築地はしご酒 6 ・登美粋

20171118_06tomisui01
当初の予定よりも1時間ほど早く
最終地点の登美粋へ向かった。
店に着いて驚いた !!

店内は黒ヤマの人だかり。
いや~、今年の 「はしご酒」 は
どうも勝手が違うようだ。

登美粋がこれほど混雑するとは
想像もしていなかった。
20171118_06tomisui02
当然のことだが……、
スペシャルメニューは売切れ !!

あ~、鯨のパンチェッタが夢に消えた。。。
結局は、うねすベーコンと酔鯨で乾杯 !!

こうして楽しい 「はしご酒」 の夜は、
更けてゆくのでした。。。

実行委員の皆様、
本当にお疲れ様です。
楽しい夜を本当にありがとうございます。
もうみんな酔っ払いばかりです (笑)。
また来年もよろしくお願いします。
20171118_06tomisui03
20171118_07tomisui04

築地はしご酒 5 ・BARRACUDA

20171118_05barracuda01
待ち時間もなく順調にはしご酒を続けると、
ちょっと休憩がしたくなる。
ここまで2時間ほどで、ビール・日本酒・ワインなど
5杯飲んでいる。
順調過ぎるのが、多少仇に
なっているようだ(笑)。
20171118_05barracuda02
20171118_05barracuda03
時間つぶしの休憩がてら入ったのが
BARACUDAと言う店。
マグロのスペアリブに釣られて入ってしまった(笑)。

マグロのスペアリブとマコモダケを注文。
マコモダケと言うのを初めて食べたが、
なかなか美味しかった。
香りと食感がいい感じ。 
20171118_05barracuda04

築地はしご酒 4 ・ソル セビージャ

20171118_04sevilla01
スタートの黒川では小雨降る中を20分
ほど待ったが、2軒目の「多け乃」での
待ち時間は5分ほど。
雄太に至っては待ち時間なし。

そしてお次は、ソル セビージャと言う
スペイン料理の店。
ここも待たずにすぐ入店。

入口でスパークリングワインを注文し、
カウンターでパエージャと2品盛り
(生ハムとオムレツ)を注文。

ワインも美味しいが、パエージャが美味い !!
魚介の出汁が良く効いてる。

多け乃同様にここは改めて訪れたい店だ。
但し、通常パエージャは大皿になるので
少人数ではオーダーできない。
まぁ、仕方がないか 。。。。
20171118_04sevilla02

築地はしご酒 3 ・路地裏の酒亭 雄太

20171118_03yuuta01
20171118_03yuuta02
そして、次は去年も訪れた「雄太」だ。
ここは、煮込みとアジフライが絶品。

まずはハイボールで乾杯 !!
料理は、牛もつ煮とアジフライ。

ここの煮込みは甘めの味付け。
その甘さが、とっても美味しい。
ご飯にも合うし、お酒にも合う。
他では味わえない特別な煮込みだ。
20171118_03yuuta03
アジフライも特大アジを使っている。
中はふんわり、外はサクサク。
アジフライの添え物のキャベツを
煮込みの中に入れるとまた絶品。
いや~、美味いなぁ~。

結局、ハイボールをお代わり。
ことしも美味しかったです。
ごちそうさまでした。
20171118_03yuuta04
20171118_03yuuta05

築地はしご酒 2 ・多け乃

20171118_02takeno01
二軒目は、和食居酒屋の多け乃。
はじめて入る店で興味津々。
日本酒の湯のみ酒が渋い !!

オーダーしたのは新潟の酒・北雪。
料理は、お刺身盛り合わせ。

なんと、マグロのカマトロが入っている !!
久しぶりのカマトロに大感激。
美味い&うまい。
隣に並んだ、寒鰤がかすむなぁ。。。
20171118_02takeno02
ここは次回、普通に来て見たいお店だ。
お酒も美味しい、料理も美味しい。
値段書きのないのが少し心配だ (笑)。
どうも、ごちそうさまでした。
20171118_02takeno03

築地はしご酒 1 ・てんぷら黒川

20171118_01kurokawa01
まずは、築地の人気店・てんぷら黒川。
ランチは手頃だが、ディナーは予約のみで
とてもじゃないが、手がでない (悲)。

はしご酒なら500円メニューがあり、
お酒もお手頃価格で飲める。
20171118_01kurokawa02
待ち時間はおよそ20分。
まずはエビスビールで乾杯 !!
アナゴてんぷらと、やさい天ぷらを。
やっぱり、黒川のアナゴは美味い !!

