの味の種類があるこのうまい棒だが、
「なっとう味」 があるのを最近知った。

食べてみると美味い。
ちゃんと納豆のフレーバーが効いていて
とても良い。

味も濃すぎず薄からず。
これは本当に美味しいと思います(拍手)。

Jazzドラマー、小山太郎 !!

20170910_jazz01
地元のJazzBarでライブがあった。
トロンボーンの佐藤春樹を中心に、
サックスの佐藤達也、
ベースの河上修、
ピアノの板垣光弘、
そして、ドラムは小山太郎。
全員が一流のJazz Playerだ。
一箇所にこれほど一流JazzMenが
揃うのも珍しい。
20170910_jazz02
20170910_jazz03
小山太郎のドラムはリズムが素晴らしい。
ドラムのリズムに皆が乗せられている感が
また心地よい。

やはり、管楽器が入ると、
パンチの効いたJazzになる。
板垣さんのピアノもノリノリ。
河上さんのベースもいつになく輝いて
いるように感じる。

楽しい時は時間の経つのも早く感じる。
あっと言う間の2時間半。
素敵な休日になりました。
どうもありがとうございました。
20170910_jazz04
20170910_jazz05

なすとズッキーニの味噌炒め

20170909_nasumiso03
「なす」 が美味しくなった季節。
最近、なすの味噌炒めを頻繁に
作っている。 味付けを変えたり、
野菜の切り方を変えたり、工夫の繰り返し。

なすは1cm厚の小さな扇型、
ズッキーニも同様に小さく切る。
ピーマンは2cm角で切る。

酒(大4)、味噌(大3)、醤油(大1.5)、
砂糖(大3)、味醂(大3)、塩(小0.5)を
よく混ぜて味噌ダレを作っておく。

後はフライパンで炒めるだけ。
生姜スライスやしその葉を入れても良い。

おかず用に少し濃いめの味付けだが、
ご飯にとても良く合う。
火通りの悪いズッキーニは、炒める前に
レンジで3分加熱すると調理が簡単。
20170909_nasumiso01
20170909_nasumiso02

大阪ラーメン/あまから醤油味

20170904_osaka01
大阪の有名企業が面白いカップ麺を作った。
エースコック、大阪王将、産経新聞と言う
大阪を代表する会社が協力して作ったのが
「大阪ラーメン」。

あまから醤油味で、麺は細麺。
大阪らしく、とろろ昆布と泉州玉ねぎ
などが入っている。
20170904_osaka02
スープにとろみはあるが、味は濃くない。
ベースがエースコックの醤油ラーメンなので、
美味い。 美味い。

秋の味覚 梨

20170903_nashi01
秋の味覚、
海の幸に次いでは、
里の秋の味覚。

秋の果物……、梨。
とてもみずみずしくて
甘くて美味しい。

梨はこのみずみずしさと
シャキシャキ感が一番だ。
もっと食べたい~ !!

秋の味覚 新さんま

20170903_sanma01
味覚の秋の季節がやってきた。
美味しいものが次々と現れる。

海の幸トップバッターは、新さんま。
さんまの型はまぁまぁ。
焼き色もバッチリ。
脂が乗ってとても美味そうだ。

目黒のさんま祭りも近いが、
一足お先に美味しいさんまを
いただきまーす。
う~ん、美味しい !!
やっぱり、秋だねぇ~。