やさい天ぷらのメニューが変わってる。
ちょっと残念でした。。。
ではまた来年 (笑)。
20171118_01kurokawa03

第四回築地はしご酒

20171118_0hashigo01
今日は待ちに待った 「第四回築地はしご酒」。
あいにくの雨模様で、肌寒さも感じる。
築地本願寺には受付待ちの多くの人だかり。
20171118_0hashigo02
雨の影響もあって出足が少し遅れてしまったが、
待つこともなく、お店で受付を済ませていざ出陣 !!

昨年の経験も踏まえて、今年は訪れるお店を
事前に決めている。
予定では7~8軒の予定。
さぁ、今年の築地はしご酒、どうなるかことか !?
20171118_0hashigo03
20171118_0hashigo04

秋の味覚・ぎんなん

20171116_ginnan01
秋になると、きよしのメニューに
「ぎんなん」 が出始める。

きよしのぎんなんは、生しか使わない。
年中ぎんなんがメニューに載るような
チェーン店の冷凍物とは異なる。

色は青緑色でシャキッとして
甘みがあり、香りが良い。
ぎんなんは、やっぱりこうでなくちゃ。
とにかく、美味い !!

Pizza マリオ

20171112_mario01
少し飲み足りない。
小腹もすいていた。
そこで、ピザのマリオへ。

とりあえずのオーダーは、
デキャンタワインとオリーブ。
今日のデキャンタは、
少し味が違うみたい。
特に美味しく感じる (笑)。

ピザはマルゲリータの小さいの。
マリオミックスが1番美味しいと
思うが、たまにはマルゲリータを。

やっぱり、焼き立ては美味い !!
今夜も乾杯 !!
20171112_mario02

手羽中の煮つけ

20171110_teba01
テレビ朝日・おかずのクッキングのコピーです。
鶏手羽の煮付けの紹介です。
番組では手羽先を使っていましたが、
食べやすい手羽中を使用します。
20171110_teba02
まず最初にフライパンで手羽の表面を
強火で炒めて焼き目を付けます。
煮付けなのですが、最初に炒めるのが
大きなポイントです。
20171110_teba03
鍋に日本酒1カップ、砂糖大さじ1、醤油大さじ2
を入れて火に掛けて煮汁が温まったら、
表面を焼いた手羽を入れて煮付けていきます。

煮汁が手羽に絡むようになったらできあがり。
とっても簡単、そして美味しい。
おかずに、おつまみに最高です。
20171110_teba04

いまどきのタコさんウインナー

20171109_takosan01
20171109_takosan02
いまどきの「タコさんウインナー」は、
炒める前に切らなくて良いようです。
しかも、電子レンジでもOKだとか !?

まずは、袋を開けて、フライパンの中へ。
しばらくすると……、形が変わってくる。

そう、あっと言う間に、
タコさんウインアーの出来上がり !!
これは凄い !! (笑)
20171109_takosan03
20171109_takosan04

今年最後の生の枝豆

20171108_edamame01
今年最後の枝付き枝豆です。
11月になっても枝付き枝豆が食べれる !?
これは普通の大豆枝豆ではありません。

丹波篠山の黒豆の枝豆。
いわゆる、黒枝豆です。
黒枝豆は通常の大豆枝豆よりも
多少時期がずれるので、
この時期でも食べることができます。
20171108_edamame02
この黒枝豆、とっても美味いです。
香りと甘味と味が非常に良い。

新潟や山形の茶豆も美味しいですが、
丹波篠山の黒枝豆、一度お試しください。
驚きの味が体験できますよ。

アジなめろうとハゼの唐揚げ

20171105_yourou01
今夜も庶民の味方・養老の瀧でディナーを。
まずはマスターのおすすめ、アジなめろう。
新鮮なアジを細かくし過ぎないのがとても良い。
そして、味噌の味付けが絶妙です !!
美味い !! の言葉に尽きる。
う~ん、酒がすすむねぇ !!
20171105_yourou02
そして、もう一品は、ハゼの唐揚げ。
ほど良い大きさのハゼは唐揚げが美味い。
頭から骨まで食べれるけど、揚げ過ぎでない。

ここの養老の瀧は何を食べても美味しい。
そして、安い !!! 本当に庶民の味方です。
今夜もご馳走様でした。
20171105_yourou03

居酒屋メニュー冬景色

20171102_menu01
暦はもう11月。
夜になると空気の冷たさを感じます。
居酒屋さんのメニューも冬用に衣替え。

いつものメニューの他に温かメニューが登場。
湯とうふ、かきなべ、石狩なべ、鳥ちり。
う~ん、そそられますなぁ~(笑)。

寒くなるとカキも美味しくなります。
そこで、かきフライ。
まずは、いつものチューハイを !!

ごきげんザウルスの大好物 ??

20171029_kabotya01
我が家の 「かいじゅう」 、
ごきげんザウルスの大好物は、
甘く煮たかぼちゃ。

かぼちゃの黄色い色が
同じなので気に入ってます。

パクパク、パクパク …….??
あっと言う間にごちそうさま !!

今日も美味しかった (笑)。
笑顔の 「かいじゅう」 でした。

明治のカール販売終了

20171029_karl01
東日本エリアでのカールが販売終了に。
カールの生産縮小の一番の要因は、
ユーザーのポテトチップス系への
志向変化らしい。

カレーもチーズもうすあじも、
どれも美味しいのに残念。

チーズとうすしおの2品種は、今後も
西日本エリアで継続販売へ。

通販全盛期の今ならあまり問題ではないか。
20171029_karl02
20171029_karl03

地元の 「養老の瀧」

20171028_yourou00
養老の瀧と言うと庶民の居酒屋として有名。
直営店やFC店は全国にあり、赤い看板は
よく目にする。

オーナー店(FC店)の場合、看板は
チェーン店だが、店内は家族経営で
普通の個人居酒屋となんら変わらない。
しかも、瓶ビールは養老ビールで安い。

近所の養老の瀧に行くことがある。
レギュラーメニューはあまり見ずに、
「今日のおすすめメニュー」 から
注文の品を考えることが多い。
20171028_yourou01
20171028_yourou02
たまたま訪れた今日は、マスターが
魚釣りに行った日だった。
「釣りたて真鯛さしみ」
「釣りたてイナダさしみ」
「釣りたてアイナメさしみ」
と立て続けにメニューが変わる。

他のお客さんには申し訳ないが、
メニューが変わるたびに、すべて
注文してしまった。

真鯛はちゃんと皮目が炙ってある。
当然だが、文句無く美味い !!
醤油でなく塩とわさびで食べると美味い。
20171028_yourou03
20171028_yourou04
イナダの新鮮さには驚いた。
これも同じく塩わさびが合う !!
そして、アイナメ。
アイナメを食べるのは久しぶり。
アイナメなんて釣り人の食べ物 (笑)。
あの赤みのついた飴色の身を思い出す。
20171028_yourou05
20171028_yourou06
マスターに聞くと、今日は真鯛釣行とのこと。
本命真鯛は18枚、その他外道多数。
イナダ、アイナメなどなど多くの美味しい
外道を釣り上げたそうだ。
マスター凄い !!

仕上げはカレイの唐揚げ。
白身はホクホクで美味しい !!
骨から頭から全てが美味しく戴けます。

お酒も魚も美味しかった~ 。
どうもごちそうさまでした (笑顔×2)。
20171028_yourou07
20171028_yourou08

韓国のチマキ?

知り合いからの戴き物です。
韓国のチマキのような物。
もち米に木の実やレーズン等々が
入ってます。
20171027_chimaki01
家に戻って、電子レンジでチンするだけ。
美味しい~ !!
少し甘いけど、美味しい。
結構、癖になる味かも ?? って感じ。
これは初めて食べました。

ありがとうございます。
どうもご馳走さまでした。

すだち高騰 !?

20171026_sudachi01
20171026_sudachi02
果物のすだちが高騰している。
少し前までは4個で100円とか
6個で128円だった。

最近見かけたのは、同じ産地なのに
4個で198円にまで値上がり !!
すだちってこんなに価格変動が
激しいものでしょうか ??
驚きです。
20171026_sudachi03

丹波篠山の黒大豆枝豆

20171022_tanba01
アンテナショッで買った但馬の黒枝豆が
あまに美味しかったので、本場・丹波の
「黒大豆枝豆」 を楽天で購入。

以前にも買ったショップなので信頼は十分。
枝付き状態で2kg分の黒豆枝豆を注文。
送料もかかるが、楽天ポイントを活用。

枝豆は予定よりも1日早く到着。
黒豆枝豆は、見るからに 「美味しそう」 。

枝からサヤを外して、水洗い、塩もみ、
そして、塩茹での後、冷まして完成する。
20171022_tanba02
黒豆枝豆は通常よりも茹で時間が長い。
一般的には10分前後茹でる必要ある。
8分を過ぎた頃から、食感を確認しながら
茹で時間を調節する。

この秋の10月に新鮮な枝豆を食べることが
できるとは、なんと幸せなことか。

黒豆枝豆の美味しさに、感動と感謝で
一杯になる。
丹波黒豆の枝豆、本当に美味しい !!
また来年もよろしくお願い申し上げます。
20171022_tanba03
20171022_tanba04

衆議院議員総選挙

20171021_senkyo01
衆議院議員総選挙が行われた。
投票はいつものように期日前投票。
ここ数10年の間、国政、地方ともに
選挙投票は期日前(不在者)投票しか
行っていない。

今回は台風襲来と言うこともあり、
また、テレビでの呼びかけもあって、
期日前投票所が大混雑だった。

しかし、投票率はいつも50~60%程度。
本当に、日本人は政治に関心が薄い。
情けないくらいに選挙投票を行わない。
平和ボケ、中流ボケ、政治ボケの典型だ。

今回の選挙から選挙権年齢が18歳に
下げられたが、それでも投票率は
上がらない。

日本を変えるには、日本の政治を
変えるには、投票率が大幅に上がる
ような制度作りが必須だと思う。

例えば、投票を義務化して、特別な
理由がなく投票を行わなかった場合は、
増税などでペナルティを与えるとか。
逆に、投票を行った人には、減税で
ご褒美を与えるとか。

個人的には、投票義務化と不投票者には
増税のペナルティと言うのが一番適している
と考えている。
日本のような政治関心が薄く 「浮動票」 が
極端に多い国民には、選挙投票の義務化が
一番の効果策だと思う。

安倍のような輩は、浮動票に一番縁遠いので、
ああ言う類の 「悪事」 を働く政治は少なくなる
と思うのだが 。。。。

政治的クーデターも起こらない、平和な日本では、
選挙投票でしか、政治批判や政治選択が
できないのに、何故日本人は選挙投票に
行かないのだろう。
我ながら、本当に不思議な国だと思う。

魚の煮付け(和食の基本)

20171016_nituke01
土曜日早朝の料理番組。
おかずのクッキングからの完コピーです。
和食の基本でもある 「魚の煮付け」 です。
「煮魚」 ではなく 「魚の煮付け」 です。

土井善晴先生によると、煮付けと言うのは、
魚に煮汁の味を染み込ませるのではなく、
「煮詰めた汁を付けて食べる」 のが煮付けの
基本と言うことです。

調理は非常に簡単で早くできます。
これまで煮魚が苦手だった方たちも
この料理法であれば、あなたも即日、
達人になれます(笑)。

魚は適当な切り身を2~3切用意。

煮汁(の元)は、
・ 水  1カップ
・醤油 大さじ1.5
・砂糖 大さじ1
・みりん 大さじ1
・生姜 10g程度

調理開始です。
①鍋に煮汁の元をすべて入れて火に掛ける。
②砂糖が溶けたら、皮目を上にして魚を煮汁の中へ。
③強火にして煮汁を魚の皮目に回しかける。
④落し蓋をして強めの中火で7~8分煮る。
⑤落し蓋を外して、煮汁を回しかけながら煮詰める。
⑥煮汁を回しかけながら3~4分程度で煮詰まったら完成。

番組では、サバをつかっていましたが、
自分ではイナダ(ブリ)を使いました。
同様にすれば、金目とかも美味しいと思います。

煮魚って意外と簡単です。
土井先生も言ってましたが、
「煮汁を回しかける」 その動作が
プロっぽくて良いですね~(笑)。
20171016_nituke02

但馬の黒枝豆

20171016_kuromame01
豊岡のアンテナショップの店頭で
黒枝豆が売られていた。
知らない人も多いと思うが、
通常の枝豆は夏場だけ。
茶豆は少し遅い程度。しかし、
これらは通常の大豆枝豆のことだ。

ところが、正月料理にも使われる
丹波や但馬が名産の「黒豆」にも
枝豆が存在する。これが所謂
「黒枝豆」または「黒豆枝豆」だ。 
20171016_kuromame02
黒豆だから粒が大きくて味が濃い。
当然だが、色も濃い色をしている。

時期は、まさに秋のこの時期で、
収穫期間も2週間程度と短い。
とにかく、美味い !!

築地でくじら(鯨)

20171014_tomisui01
20171014_tomisui02
来月開催される「築地はしご酒」の前売り
予約のため、築地・登美粋へ向かった。
しかし、ここへ来ると飲まずには帰れない。
20171014_tomisui03
まずは、ビールと竜田揚げ。
そして、うねすベーコンと日本酒。
さらに、くじら(鯨)のたたきと尾の身ねぎとろ。

くじら(鯨)の 「尾の身」 と言うと
鯨の最高級部位で最高峰。
これが、たたきにすることで安く
食べるこれができるから、ありがたい。
20171014_tomisui04
20171014_tomisui05
また、「くじら(鯨)のたたき」 は、
刺し身よりも癖がなく、
ステーキよりも味が深い。
これぞ専門店。さすが登美粋。

今日は、日本酒度21度と言う
珍しいお酒も戴きました。
新潟・佐渡の小畑酒造「超真野鶴」だ。

この店は何を食べても美味いが、
今日のたたきとねぎとろには驚いた。
「う~ん、美味い」 の言葉しか出てこない。

どうも、ごちそうさまでした。
20171014_tomisui06